静岡浅間神社

 エーッと、もう半月振りブリの静岡シリーズ復活でございます。もう、皆さん忘れたんじゃないですか。私も忘れていました(^_^;)。

 お皿洗いをしておくと、前回で静岡へ向かい、駅から徒歩で駿府公園に向かいました。その足で、お次は「静岡浅間神社」へ向かいました。ちなみに、「あさま」ではなく、「せんげん」と読みます。

 実はなぁ。この神社、ちょっと複雑で私もよく分からへんっっちゅうのがホンマですわ。神社というたら境内があってな、お宮さん(ドラマとちゃう)があるのが普通やないですかァ。けど、この浅間神社は、神社の中に神社がぎょーさんあるんですわ。

 元々は、「神部神社(かんべじんじゃ)」、「浅間神社(あさまじんじゃ)」、「大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)」の3つが、偶然(という名目で)同じ場所にあったということだったそうなんですよ。

 けど、明治維新や戦後のゴタゴタの中で、今はひとつの宗教法人となっているようです。ここまでなら、何とか理解できるんですが、実際には、それ以外の神社も存在します。「麓山神社(はやまじんじゃ)」、「八千戈神社(やちほこじんじゃ)」、「少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)」、「玉鉾神社(たまほこじんじゃ)」がそれです。

 もう、とりあえずよく分からないんで、撮った写真だけ掲載しておきます。

Dscn2131 Dscn2134
Dscn2135 Dscn2136
Dscn2137 Dscn2138

 結局、この敷地に26棟もが国の重要文化財に指定されているそうです。けど、大して案内板もないんで、この凄さがよく分からないんですよ。これは、明らかに神社側のミス(ユニバースの末成由美)ですな(>_<)。

Dscn2132

 あと、よく分からない繋がりなんですが、このお守りの種類の多さ!!!この節操の無さが、日本人の信心の浅さを生んでいるような気がするんですが、どうでしょうか???

Dscn2133

 ちなみに、境内でウコンの木を初めて見ました。

 帰りは、バスを使いました。歩くと静岡駅まで2km程あるのでは。

静岡浅間神社
静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1
見学自由
054-245-1820

| | コメント (1)

駿府公園

Dscn2127
アタックチャ~ンス

 話が飛び飛びになって、本当に申し訳ござらん。今回は久しぶりに静岡旅行に戻ります。ただ、今回だけで、次回はまた変わります。輻輳していて、自分でもコンランショップです。。。

 というわけで、2年前のゴールデンウィークに雨上がり一家は、ついに静岡に上陸しました。そして、国内旅行では定番のお城に向かいました。静岡は駿府城です。

 駿府城は、徳川家康が院政を敷いていたときに住んでおり、当時は随分と栄えていたたそうです。没後は、いろいろあって結局幕府の天領となって、明治時代に陸軍基地となって場内施設が取り壊され、戦後に公園として整備されたようです。

Dscn2121 Dscn2122
Dscn2124 Dscn2125

 現在は一部の施設を復元中のようで、左上の写真の東御門橋等は完成しています。これらを見る限り、当時は完全なる平城だったようです。まあ、徳川家ゆかりの土地ということで、周囲はどうせ譜代大名に囲まれ、攻め込まれる心配がなかったからこそ、こういう平城でも大丈夫だったんでしょうね。

 現在は、広場、庭園、テニスコート、児童会館等があり、市民の憩いの場となるだけでなく、イベントの会場としても使われているそうです。

Dscn2129

 コチラは、徳川家康が植えたとされるミカンの木です。ただ、時期外れだったので、実はなっていませんでした。これ、どうするんでしょうね。

 観光施設としては完成度はまだまだですが、家康マニアには興味深い場所でしょう。なお、堀の周りには、嬉しくなるくらい公共施設が建てられています。合同庁舎とか、県庁とか。これも、その筋のマニアには必見。

駿府公園
静岡県静岡市葵区駿府公園1-1
見学自由
無休
054-221-1121(静岡市公園緑地課)

Dscn2130
別名なんじゃもんじゃ

---
<事務連絡>
 出張や親の実家への帰省が重なるので、次週は不定期更新とさせていただきます<(_ _)>。。。

| | コメント (0)

