マネー・ボール(The Art of Winning An Unfair Game) by Michael Lewis

 ハッキリ言って永遠の野球小僧にとって必読の書です、この本は。以上!

 本当は四の五の言わず読んでいただきたいんですが、より読む気にさせるために、書評なんてものを書いてみたいと思います。

 メジャーリーグのオークランド・アスレチックスのGMであるビリー・ビーンに焦点を当て、貧乏球団のアスレチックスが快進撃を魅せる理由を紐解いたノンフィクションです。

 もちろん、ただ紐解くだけはなく、ビリーの半生や、トレードの舞台裏、ビリーによって見出された選手の思いも臨場感溢れる筆遣いで描かれており、一気に読めてしまいます。

 ビリーの手法は大きく分けて3つあります。1つは、トレードの交渉術。ペナントも一定期間を過ぎるとトレードができなくなります(日本は6月末)。そのぎりぎりになると、既にプレーオフ進出が難しい球団の高額年俸選手を安くで買い叩くという作戦です。下位球団にとっても、上位進出が厳しくなり観客も離れるなら人件費抑制をしたくなるのは当然で、その心理を上手くついています。場合によっては三角トレード(A球団がC球団の意中の選手を獲得するため、間にB球団を介在させる)も厭わないほどです。

 2つ目は、新人重視&FA軽視です。所属選手がFA宣言をすると、無理に引き止めずに、その代償として入手できるドラフトの指名優先権をフル活用して即戦力の新人を確保する作戦です。将来の見通しが立ちにくいので、高校生ではなく大学生が指名の中心になります。

 最後は、セイバーメトリクス(野球を統計学的手法をもって分析すること)を用いたチーム編成です。過去の野球に関する膨大なデータの回帰分析から「得点期待値」というものを設定して、これを上げるための要素を持つ選手を良い選手として定義し、そういう選手をドラフトやトレードで獲得しています。

 せっかくですので、チーム編成に重視される(されない)項目をまとめてみます。

    重要な要素 重要視されない要素
野手 出塁率、長打率、慎重性 犠打、盗塁、打点、得点圏打率、失策、守備率
投手 与四球、奪三振、被本塁打、被長打率 被安打数、防御率、勝利数・セーブ

 私も思い当たる節があります。高校3年時の体育は選択制で、私はソフトボールを受講していました。一応陸上部で足が速かった私は一番を打つことが多くて、エロガッパ仲間の性触者N.G.氏はクリーンナップでした。で、内心不公平感を感じていました。というのは、私がフライを打ち上げたら普通にアウトで、彼の場合は私が暴走気味にタッチアップするので犠飛になって打率が下がらないばかりか、打点が増えるんです。当然、下位打線は運動神経がよろしくない方々が勤めるので、上位打線に戻っても塁は埋まっていないんです。この本によると出塁率重視・打点軽視になるので、これらのバイアスは消えますね(*^_^*)

 もちろん、どの項目も秀でいているスター選手もいます。ただ、そういう選手は概して年俸が恐ろしく高いので、年俸の割りに重要の要素の値が高い選手、重要視されない要素の値は低いが重要な要素の値が高い選手が主なターゲットとなるわけです。

 その前提として、選手の身辺調査を行い、リスクが高い選手は獲得を見送るようになっています。

 また、面白いのが、ここまで書くとビリーは冷酷無比でデータだけで判断する感情の起伏が全くない人物のように思えてしまうんですが、実際は真逆で、短気な人物として知られており、逆上しないように極力試合をじかに観戦しないようにしているそうです。

 では、この戦略を日本のプロ野球に取り入れるとどうなるかですが、、、ビリーの作戦はFA制度を逆手に取ったものなので、FA制度が異なる日本では上手くいかないと思われます。選手の流動性も低いですし。

 けど、野球自体のルールが違うわけでもないので、基本的な選手の評価方法は適用できると思います。このサイトがよろしいかと思いますが、野手の場合は、「XR27」を降順、投手の場合は「DIPSera」を昇順にすると、いい選手順になります。なお、DIPSeraは短いイニングを全力投球できるリリーフ投手が低くなる傾向がありますのでご注意ください。

 これによると、2007年度の阪神タイガースで意外に高い評価を得るのは、野口選手になります。アスレチックスに狙われないよう、全力で阻止してほしいものです(*^_^*)

マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫) Book マネー・ボール (ランダムハウス講談社文庫)

著者:マイケル・ルイス
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

一勝九敗 by 柳井正

 突然ですが、MBAというか経営学修士を目指すことにしました。日本には大きく分けて2種類あります。国際認証機関に認証された大学院と文部科学省に認可された大学院です。とりあえず敷居の低い後者の中でも、さらに通学の必要がないコチラですね。証券会社もイー・トレードを使っているので。企業経営を科学的アプローチによって捉えて、弊社の経営の近代化を進めたいと思います。

