静岡浅間神社

 エーッと、もう半月振りブリの静岡シリーズ復活でございます。もう、皆さん忘れたんじゃないですか。私も忘れていました(^_^;)。

 お皿洗いをしておくと、前回で静岡へ向かい、駅から徒歩で駿府公園に向かいました。その足で、お次は「静岡浅間神社」へ向かいました。ちなみに、「あさま」ではなく、「せんげん」と読みます。

 実はなぁ。この神社、ちょっと複雑で私もよく分からへんっっちゅうのがホンマですわ。神社というたら境内があってな、お宮さん(ドラマとちゃう)があるのが普通やないですかァ。けど、この浅間神社は、神社の中に神社がぎょーさんあるんですわ。

 元々は、「神部神社(かんべじんじゃ)」、「浅間神社(あさまじんじゃ)」、「大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)」の3つが、偶然(という名目で)同じ場所にあったということだったそうなんですよ。

 けど、明治維新や戦後のゴタゴタの中で、今はひとつの宗教法人となっているようです。ここまでなら、何とか理解できるんですが、実際には、それ以外の神社も存在します。「麓山神社(はやまじんじゃ)」、「八千戈神社(やちほこじんじゃ)」、「少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)」、「玉鉾神社(たまほこじんじゃ)」がそれです。

 もう、とりあえずよく分からないんで、撮った写真だけ掲載しておきます。

Dscn2131 Dscn2134
Dscn2135 Dscn2136
Dscn2137 Dscn2138

 結局、この敷地に26棟もが国の重要文化財に指定されているそうです。けど、大して案内板もないんで、この凄さがよく分からないんですよ。これは、明らかに神社側のミス(ユニバースの末成由美)ですな(>_<)。

Dscn2132

 あと、よく分からない繋がりなんですが、このお守りの種類の多さ!!!この節操の無さが、日本人の信心の浅さを生んでいるような気がするんですが、どうでしょうか???

Dscn2133

 ちなみに、境内でウコンの木を初めて見ました。

 帰りは、バスを使いました。歩くと静岡駅まで2km程あるのでは。

静岡浅間神社
静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
見学自由
054-245-1820

| | コメント (1)

駿府公園

Dscn2127
アタックチャ~ンス

 話が飛び飛びになって、本当に申し訳ござらん。今回は久しぶりに静岡旅行に戻ります。ただ、今回だけで、次回はまた変わります。輻輳していて、自分でもコンランショップです。。。

 というわけで、2年前のゴールデンウィークに雨上がり一家は、ついに静岡に上陸しました。そして、国内旅行では定番のお城に向かいました。静岡は駿府城です。

 駿府城は、徳川家康が院政を敷いていたときに住んでおり、当時は随分と栄えていたたそうです。没後は、いろいろあって結局幕府の天領となって、明治時代に陸軍基地となって場内施設が取り壊され、戦後に公園として整備されたようです。

Dscn2121 Dscn2122
Dscn2124 Dscn2125

 現在は一部の施設を復元中のようで、左上の写真の東御門橋等は完成しています。これらを見る限り、当時は完全なる平城だったようです。まあ、徳川家ゆかりの土地ということで、周囲はどうせ譜代大名に囲まれ、攻め込まれる心配がなかったからこそ、こういう平城でも大丈夫だったんでしょうね。

 現在は、広場、庭園、テニスコート、児童会館等があり、市民の憩いの場となるだけでなく、イベントの会場としても使われているそうです。

Dscn2129

 コチラは、徳川家康が植えたとされるミカンの木です。ただ、時期外れだったので、実はなっていませんでした。これ、どうするんでしょうね。

 観光施設としては完成度はまだまだですが、家康マニアには興味深い場所でしょう。なお、堀の周りには、嬉しくなるくらい公共施設が建てられています。合同庁舎とか、県庁とか。これも、その筋のマニアには必見。

駿府公園
静岡県静岡市葵区駿府公園1-1
見学自由
無休
054-221-1121(静岡市公園緑地課)

Dscn2130
別名なんじゃもんじゃ

---
<事務連絡>
 出張や親の実家への帰省が重なるので、次週は不定期更新とさせていただきます<(_ _)>。。。

| | コメント (0)