インスタントラーメン発明記念館

 雨上がりのワンちゃんは、元来インスタントラーメンなるモノを食しません。何故かと申し上げると、栄養士兼調理師のオカンに小さい頃から「インスタントラーメン食ってもうたら、ハゲるで!」と説き伏せられていたからに他なりません。

 ただ、日本人の一人当たりインスタントラーメン年間消費量は41.3食にも及び、宇宙食にも採用されるようになってきました。こういった時代の中で、インスタントラーメンの発明者である安藤百福の業績を記念して作られた施設があるというのを聞きつけ、居ても立ってもいられず、自腹で大阪府は池田市まで向かいました!

Image022

 最寄りは阪急宝塚線池田駅。わざわざ飛行機で向かった奇特な方は、伊丹空港からモノレールで蛍池駅乗り換えです。わざわざ新幹線で向かった奇特な方は、新大阪からJR在来線(新快速・快速・各停どれでも可)で大阪駅で降り、阪急梅田駅までちょっと歩きます。池田駅には全電車停車しますので、先に来た電車に乗り込んでください。

 「満寿美町方面出口」から地上に降りて(改札は2Fです)左に進み、デイリーストアの角を右に進んでください。途中、ラーメンはラーメンでも「一風堂」があります。ただ、この一風堂はカップラーメンと縁がありまして、もし安藤百福氏がラーメン屋を開いていたらこうなるというコンセプトの元で以前店舗展開されていました。現在は普通の一風堂のようです。

 ここではインスタントラーメンの歴史が紹介されているんですが、超重要なのは、ここである企画があって、それが超人気を博しているんです。それが、「マイカップヌードル・ファクトリー」です(^^♪

 ここでは、スープの種類やトッピングを自分で選択して、オリジナルのカップヌードルを作ることができるんです。1個300円です。

 ちなみに、休日はメチャクチャ混みます。トッピングが品切れになるということはないと思うんですが、私が行った際には90分待ちでした。早めの来場をオススメします。

Image014_2

 まずは、空のカップを自販機で購入します。カップは、普通のカップヌードルに似せた一種類のみです。シーフードの青がかったデザインや、カレーの茶色がかったデザイン等は選べません。その後は手をキレイキレイして、カップのデザインを描きます。

 問題は、油性ペンが置かれているんですが、タダでさえ曲面に描くのは至難のワザなのに、ペンが太すぎてさらに書きづらくなっているということです。逆に細すぎたら、ペン先がカップを突き刺す可能性もあるので、難しいところです。細字の油性ペンを何色か持って行くといいかもしれません。なお、油性ペン以外は禁止されており、シールを張るのもダメだそうです。

 特に時間制限はないので、気の済むまで挑戦するとよろしいかとは思いますが、結局皆さんいいデザインが思い浮かばず、ひよこを描いている方が多数でした。

Image015

 お次からいよいよ本体の製造工程に移ります。まず、カップめんをカップ内に詰め込みます。ただ、自らの手で詰め込むのは、アレがアレでアレなんで、ハンドルを回すだけでいいように工夫されています。

Image016

 そして、カップデザインの製作と並んで個性が出やすい、スープと具材の選択です。スープは通常のカップヌードルの他に、シーフードとカレーとしおから選べます。具材は、えび、タマゴ、豚肉、ひよこちゃん、ナルト、ネギ、カニ足風、カマボコ、コーン、キムチ、グリーンアスパラ、チェダーチーズ、ガーリック、と、期間限定具材の12種類から4種類選べます(重複可)。この4種類に絞り込むのが難儀ですよ~(^_^;)。

 選んだら、お店の人に言うとスプーンで入れてくれます。自分では入れることが出来ません。ここは残念なところですが、私のような狼藉者が具を多量に入れてしまうことを警戒しているのでしょう。。。

Image018

 次は、フタをします。まあ、この辺は全てやってもらうので、見学するのみです。

Image020

 いよいよ佳境に入ってきましたが、シュリンク包装(カップをフィルムで包み、熱を加えて隙間をなくす)です。こちらが終了したら、カップを受け取って、お好みでビニールで包装して完了です(^_^)v。

 まあ、ここまでちんたら書いておりますが、完成品の画像は???と思われる方多数でしょう。今回は2つ作成しましたが、なんとナント南斗水鳥拳、1つを読者プレゼントします!!!!!

