明治のラガー、大正のラガーがブロガー800名に当たる大モニターキャンペーン

 働けど働けど報われない雨上がりのワンちゃんは、寸暇を惜しんでブログを更新する以外に、懸賞にも精を出しています。昔そういう企画の番組ありましたね。

 そして、ついに当選しました!(^^)!酒類の販売高業界一の麒麟麦酒株式会社様から復刻ビールをいただきました。「キリン明治のラガー」・「キリン大正のラガー」です。ブランド誕生120周年記念だそうです。

Image0003

 これが賞品に同封されていた送付状です。これはもしかして、当ブログが、日本の酒類ブログのベスト800に選ばれたってことじゃないですか、エェッ、エェッ!(^^)!

 文中に、「食卓風景・飲用シーンなどをご自身のブログでレポートして、トラックバックをお願いいたします」と書かれています。分かりました、このご厚意を無駄にすることはできません、麒麟麦酒株式会社様。早速レポートさせていただきます<(_ _)>

 というわけで、万全を期すために福岡の実家まで持って行って、お正月に家族で楽しんでみました。福岡にはビール工場もあったりしますし、ゆかりの地のほうが何かが覚醒しそうな気がしたので。ちなみに、両親にこの企画の意図を伝えるのに結構時間がかかりました(^_^;)

Photo

 前菜は、「菜」ではありませんが、「お造りの盛り合わせ」。従兄弟の嫁の実家が古賀で水産業を営んでおりまして、その関係でいただいたものです。年明けということもあり、ちと草臥れておりましたが、それでも肉厚の身から繰り出される繊細な旨みは群を抜いておりました。

Photo_2

 お次は、「カキフライと野菜てんぷらの盛り合わせ」。こちらのカキも母の従姉妹からのいただきもの。祖母は広島出身ということで、カキですよ、牡蠣。実は年末に鍋の中にドバドバ入れられたんですが、私が「カキはやっぱりフライ」駄々をこねたので、今回のご登場と相成りました。

Photo_3

 こちらは、「かつお菜と鶏肉の炊き合わせ」です。かつお菜っちゅうのは、福岡の地野菜で、冬の煮物によく使われます。若干クセはあるんですが(このクセをウマく言葉で表現できません。苦味とも酸味ともちょっと違うんですよ。)、鰹出汁を使わずに済むというのが語源だそうです。あと、鶏肉。福岡と言えば、とんこつラーメン、もつ鍋が有名ですが、鶏肉も負けておりません。「かしわめし」や「がめ煮」として、庶民の間には広く使われております。

Photo_4

 おおぉっと、すっかり料理のレポートになってしまうところでした。こちらがメインの明治のラガー。こういう昔のビールを飲むのは初めてでしたので、100年以上前のビールがどんなもんか興味津々でした。ところが、重いながらも意外に現在と大差ありませんでした。今はいろんな種類のビールが発売されていますからね。明治時代はどういうシチュエーションで飲まれていたのか想いを馳せながら、お次の一品は。。。

Photo_5

 しめ鯖。こちらも玄界灘産で、従兄弟が直々に釣ったそうです。ちなみに、従兄弟は小さい頃から、毎朝塩鯖を食っていました。甘いものにも目がないので、おそらく30代中に生活習慣病になると予測しています(>_<)。

Photo_6

 変り種というか、問題作。このイモ天にかかっている白いソースは何だと思いますか?答えはカスピ海ヨーグルト。母の新作ですが、イモの甘さとヨーグルトの酸味が別の方向を向いて主張しており、わざわざ一緒に食べる必要はないように思えました。普通に天つゆが良かったですねぇ。

Photo_7

 こちらが「大正のラガー」。こちらもねぇ、問題作ですよ。単体で飲むと苦味が効き過ぎますね。黒くないスタウトかっていう程の味わい。ところが、料理と一緒に飲むと一気に様変わり、苦味が旨みに大変身します。しかも、汎用性が広く、様々なジャンルの料理と合います。

 結論を言うと、食前酒には「明治のラガー」、食中酒には「大正のラガー」、食後酒には、エーッと、「エバモア」でいかがでしょうか???