Don't Believe The Truth by Oasis

 先週「レッドクリフ」が地上波で放送されたじゃないですか。三国志のことは全然知らないんですが(昔から世界史には一切興味が湧きませんので)、珍しくテレビをつけていたこともあって、視てしまいました。

 で、気になったのは長坂の戦いの後で周瑜劉備軍に視察に訪れた際のこと。劉備が、「一本だと切れるわらも、合わせて編むと強くなる。私の夢は、あなた達と同じです。我々が力を合わせれば強くなれる。」と言う台詞をはきました。

 これどこかで聞き覚えありませんか。そう、毛利元就の「三本の矢」です。「1本の矢では簡単に折れるが、3本まとめると容易に折れないので、3人共々結束すること。」ってやつです。どこの国でも似たような故事はあるんでしょうね。。。

 と、普通はまとめるところでしょうが、そこは雨上がりのワンちゃん、そう簡単には問屋が卸しません。こんな詭弁をみすみす許すはずがありません。

 そもそも、何でもまとめればいいってもんじゃありません。例えば「ウンコ」。1人のウンコは臭くても3人分のウンコが集まれば消臭される、ってことは金輪際ございません。余計にウンコ臭くなるだけです。。。やっぱり単体である程度のレベルに達してないと、意味がないってことでしょうねぇ。

---

 さあて、ウンコの話はここまでにして、本題でもちょろっと書いて、とっとと中洲にでも行くとしましょうか(^^♪

 前回に引き続き、捨てアルバム特集です。あまりいい気はしませんな<`ヘ´>。今回は、Oasisの大ヒットアルバムの「Don't Believe The Truth」です。

 世界の総売り上げが400万枚を突破し、日本でも初登場1位です。これは、英国のバンドのオリジナル・アルバムとしてはベイ・シティ・ローラーズ以来、30年ぶりの快挙だそうです。

 このように売れに売れたアルバムなんですが、シングルカットされた「Lyla」以外、特にキャッチーなメロディーの曲がないんです。ハッキリ言って、テクニックはそれほどないバンドだけに、これは痛い。

 あと、勢いがないように感じるんですよ、曲全体に。別に曲のテンポを言っているわけではありません。今まではギターやコーラスをどんどんオーバーダビングして、きらびやかな雰囲気を醸し出していたんですが、今回は音を減らし過ぎて、若干スカスカ感ある仕上がりとなっています。

 結論を言うと、今までと作風が大きく変わったのは事実。ただ、過去を捨てたにもかかわらず、新しい核となる部分がぼやけてしまって残念、、、といったところでしょうか。

ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース リミテッド・エディション(DVD付) Music ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース リミテッド・エディション(DVD付)

アーティスト:オアシス
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2005/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

Whatever People Say I Am, That's What I'm Not by Arctic Monkeys

 今に始まったことではありませんが、我が家で所蔵しているCDの数がとんでもないことになっています。ただ、最近は新規のCDを買うことは、かなり少なくなってきました。超有名どころはある程度聴いたと思っています。なので、SHM-CDHQCDブルースペックCD等の高品質CDのオムニバス盤を購入しています。オムニバスなので、新たなミュージシャンとの出会いが期待できるからです。

 話が若干それましたが、CDの収納が一杯で、さらにCDを購入するということは、既存のCDを処分せねばならないということです。CDの処分なんて過去数回しかしたことがないんですが、瀬に腹はかえられません。

 几帳面で神経質な典型的A型人間(本当は大雑把なO型、そして牡羊座☆)雨上がりのワンちゃんは、アーティストの頭文字で置き場所を分類しています。それ以外にも様々なマイルールがあるんですが、現状「A-B」と「M-Q」の棚が溢れています。一応Amazon.co.jpで発売済みCDの数を見て分類方法を決めたんですが、自分の好みもありますからね。仕方ありません。

 というわけで、「A-B」と「M-Q」で始まるアーティストの処分が喫緊の課題ですが、ただ捨てるだけではアーティストに失礼ですね。ちゃんとレビューを書いてから、親なりバンドメンバーのQue sera sera氏に譲渡しようと思います。なお、Que sera sera氏は、同じバンドにもかかわらず趣味が全く違うので、意外に喜ばれるのではないかと思っています。