 つまり、完成品は雨上がりのワンちゃんと当選者との2人、、、いや1人と1匹だけの秘密です。直接連絡するか、この記事のコメント欄に、私が理解できるようなハンドル名でプレゼント希望とご記入ください。ただ、郵送できるか福岡市繁華街で手渡しできる方に限定させていただきます。そして、手渡しの場合は美女限定とさせていただきます<(_ _)>。先ほど、「当選者」と書きましたが、抽選するのが面倒なので、早い者勝ちとします。お早めに。

Image021
不味そうな模型...

インスタントラーメン発明記念館
大阪府池田市満寿美町8-25
9:30~15:30
火(祝日の場合は翌日)、年末年始休
072-752-3484

| | コメント (1)

阪神甲子園球場 外野指定席

Image058

 今回の甲子園遠征では初めてライトスタンド以外の席に座りました。今までライトスタンドをチョイスしていたのは、当然ビジターの球場ではレフトスタンドに陣取るからです。たまには逆側から観たいじゃないですか。

 しかし長良川、時はゴールデンウィーク中の巨人戦。そう簡単にライトスタンドの席は入手できません。1日分はレフトスタンドになってしまいました。まあ、レフトスタンドといっても、ビジター応援席以外は阪神応援席なので心配ご無用です。

Image035 Image069

 ご覧のようにラッキーセブンでは右も左も虎キチだらけ風船だらけでございます。。なお、7回の表では、ナント巨人ファンも風船も打ち上げます。本拠地の東京ドームでは禁止にしているクセに、なんでビジターで風船を打ち上げるのか意味不明です。節操無いですよね。筋を通せよと言いたくなります<`ヘ´>。

 ちなみに、東京にいた時の元Bossは巨人ファンだったので、雨上がりのワンちゃんから上司部下の立場を超えて、相当ボロクソ言われたそうですよ(何故か伝聞形式)(^_^;)。九州の今の部署には巨人ファンが一人もいないので、平穏な日々を送っていますよ(^_^)v

 そんなことはさておき、レフトスタンドとライトスタンドで金本氏の応援歌が異なるって知ってましたか???もちろん、このブログは阪神ファン以外は閲覧お断りなので、皆さんご存知ですよねぇ。。。まあ、当然の如く公開いたします。

鍛えたその身体 あふれる気迫
そーれ むこうへぶち込め ライトスタンドへ
「かっとばせー かーねーもとー」

鍛えたその身体 あふれる気迫
さぁ ここまでぶち込め ライトスタンドへ
「かっとばせー かーねーもとー」

 それと、現在甲子園では3期にわたり改修工事中でして、外野席は今期から新しくなりました。その目玉はナント、、、

Image027 Image060

 生ビールのスタンド内販売が開始されたということです!(^^)!。今までは内野席だけだったんです。お値段は600円で、キリンまたはアサヒのみです。なお、研究室の大先輩にして、年間観戦数は100試合を超えるという野球マニアH氏の指導により、ビールを購入する際には必ず美女をチョイスしております。かなり内輪ネタですが、そういえばH氏は(よく後輩にイジられて)興奮すると腕を前後に揺らしますね(^^♪。

 そういえば、会社のB.U.氏の(偽装)奥様も、学生時代に東京ドームでビールの売り子さんのバイトをしていたそうです。階段の昇り降りがある前後の移動が面倒で、最奥の通路を左右にのみ移動していたそうです。。。 

Image030 Image064

 それと、選手監督とのコラボ弁当が多数売られています。左が「錦をかざる 桧舞台弁当」1,200円で、右が「球児カツオのタタキスーキ丼」900円です。桧山の方は、純幕の内で年配の方に人気がありそうです。藤川は、にんにくチップが満載だったのが良かったですね。苦手な方は除ければいいだけの話ですし。同行者によると、「新井の穴子重」1,200円が乙だったそうです。