 昔の味だからと思わず、一度お試しアレ。新しい発見があるかもしれませんよ☆

【ビール100年巡り】キリン ラガー 明治〜平成 4種類x6本 350ml(1ケース/合計24本入り) 【ビール100年巡り】キリン ラガー 明治〜平成 4種類x6本 350ml(1ケース/合計24本入り)
販売元:世界のお酒 ニューヨーク
世界のお酒 ニューヨークで詳細を確認する

エバモア2003 21年(国産ウィスキー) エバモア2003 21年(国産ウィスキー)
販売元:LiquorShopいまなか
LiquorShopいまなかで詳細を確認する

| | コメント (0)

5W1H ~ 備忘録として

 一番最初に書いたように、このブログは自分の備忘録として使うつもりでした。よって、そのためにいくつかのルールを決めておこうと思います。何気にこれが大変な作業だったりします(^_^;)

 こういうときの基本は、やはり「5W1H」ですよね。一応5W1Hとは

When   いつ
Where  どこで
Who    だれが
What   なにを
Why    なぜ
How    どのように

のことです。これを当ブログに当てはめると

When   自動的に記録されるので不要 
Where  カテゴリ化が必要
Who    ワシに決まっとるがな、不要 
What   カテゴリ化が必要
Why    ワシの気まぐれだから理由なんてないゼ、不要
How    どうだったかという意味で必要

になるかと思います。1つずつ見ていくと

Where
 「Hot Pepper」や「ぐるなび」等のグルメサイトをベースに、自分のシマを加味して適当に決めました。

What
 分野はとりあえず
 ・メシ屋
 ・CD(音楽)
 ・観光地・ホテル
にします。詳細は後ほど。

How
 どうだったかということは、結局評価ってことになります。ですので月並みですが、「☆」であらわしたいと思います。もちろん独断と偏見の塊です。重要なので、もう一度書きます。独断と偏見の塊です。。。
 星といえば「ミシュラン」ですが、ミシュランは
☆☆☆  わざわざ訪れる価値がある卓越した料理
☆☆  遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
☆  そのカテゴリーで特に美味しい料理を提供する
という意味らしいです。つまり1つ星でも評価は高いのです。
 しかし、当ブログではダメなものは自戒を込めてダメという記録を残したいし、自分の使い勝手を重視し、5段階評価とし

 メシ屋
 ☆☆☆☆☆  やるや~ん!!リピーターになりまっセ
 ☆☆☆☆  少々難はあるものの、また来ますわ
 ☆☆☆  平均的なCP(コストパフォーマンス)、条件が合えば再訪
 ☆☆  ダメダメまではいかへんけど、もうちょい何とかしてや
 ☆  これはアカンで、生産者の方々へ失礼や(^_^メ)

 CD(音楽)
 ☆☆☆☆☆  最高やわ!!何度でも聞くで、他のCDも買うか
 ☆☆☆☆  全体にエエや~ん、人にもまあ薦められるわな
 ☆☆☆  まあまあや、気が向けばまた聞くわ
 ☆☆  ダメダメまではいかへんけど、再聴の可能性は低いで
 ☆  これはアカンわ、ムカつくヤツにプレゼントやわ~(-_-;)

 観光地・ホテル
 ☆☆☆☆☆  いやぁ、エエわ!!また来るデ!!
 ☆☆☆☆  少々難はあるものの、また来ますわ
 ☆☆☆  まあまあや、条件さえ合えば再訪するかも
 ☆☆  ダメダメまではいかへんけど、もうちょい何とかしいや
 ☆  これはアカンよ、エグイわ(>_<)

 かなり上から目線&彦摩呂口調ですが、独断と偏見の塊ですので、なにとぞご容赦を<(_ _)>

<重要事項>
 個人的な都合により、これから買うものを紹介する場合があります。この場合はもちろん星はつけません。星は買った後に改めて。

 なお、評価する分野を絞ったのは
メシ屋:オカンが調理師&栄養士、自他共に認めるほど好き嫌いがない
CD(音楽):大学時代に軽音サークルに所属、ロック中心だがバッハからmihimaru GTまで幅広く聴く
観光地・ホテル:独り旅が趣味で、一応全都道府県制覇
ってことで、評価がそんなにブレないかなと思った次第です。
 逆に、映画とか美術とかは、門外漢なので評価しません!

 それと、これら全ての分野についてサブカテゴリを作ります。メシ屋なら、居酒屋とかカフェとか。詳細はこのブログ右側の「カテゴリ」を参照してください。

 なお、私がブログを「ココログ」にしたのは、1記事に対して、複数カテゴリを設定できるからです。これができるブログは意外に少ないんです。

| | コメント (0)