 随分と前置きが長くなってしまいましたが、栄えある(ないか(^_^;))第一陣は、Aで始まる「Arctic Monkeys」のファーストアルバム「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」です。題名を意訳すると、「周りが何と言おうと、ワシはワシじゃき。(広島弁)」ってところでしょうか。

 帯にこう書かれています。「『アークティック・モンキーズはオアシス以来のこの国で最大のバンドになるだろう』というNME誌の予言どおりだった1年で英国音楽史を塗り替えたアークティック・モンキーズの衝撃のデビュー作にして説明不要のモンスター・アルバムは必聴。」だそうです。2006年度のUK最高音楽賞を受賞したアルバムのようです。

 オアシスが比較対象に出てきたので、小気味良いロックンロールかと思いきや、どちらかというとパンクです。初期の「ザ・ジャム」や「エルヴィス・コステロ」を彷彿とさせます。

 ただ、少年メリケンサックもそうですが、そこまでパンクが好きじゃないんですわ(爆)。演奏する側としては、難しくないし、ノリだけはいいのでオーディエンスの反応は悪くないので、使い勝手も悪くないんですが、自宅で独りで聴くにはちょっとイマイチです。なお、男性宅に連れ込まれた女性が聴きたい音楽のジャンル1位は、ボサノヴァだそうです。ご参考までに(^^♪。

 あと、音楽的なことを書くと、メロディーラインとベースラインが合ってないところがあって、ちょいと気になりました。

 まあ、上記のジャム(ポール・ウェラー)もコステロも徐々に作風を変えてきたので、今後どう成長いくかを注視していく必要はありますね(かなり高飛車な意見)。

Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ / Whatever People Say I Am,  That's What I'm Not 国内盤 Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not 国内盤
販売元:HMV Yahoo!店
HMV Yahoo!店で詳細を確認する

---
<事務連絡>
 出張が入りましたので、ちょいとオヤスミさせていただきます。挨拶回りがあるので、今月来月は出張を多く入れる予定です。

| | コメント (0)

思案橋 人形町店

 雨上がりのワンちゃんの昼食事情はというと、入社当初は同期と主に弁当を食っておりました。それが徐々に外へ足を運ぶようになり、店の新規開拓に励みました。最長では1.2km程度離れた所まで食べに行ったことがあります。

 その後、組織が変わったりして、現在は同じ部署の同僚と行動を共にしています。だいたい、弁当は週に1,2回で、あとは食べに行ってますね。

 しかし、これだけ長く同じ事務所にいると、いいかげん飽きてきます。毎昼何処に行くか合議していますが、どの方向へ向かうのかを決定するだけでも1分以上かかる時があります。

 この日も所在無く人形町周辺を歩き回り、やっと入ったお店が「思案橋」です。思案橋ってのは、長崎に実在する駅名です(橋自体は既に撤去されて現存していません)。ということで、長崎料理の郷土料理の店です。といっても、ちゃんぽんと皿うどんしかありませんでしたが。。。(卓袱系はありませんでした)

 ところで、訪問したのがちょうど春休み期間(4月頭)。この店では、小学低学年と思しき女の子を手伝わせておりました。これがねぇ、危なっかしいんですよ、配膳とか。注文を取れるはずもなく、結局店内は、和む一部のおじいちゃんと、いらいらするその他の客に分かれました。いずれにせよ、店内全員その女の子にず~っと注目でした。だって、自分の方にこぼされたらたまりませんからね。あんかけと温かい麺類ですし。

070405

 というわけで、なんとか注文したのは「長崎丼」。もうよく分からんのでネーミングだけで注文しました。要は、皿うどんの麺の部分が白飯に変わっています。

 お味は、「う~ん」という感じですか(^_^;)。可も不可もないような。つくづくリンガーハットの凄さを思い知らされます。。。

 ところで、食べログで検索したところ、最近閉店した模様。やはり2年遅れで更新すると、こういうことが起きますな。もしかすると、九州にいる間、ずっと東京のことを書いている可能性も(>_<)。

思案橋 人形町店
東京都中央区日本橋人形町3-1-13 コムラビル1F
11:00~14:30、17:00~21:30
日祝休
03-3249-6625

| | コメント (0)