 それと、重要なのがこれらのコラボ弁当。売られている位置がマチマチで、買えない弁当もあるということです。例えば、外野席では今岡の弁当や矢野のジュースは買えません。球場内にあるチラシを参考にしてください。

 皆さんも日本式野球の応援を堪能したければ、是非甲子園までどうぞ。広島のように立ったり座ったりすることもないので、意外に快適ですよ。椅子も新しくなってやっと他球場並になりましたし。

| | コメント (0)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島~その2

 4月26日の観戦は「外野指定席」で、しかも最前列でした。虎の際どい打球が飛んできたら手を伸ばして、鯉の打球はメガホンで叩き落す、、、というシミュレーションを頭の中でしていましたが、残念ながらその機会はありませんでした。

 今回も前回に引き続き、マツダスタジアムの紹介等をしたいと思います(^_^)v。

Image059

 この球場、JRの貨物駅の跡地で、山陽本線が球場の脇を通ることになります。そういうこともあって、日本では珍しくあからさまに左右非対称な形状になっており、線路まで飛んでいったら大変ということで、ジェット風船は専用のもの(小さくて飛ばない工夫がされています)を使うよう要請されます。

 ただ、間には道路も通っていて、意外に間隔があります。飛散防止用の柵も設けられているので、よっぽどの悪条件が重なっても、大丈夫かと思われます。

Image095

 これ分かりますかねぇ、ポール際の一部分だけ3層構造になっていますよね。上が「バルコニー席」で、中が「パーティーベランダ」、下が「外野砂かぶり席」になっています。砂かぶり席はニュースでも話題になりましたが、この部分は本当にアンツーカー(粘土を焼いて細かく砕いた全天候型の人工土)なので、置いていた弁当が砂まみれになる可能性も秘めています。とは言うものの、一度観てみたいアングルではあります。

 パーティーベランダは、その名のとおり150人程度収容できるパーティー会場になっています。ただ、強化ガラスで遮られているわけでもないので、ある程度試合の流れを気にしながらのパーティになってしまいそうです。

Image096

 内野席とビジターパフォーマンスを結んでいる通路のようなところ、ここに「ゲートブリッジ」があります。高所恐怖症の方には向いていないような気がしますが、ビジター応援の酒飲みグループには適している様な気がします。ってことは、我々の猛虎会向けですかね(^^♪

Image097

 ちなみに、選手のバスはメインゲート下辺りから発着します。それを知る一部のファンで、周辺は混雑しています。バスは交通規制を避けて、東側から新幹線口へ向かうものと思われます。そのあたりのマナーは各自守ってくださいね。

天空の彼方に 舞う球は
勝利告ぐ桜 乱れ咲き
「こーだい! こーだい!」

※前半はメガホンを連打してください。
続いて
ゴー レッツゴー バールディー レッツゴー バールーディー
「バールーディー バールーディー」

 最後は、お待ちかねの動画コーナー。今回は珍しいPL学園出身で生え抜きの桜井と、育成選手から這い上がってきて、今期もメンチの不振によって一軍入りしたバルディリス・ひろしです!(^^)!。あと、主力で紹介していないのは、意外にも金本です。すっかり忘れておりました。。。

Image099

 帰りもこだま号で博多まで2時間強かかりました(>_<)

| | コメント (0)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島~その1

Image052_2

 今季初観戦として行ってまいりました。当然ながら遠征になるんですが、今回は「こだま指定席往復きっぷ」を利用したツアーを使いました。博多⇔広島をこだま号で移動すると2時間強かかるんですが、交通費節約のため背に腹はかえられません。酒飲みながら雑誌読んでました(^_^;)。宿については後日書きます。

Image053

 公式ページによると、広島駅から東方向へ徒歩10分となっていますが、混雑でノロノロ歩くことになるので、倍の20分程度みておいた方がいいと思います。帰りは車両規制がありますが、行きはありませんし。なお、市電を使われる方は、的場町駅を使うのも手だと思います。ただ、帰りのピーク時だと乗車できない可能性がありますが。