 な~んて、根も葉も泰葉もない冗談は置いておいて(爆)、前回ご紹介したユニクロの総帥、柳井正氏の著書を読んでみました。

 実は、年度末ということもあり、現在仕事がキツい状態です。本当はどっちつかずでよろしくないんですが、睡眠時間を削って読んでしまいました。大体、読書とはただ読むだけでは全く意味がなく、そこから何を感じ、何を学ぶかが重要だと思っています。なので、少なくとも身がフレッシュの時に読まないと頭の中に入ってこないわけなんですが、前回との連動企画として勢いで読んでしまいました。

 ということで時間的制約がある中で読んでしまったので、通常なら繰り返して読むようにしているところ、今回はまだ1回しか読んでません。よって、このエントリーについてはどんどん加筆・補筆をしていきたいと思います。

 この本は、会社がある区の図書館で借りました。その際、MBAに関する本も併せて借りたので上述のような冗談を思いついたわけですが、この本もユニクロという短期間で一気にメジャーになった企業の経営学について書かれています。

 新刊ではないので、まず書かれた時点の時代背景を。第1版が2003年の11月に発行されているので、2002年末の社長交代後から書き始めたものと思われます。当時は、フリースが爆発的に売れすぎ、「ユニバレ」と呼ばれる現象が広がり、経営が悪化していました。ただ、この発行前後からカシミアが当たって、息を吹き返しています。

 こういう経緯もあり、柳井氏の回顧録的な要素も強いんですが、自戒を込めて「一勝九敗」と名づけられた気がしてなりません。実際にはユニクロ1号店を開業してから20年程度しか経っていないのに、これほど成長しているのですから。本にも「成功したと思った時点でダメになる」と書かれています。

 この本の特徴は、文章が理路整然として読みやすいんです。トップは明快なメッセージを打ち出し、企業が進むべき方向に舵を切るのが役目なんだと再認識されられました。ただ、同時に行間には深く考えさせられます。この方、結構社員や取引先に対し、人によっては非情だと思うだろうことをバシバシしています。

 結局、この方は、思い切りの良さとスピードと反省するところに素晴らしさがあるのだと思います。つまりはPDCサイクルを速く回しているということです。

 その他、起業家十戒、経営者十戒、二十三条の経営理念も書かれており、参考になります。あらすじはコチラをご覧ください。

 あと、気になった箇所を書き出してみました。下をクリックしてください。

一勝九敗 (新潮文庫) Book 一勝九敗 (新潮文庫)

著者:柳井 正
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "一勝九敗 by 柳井正"

| | コメント (0)

牛への道 by 宮沢章夫

 私の周りで予想外に流行っているソフトバンクモバイルのCM。もちろん一番人気はの「お父さん」。ただ、家族と外に出ているときは、家族にリードを握られているんですよ。「家計のヒモを握られている」なんてことは耳にしますが、「家族にリードを握られている」って。。。(笑)

 最近では「ただ友」や「おじさん」など主演者(犬)の広がりもあり、今後ますますシュールさに磨きがかかるかもしれません。

 シュールと言えば、この本も負けてはいません。著者は、劇作家・演出家で、「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成しています。このユニットには、竹中直人いとうせいこうシティボーイズ中村有志氏らが参加していました。「ガジベリビンバ」という濁点まみれの単語は、「フーゴ・バル」というドイツ人が書いた音響詩(言葉自体の意味より、発音された際の音響に重点がおかれた詩)の中に出てくるフレーズです。

 蛇足ですが、フーゴ・バルは、第一次世界大戦中に広がった総合的芸術ムーブメント「ダダ」を生み出した一人で、ダダは上述のシュール(レアリスム)の基になったそうです。ウルトラ怪獣ではないですよ!

 いよいよ(やっと)本題です。まえがきで著者が「あなたの時間が、軸のねじ曲がった、不可解な空気で充たされればと思うのだ。」と書いているように、新鮮というか独特というか、まあ斜に構えた視点で日常をブッタ切っています。

 1話が文庫本見開き2ページのエッセイとなっていて、この短い文章の中にシュール笑いを詰め込んでいるわけですが、実にスラスラ読めます。この理由をいろいろ考えたところ、一つの結論に落ち着きました。

 起承転結がハッキリしているんです。だいたいこういう流れです。

起:自らの視点を主張する
承:具体例を挙げて説明する
転:だんだん本論から脱線する
結:主張をもう一度掲げてオトす

 具体例で説明すると、「面倒」では

起:「面倒」という意識状態は人にとってたいへんやっかいだ。
承:ズボンを穿くのが面倒になり、仕事に出かけると、かなりまずいと思う。
転:あるシンポジウムで、「ダヨーン」と「ナンチャッテ」は全く意味が違う言葉だと反論するのが面倒だった。
結:しかし、話さなければならなかった。とことん話してこそ、真の交通が発生するのダヨーン。

 ってな感じですかね。詳細はご自身で読んでください。

 自分とは違う視点を楽しめるし、1話1話が短いので、ちょっとした時間でも読めるので、日常に忙殺されているサラリーマンにこそぴったりな一冊だと思います。ナンチャッテ!(^^)!