Sakurairo Living

 2年以上も前の話になりますが、雨上がりのワンちゃんは生意気にもダーツに興じていた時期があります。今思うと、本当に生意気ですね(^_^;)。んまあ、DARTSLIVEカードを購入した程度なんですけどね。

 ちゃっかり者の雨上がりのワンちゃんは、狙いを「20」のトリプルではなく、「19」のダブルに定めています。気分的に狙いやすいのと、外れた時のことも考慮すると期待値が高いからです(^_^)v。

 面白いというか、仕方ないことなんですが、ダーツ機は的から外れてもノーカウントなんですよ。だから、19のダブルが下に外れても全く影響無しというわけです。もう1回投げればOK。

 そういうことで、下に外しても構わない気持ちで投げているので、的からハズレマクリです。一緒にゲームする方、私が随分と時間を取ってますね。ごめんなさい<(_ _)>

070329sakurairo

 そんな中、ある日の労働組合の集まりの後、B.D.氏と犬theワンちゃんの3人で、なんとなくダーツバーに行ってまいりました。この「なんとなく」というのがポイントで、我々が所属する部でイベント事を開催する時は、基本的にアポを取ることになっています。「じゃあ、今晩一杯行こうかぁ」なんて台詞は聞かれないんですが、この日は極めて珍しく当日の夜決定しました。

 行った先は、ネットで調べた人形町の「Sakurairo Living」です。3人とも初めての場所です。ちょうど桜の時期に「桜色」へ行くとはなんとも風流ですが、特にお店のほうは何にもありませんでした。

 ただ、満席のようで残念、と思ったところ、店の方が特別席を用意してくれました。エレベーターの前に。。。

 そして、この店はダーツ機(DARTSLIVE)が1台しかありませでした。ビックリです。なので、先客待ちということになるんですが、このねぇ、待つ時間が長かった!とにかく。通常であれば、ひたすら酒を飲むところなんですが、この日はとにかくダーツをやりたい日だったので、酒に興味が湧きませんでした。

 通常のBarであれば、酒と会話の合間にダーツでもやってみようという感じですが、もうちょっとダーツメインの店があると流行ると思うんですが。。。現状では、BAGUSの独り勝ちになっていますよね。起業を考えている方、このフォーマットを買いませんか?(^^♪

Sakurairo Living
東京都中央区日本橋人形町2-5-4 江戸八ビル2F
18:00-2:00
土日祝休
03-3664-7528

| | コメント (0)

Mayang Sari Beach Resort

Dscn2951

 フェリー・ターミナルからバスに揺られて数十分、ビンタン島での宿の「Mayang Sari Beach Resort(マヤンサリ・ビーチリゾート)」に到着しました。

 ここで、早速トラブルが。お昼に到着したんですが、15時までチェックインできないと言われました、英語で。日本語が堪能なスタッフはいませんが、単語のみなら分かるスタッフは何人かいます。

Dscn2928

 途方に暮れた雨上がりのワンちゃんご一行様は、無駄に高いホテルのランチや海岸をブラブラ歩いて時間を潰しました。たくさんの酒を抱えて(^_^;)。けど、普段は時間に追われる身なので、時間を潰すのは久しぶりで、ある意味新鮮でした。あくまでも、ある意味ですが。。。

Dscn2930 Dscn2932
Dscn2933 Dscn2934

 そうやって、チェックインを待ったわけですが、ここは1棟4室のコテージ風。調度品は若干古く、備品は歯ブラシ・寝巻き・時計しかありませんでした。基本的に、何もせずにゆっくり過ごす人用のホテルのようなので、付属施設はあまりないです。ただ、「Mana Mana Beach Club(マナ・マナ・ビーチ・クラブ)」と「Nirvana Resort Hotel(ニルワナ・リゾートホテル)」は同系列で、同じ敷地内です。徒歩で移動できます。Mana Manaはスポーツ、Nirvanaは食事・買い物と、住み分けがなされているようです。