Image054 Image055
Image056 Image057

 今回の席は「ビジターパフォーマンス」。要は、タイガース応援席ってことです。要は、うるさいから2階席に隔離してるってことです。立って応援し続けられるのは、この席種のみです。どうせ、カープファンは立ったり座ったりし続けるだけですから。。。

Image060 Image061

 この日はあいにくの小雨混じりの天気。福岡は既に朝に雨が上がっていたので、油断していました。この雨で団体客がキャンセルしたのか、意外に席が空いていました。私の前席も誰も来なかったので、移動が快適にできました。

 それと大勝で気を良くした雨上がりのワンちゃん、球場内探索に出かけました。まず気になるビールですが、キリンとアサヒが半々で、サントリーとサッポロは売られていませんでした。ただし、1箇所パブっぽいところでバドワイザーが売られていました。お値段は全て700円です。

Image062

 こちらは、バルコニー席。基本的に年間指定席としての発売です。売れ残りは一般席として都度売られるはずですが、今年度はいろいろあったようで、まだ一般には売られていません。5月7日(木)発売のようです。他の球場なら、この位置が普通の外野席だけに、立って応援はできませんが、人気はそこそこあるんではないでしょうか。

Image064

 帽子の前方にトラッキーらしきものが写っていますが、ウッドデッキ席です。公式ページには「まるでバーのようなカウンター」と書かれていますが、単にテーブルが付いている席です。場所はバックスクリーン脇なので、観戦するにはちょっと遠目の席ですが、飲みメインなら楽しめそうです。

 ちなみに何故他の席種の写真を撮れるのかと申しますと、球場内にメインストリートがあって、本当にまるまる球場を1周できるからです。他の球場を思い出してください。席種によってゲートが定められていて、その範囲しか移動できませんよね。

 どうせ席のエリアに入るところでチケットの確認をするのであれば、それまでは全席共通のエリアでいいじゃないかという発想です。

 さらにこのメインストリートは開放的で、店舗がなければ球場内外を見渡すことができます。これにより、買い物やトイレに行っても、ちょっと場所を探せば、自席に戻るまでに戦況を確認できることになります。実に便利です。

Image065

 そういうわけで、場所によっては球場外からグラウンドを覗けることができます。ただ見エリアというそうです。金網で区切られてちょっと可愛そうですが、無料なので致し方ないと思います。

 その2へ続く。

| | コメント (0)

千鳥ヶ淵

 最近よく聞かれるんですが、九州はどうかと。まだ1ヶ月も経っていないので、なんともお答えできません(>_<)

 ただ、それだけ終わらせると雨上がりのワンちゃんの名が廃るので、九州というよりは会社がある博多駅周辺の情報を。

 博多駅周辺にはコンビニのam/pmが数多くあります。エーッと、駅から徒歩5分圏内に7店舗ですか。脱線しますが、am/pmは主に関東と近畿と九州北部にしか展開していません。意外にローカルチェーンなので、それ以外の地区在住の方との会話時にはお気をつけください。

 その中の1店舗に行くことがあるんですが、そこは挨拶を強化しているようで、物凄く大声で「ありがとうございました。またお越しくださいませ。」とか言うというよりかは叫ぶ店員が何人かいます(^_^;)。

 いや、本当に驚くほどの大声なので、思わずその店員の方を振り向いてしまいます。昼過ぎに出没することが多いようなので、ご興味のある方はその頃にお越しください。

 それと、東京の玉子屋のようなお弁当屋が福岡にもあります。その名も「ニコチャン弁当」!(^^)!。玉子屋と同値の430円です。

 先週から会社近辺に営業をかけ始めたことを記念して、先週今週はナンと300円です。当然毎日買いですな(^_^)v。無論二の矢三の矢がなければ、今週いっぱいの付き合いにはなりますけど。。。

Dscn2103 Dscn2105

 前回の靖国神社といつもセットとして紹介されるのが、靖国通りを挟んで向かい側にある、千鳥ヶ淵です。ワタクシ、恥ずかしながら帰って参りました、、、ではなく、今日のこの時まで知らなかったんですが、千鳥ヶ淵ってお堀のことなんですね。てっきり「淵」なので、この遊歩道の部分が千鳥ヶ淵と思っていました。