 しかし、学生時代の読書感想文もこんな風に書いたら、先生にどういう評価を受けることになったんでしょうか。上の段落までで約千文字、原稿用紙2枚半です。今度国語教師の友人に聞いてみます、、、と思ったら、そんな友人いなかったんダヨーン(^_^;)

牛への道 (新潮文庫) Book 牛への道 (新潮文庫)

著者:宮沢 章夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そうそう、日曜だってのに明日から出張なので、日・火の更新はお休みさせていただきます<(_ _)>

| | コメント (0)

資産設計塾 外貨投資編 by 内藤忍

 以前、この記事で著者の授業を受けたことを書きました。その著者が新刊を出すことに相成りました。

内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法 Book 内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法

著者:内藤 忍
販売元:自由国民社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 それで、24日(日)限定で、アマゾン(amazon)購入特典キャンペーンが行われます。詳細と応募要領は、著者のHPをどうぞ。特典といっても、著者のファンじゃないと喜べない代物かもしれませんが。。。

 著者はネット証券会社のマネックス証券系列の会社に勤めているので、マネックス証券で扱っていない商品に対してはページを割かない嫌いがありますが、「資産設計」という切り口で書かれている内容は、他のマネー本とは一線を画します。折りしもネット証券最大手のイー・トレード証券海外ETFの取扱いを始め、ユーロ高が進行している時期、この本で海外投資の勉強をするのも悪くないことだと思います。

 補足ですが、アマゾンでの購入は、上のリンクを使っていただいても構いませんが、もしJALのマイレージカードをお持ちなら、こちらのページから購入すると、購入金額100円に付き1マイルが付与されます(端数切捨)。

 あっ、私も当然24日に購入するので、現時点では手元にありません。よって、この本の内容の保障はいたしかねます。ご了承の程、よろしくお願いします<(_ _)>

---
<事務連絡>
ナウなヤング風にいうと、今日から「グループ旅行」に出かけます。約2年ぶりです。
ですので、次の更新は火曜を予定しています(←だから今週は更新が多かった)。

| | コメント (0)

MONUMENT FOR NOTHING by 会田誠

 おはようございます。現在9:30、会社は既に始まっています。んが、まだ自宅にいます。今日はとある事情により午前休をいただいております(←この記事を書くため休んでいるわけではないです)。

 先日、会社のたいへんお世話になっている先輩に、会田誠氏と山口晃氏の書籍を貸していただきました。どうやら以前の記事を読んでいただいたようです。貸していただいたのがコチラ↓です。

山口晃作品集 Book 山口晃作品集

著者:山口 晃
販売元:東京大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 青春と変態

著者:会田 誠
販売元:ABC出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book ミュータント花子

著者:会田 誠
販売元:ABC出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 山口氏の作品集は、先日出品されていたのと結構カブってます。多分、実物を見ないまま本作を見てしまうと、相当なフラストレーションがたまると思います。木を見て森を見ずというか、鑑賞ではなく単なる観察になってしまう恐れがあります。逆に、先に実物を見た私にとっては、見逃した箇所や全体的な構図を確認できたりで、改めて感心させられました。

 会田氏は漫画と小説。本来は芸(ゲイ)大卒の画家なのですが、既成の枠にとらわれないというか、常に開き直っているというか、なんというか、、、言葉に詰まりますね(^_^;)。人間誰もがが持ち合わせている変態的な部分をクローズアップするという、人間の深層心理をエグる大作ではあります。ただ、それも程度ものですからねぇ。個人差ありますし。正直な話、読後若干吐き気をもよおしました(>_<)。一応、彼は妻子ある身です。

 そんな会田氏ですが、作品集を出します。そして、今週末に発売記念イベントが開催されます(詳細についてはそれぞれのリンク先をご覧ください)。前回は、その先輩に告知が遅いと怒られたんですが、今回はどうでしょうか???本当にこのイベントの存在を知ったのが昨日なので、平にご容赦を<(_ _)>

6月22日(金)サイン会
Book 1st 渋谷店
19:00~
TEL 03-3770-1023

6月23日(土)トーク&サイン会
丸善丸の内本店 3階 日経セミナールーム
19:00~
定員100名
入場料1,000円(税込)トークショー当日会場にて支払い
要予約(電話予約可)
TEL 03-5288-8881

6月24日(日)トーク&サイン会
PROGETTO
受付開始:14:30~、スタート:15:30~
定員20名程度
TEL 044-211-4616

MONUMENT FOR NOTHING Book MONUMENT FOR NOTHING

著者:会田 誠
販売元:グラフィック社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)