Dscn2944 Dscn2945
Dscn2946 Dscn2947
Dscn2948 Dscn2949

 ジャーン!(^^)!。唐突ですが、ビーチです。人がいないのは平日の朝に撮ったからです。いあかにも南国ですが、意外にも海の透明度はそれほどでもなく、3m程度です。

 なので、早々に見切りをつけ、スポーツアクティビリティをすることにしました。前述のマナ・マナ・ビーチ・クラブです。

 まずはシュノーケルツツアー。$40です。船に乗って東へ揺れること20分でポイントに到着です。ポイント近くには半分餌付けされた魚がいっぱいいます。インストラクターの後に続くと、サンゴが多い場所に誘ってくれますが、何故かそういうところは魚が少なかったです。で、パンをもらえるので細かくこするように千切ると、どんどん魚が寄ってきます。ただ、ここでも透明度はそれほどでもなかったです。

 次はジェットスキー。30分間で$85。なお、ここでの代金はチェックアウト時に一括清算することが可能です。日本では免許が必要ですが、インドネシアでは不要。ただ、事前に周回ルートを指定されて、そこをひたすら走るのみです。

Dscn2954 Dscn2955

 2泊しましたが、最終日以外はお天気に恵まれました。最終日は一日雨だったので、本を読んだり、このブログの原稿を書いたり、マッタリして過ごしました。やはり同じ宿に複数日泊まるのっていいですよね。

Dscn2950
ごめんチャイ

| | コメント (0)

Night Safari

 今回の写真は、とんでもない出来栄えとなっておりますが、これは動物の保護のため、フラッシュをたくことを禁じられていたからです。デジカメの通常の設定で、暗いところで撮影すると、露出を上げるため、光を取り込もうと、シャッタースピードが遅くなります。これでブレやすくなっているというわけです。いや、知識をひけらかしているわけではありません。釈明です<(_ _)>

---

 というわけで、前回のBoon Tong Keeで腹ごしらえをした後、タクシーで一路向かった先は、「Night Safari(ナイト・サファリ)」です。大学生の同級生と何処へ行ってんだとお叱りの声もあろうかと思いますが、彼の希望です。私は正直動物園はあまり好きではありません。

 それで、そのタクシーで、普通に運ちゃんに「ナイト・サファリ」と言っても通じませんでした。今回の旅では、同行者が英会話学校に通っていたので、基本的に通訳は彼にお願いしましたが、彼は最終的には「サ・ファ・リ」と母音をハッキリと喋ってました(^_^;)。2人とも正しい発音を知らなかったわけです。そこで私が、「Zoo,OK?」とだけ言うと通じました。。。

Dscn2860

 ナイト・サファリへは、市街地から20km程離れていますが、10数ドルなので、タクシーの利用をオススメします。

 入り口近くにある出店のようなところでチケットを購入します。そして、その左にあるカウンターで日本語トラムの予約をします。出発時刻はそこで判明します。日本語トラムと英語トラムの乗り場は異なるので注意してください。乗り場には少し早めに行って、後ろの車両の後ろ側の右側の座席がいいかもしれません。日本語トラムが敢えてあるのは、日本人以外は全て英語を使えるからだと思います。基本的に、どころに行っても日本人だとすぐバレました。

Dscn2861 Dscn2870

 入り口近くでは、ボルネオ島原住民のダンスが行われていました。よくよく考えてみると、何で動物園で踊ってんでしょうね。。。

Dscn2882 Dscn2905

 で、熱帯雨林に住む動物の9割が夜行性とのことで、日本では見かけない様々な動物がいました。いや、本当のところは、暗くてよく分かりませんでした。ワタクシ、鳥目なもんで(^_^メ)

Dscn2891 Dscn2894

 トラムの後はナイトショーへ。日本語トラム乗り場の近くにあります。数十分前までに並ぶことをオススメします。ショーの途中、大人1人・子供1人がステージに呼ばれますが、英語が堪能でない方は、大人しくしていた方が無難です。あと、座席によってはサプライズがありますが、運を天に任せましょう(^^♪。

Night Safari
80 Mandai Lake Rd.
19:00~0:00(入園は~23:00)
無休
6269-3411

大きな地図で見る

| | コメント (0)

Sri Krishnan Temple and Kwan Yin Tang

 前回の市内観光の続きです。

 アラブ・ストリートからちょっと南西に向かい、「ブギス」に到着しました。東京ブギウギ のような感じですが、以前はココ、オカマ街だったそうです。こういう話題については、偽装結婚のプロ、職場の同僚、二丁目ゲイ人の「犬theワンちゃん」が詳しいんですが、現在のブギスに当時の面影は残っていません。普通のゴチャゴチャした商店街になっています。