Dscn2102

 残念ながら前日からの雨で水が濁りMAXです。そして増水しています。ボート場があるくらいなので、普段はここまで水質が悪いということはありません。亀の親子も住めますし。

 こちらも桜の木が植えられているので、花見ができます。ただ、敷地が細長いので、シートを敷いて宴会をするには、場所取りに困難を極めそうです。半蔵門というオフィス街からも近いので、夜も会社帰りのサラリーマンやOLで賑わうのが特徴です。

Dscn2104

 付近にはイタリア文化会館があります。竣工当時は外壁の景観問題で話題になりました。赤だからダメなのか、コンクリート本来の無機質なグレーならいいのか、難しいところですよね。個人的にはコンクリートの打ちっぱなしよりはいいと思うんですが。

千鳥ヶ淵
東京都千代田区北の丸公園
入場自由

---
<事務連絡>
 九州転勤後初の独り出張や、旅とか重なりまして、ちょいと週明けまで更新をオヤスミさせていただきます。

| | コメント (0)

靖国神社

 皆さんは、ブラウザは何を使われていますか?私は無難に「Internet Explorer」(以下「IE」)です。今回「IE8」が正式リリースされたのでアップロードしたんですが、いろいろ不具合が発生しています(>_<)。

 特にセキュリティ面が強化され過ぎていて、ブログをアップするようなクライアントマシンからネットに情報を送信する際に警告が出たり、使えなくなった機能もあります。

 ただし、JavaScript(ホームページをかっちょよく魅せるためのプログラミング言語)の読み込み機能だけは、掛け値なしに改良されているようなので、その部分のみ移植する方法はコチラに書かれていますので、興味のある方は試してみてください。

Dscn2098

 のっけから警告看板を掲載してしまいました。これで私は参拝できない、、、んなこたぁなく、今回は靖国神社について書きたいと思います。

 と言いつつも、私は参拝がどうとか、世間で揉めていることについて、あまりよく知らないので(高校は地理を選択したもので)、あくまでも観光地としての靖国神社についてスポットを当てたいと思います。

 となると、まずは桜ですよね。都内でも有数のお花見スポットで、シーズンには数多くの観光客が訪れます。私も花見はしたことがありませんが、通り抜けはしたことがあり、脇にある靖国通りにも桜が植えられていた記憶があります。境内に出店だけでなく、飲食スペースも設けられ、ちょっと不思議な空間になります。

 ところで、今年の東京の桜はどうだったんでしょうか、福岡は3月末に満開となり、既に初夏の陽気ですが。なんだかプチ菅原道真の気分です、、、ってことはないです(^_^;)。大体、彼は「京都」の「梅」に想いを馳せたわけですし。

 しかしながら、今回訪れたのは5月2日。既に桜は完全に散っています。新緑がまばゆい季節です。まあ、靖国神社の見所は桜だけじゃありませんが。

Dscn2096

Dscn2097

Dscn2099

 ご覧ください、このスケール感ある清々しさ。靖国神社の魅力はここにあるといっても過言ではありません。九段下駅1番出口を出てまっすぐ進むと見えるこの大鳥居は、迫力の一言です。

 なお、最初の鳥居の手前の信号から右手前に伸びて行く道、これこそがラーメン激戦区でお馴染み早稲田通りの起点(終点?)です。ただの脇道にしか見えませんが、事実です。トリビアとしてお使いください。

 ついでに言うと、19世紀末には、外周を使って競馬が行われていました。よくあんな細長い土地でできるなと思うんですが。。。

Dscn2100 Dscn2101

 あと、バク(白色の鳩)も有名です。

靖国神社
東京都千代田区九段北3-1-1
6:00~17:00(11~2月)
6:00~18:00(3,4,9,10月)
6:00~19:00(5~8月)
無休
03-3261-8326

| | コメント (0)

東証Arrows

 アンジェラ・アキ氏の爆笑動画を見つけました。約8分の長編ですが、33分探偵、いや名探偵ホームズのように最後に謎解きがされますので、是非最後まで大音量でご覧ください。いやあ、この方、スゴイですね。日本三大「あき」に認定したいと思います。エッ、あと2人ですか(?_?)。無論「八代」と「竹城」です!(^^)!

 さてさて、築地で寿司を堪能した後、宿へ戻ってチェックアウトをし、向かった先は金の亡者共(自分も含む)の聖地「東証Arrows」です。

Dscn2091

 内側から撮ったので文字が反転してますよぉぉぉ。こちらは株券売買立会場の跡地です。昔は、立会場で証券マンが手サインを使って売買処理をしていたんですが、現在はすべてコンピュータ処理となったため不要になった次第です。

Dscn2088 Dscn2090

 この空き地に一般の見学用に施設を整備しており、証券取引所の歴史を学ぶことができます。株に関するセミナーも開かれており、実は雨上がりのワンちゃんも過去に参加したことがあります(^_^)v。意外に会社から近いもので。

Dscn2092

 それと、マスコミのスタジオもあります。そういえば、この施設は株取引が行われている平日の昼間しか開いておりません。普段はお仕事で行けないので、GW中の特別日を狙って訪問しています。だから、オンエアバトル中の放送局もあるわけです。大声を出してみればよかったですかね、それか、ズームインのように後ろに映り込んでみたり(^_^;)

Dscn2089

 ただ、問題はこのガラスで囲まれたスペースで何が行われているかですよね。お答えします。ここでは取引監理が行われています。さっきのスタジオにしてもそうですが、別にここでする必要はありません。全てオンライン化されていますので。けど、オンライン化されていると視覚的に弱いので、わざわざこういう風にしているものと思われます。あと、単純に跡地の有効活用ですか。ちなみに、上のほうの写真で、このスペースを取り囲むように電光掲示板のようなものが見えますが、これは各社の株価情報です。そして、市場の取引量に応じて回転スピードが変化するそうです。

Dscn2093 Dscn2087
Dscn2094 Dscn2095

 他にも、オグシオが鳴らした鐘や、巨大な板(株価情報が表示されたモニター)や、各社の株売買支援ソフトのデモや、平山郁夫氏の絵画があったりと、なにかと楽しませてくれます。開館時間がネックですが、

Dscn2084 Dscn2085

 向かいには山一ならぬ「山二証券」があります。かなり伝統ありそうな建物ですので、これも必見。

東証Arrows
東京都中央区日本橋兜町2-1
9:00~16:00
土日祝年末年始休
03-3665-1881

| | コメント (1)

東京ビュック

 東京の雨上がりのワンちゃん宅は狭く、両親といえど3人はキツく(過去2回、同期のG.R.氏の差し金で2人ゲストが泊まったことがありますが)、非常に珍しく東京のホテルに泊まることにしました。大学受験時に使ったパールホテル茅場町以来かもしれません。

 なるべく廉価で交通至便でトリプルがある宿をネット探した結果、「東京ビュック」にたどり着きました!(^^)!

 場所は勝どきです。勝鬨橋で有名ですが、実際には行ったことがない方がほとんどだと思います。けど、トリトンスクエアの通勤客で、朝は物凄く混雑しますよ。

Vfsh0055

 ホテルはロの字になっており、1Fは水路が張り巡らされていて、ちょっとバブリーです。片隅にフロントがありますが、マンションの管理室のようです。部屋によってはフロントからエレベーターが遠いです。

 (残念ながら室内の写真はございませんが)ドアから入っていきなり部屋です。いわゆるワンルームってヤツです。通常はクロークやユニットバスが通路の片側にありますが、ここは通路という概念がありません。

 「マンション」とか「ワンルーム」とか書いていますが、このホテルはもともとマンション用に建設されたようです。それがどういうわけか、会員制のホテルになった模様です。詳しい経緯は不明です。会員制なので、通常は泊まることができませんが、部屋が開いている場合は一般にも開放しているようです。

 1970年代の香りがプンプンして、若干くたびれている感もありますが、この値段は安いです。勝どき、月島、築地に御用の方は、是非宿泊を検討してみてください(^^♪

東京ビュック
東京都中央区勝どき2-8-12
03-3533-6811

| | コメント (0)

より以前の記事一覧