 ここでは数十分自由行動という、物凄くラフなスケジュールだったんですが、結局商店街を丹念に覘く時間もなく、結局「Sri Krishnan Temple (スリ・クリシュナン寺院)」と「Kwan Yin Tang(クアンイン寺院(観音堂))」見学がメインになりました。

Dscn2815 Dscn2816

 まず、スリ・クリシュナン寺院。「寺」とついていますが、ヒンドゥー教のお寺です。中に入ろうと思ったんですが、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」に出てくるような半裸のごっつい男性がいました。いたいけな美少年の雨上がりのワンちゃんは、宮殿に連れ去られる可能性があり、入館を断念しました(T_T)

070907

 お次は、お隣の観音堂。こちらは仏教系で、勝手知ったる感じで中に入り込みました(^_^)v。それにしても、隣接して異なる宗教施設があるのって、日本でも珍しいですよね。

 ここではまず、入口手前脇に置いてあるろうそくを3本取って、火につけて刺します。お線香のようなものでしょうか。

 中では、信者の方が宗教的儀式を行っているんですが、この儀式というのが、おみくじなんです。おみくじ自体は棒状タイプのもので、館内左側で誰でも借りることができます。

 このおみくじが入った籠をゆらして、1本のみが出てくるまで繰り返すようなんですが、それにどういう意味があるのかまでは失念しました。スマソ!

Sri Krishnan Temple
152 Waterloo St.
6:30~13:00、18:00~21:00
無休

Kwan Yin Tang
Waterloo St.
6:00~18:15
無休

大きな地図で見る

---
<事務連絡>
 またもや筆者多忙に付き、火曜の更新は見送って、次回は12日(木)になります。

| | コメント (0)

Sultan Mosque

 シンガポール2日目。ツアー会社が無料で市内を半日観光してくれるっつぅんで、ホイホイと乗った次第です。実際には、手配は全て同行者がしてくれたんで、私はどこに連れて行かれるのか、あんまり把握していませんでした(^_^;)

 ガイドさんは、「SAYURI」さんと自己紹介していました。ただ、どこからどう見ても華僑系シンガポーリアンでした。この堂々とした胡散臭さは、「板尾の嫁」に通ずるところがあります。「もちろんそうよ」(^_^;)

 最初に書いておきますが、この手の無料ツアーは、大体途中でお店に連れて行かれることが相場になっています。今回は、宝石屋と枕屋さんでした。もちろん、買う素振りさえみせませんでしたよ(^_^)v。そもそも、海外で枕買ったら邪魔でしゃーないわ。「その発想はなかったわ」(^_^;)

 それでその市内観光。まず最初に向かったのが「アラブ・ストリート」。前回の「リトル・インディア」とか、ややこしいネーミングですが、単なるアラブ人街ですね。アラブと言えばイスラム教。イスラム教と言えば「モスク」。

Dscn2807

 というわけで、シンガポール最大最古のイスラム教寺院、サルタン・モスクです。最古って言っても1928年建造なんですけどね。モスクと椰子の木が対照的です。

 実は、ここの見学に際しては、長ズボン着用が義務付けられているとガイドブックに書かれていたので、くそ暑い中、わざわざ長ズボンを穿いて臨んだんですが、全くの無駄骨太郎さんでした<`ヘ´>。モスクは初めてだったんで、結構興味はあったんですが。。。

Dscn2812

 では、何をしたかというと、付近を歩いただけです。SAYURI氏によると、この付近の建物の欄間にも、東洋と西洋の特徴がミックスされて興味深いとのコトだったんですが、単純に外扉に欄間を入れたら、雨露を防げないのではと思いました。同じ欄間でも、雨上がりのワンちゃんの「お父さん」の故郷である京都の「北野天満宮」とか「南禅寺」とかの欄間の方が、精巧で立体的のような気がするんですが、どうなんでしょう。

Dscn2813
でもテッペンには登りたい

Sultan Mosque
3 Muscat St.
9:00~13:00、14:00~16:00
金曜 14:30~16:00
無休
6293-4405


大きな地図で見る

SAYURI SAYURI

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

続きを読む "Sultan Mosque"

| | コメント (0)