第4回 九州焼酎・泡盛フェア in ヤフードーム

 今日は天神をとある理由でブラブラした後、会社の方からホークスタウンモールにスーパーや薬局があるという情報を聞いていたことを思い出し、チャリで向かいました。

 ヤフードームで観戦する際は、ホークスタウンモール内を通るんですが、いつも素通りでした。なので、今回は中をブラブラしてみました。ひろ庄という定食屋は独り晩飯に使えそうです。

 そうしているうちに、アナウンスが聞こえてきました。今日は焼酎泡盛フェアをやっているんで、駐車場でアルコールチェックを行う旨でした。

 ???と思っている間にも、足はひとりでに会場のヤフードームへ向いていました(^_^)v。

 正式には掲題どおり「第4回 九州焼酎・泡盛フェア in ヤフードーム」でした。入場料は700円でしたが、深く考えずに支払って中に入りました。もしかすると、プレイガイドを使えば前売券がまだ売られていたかもしれませんが、それは後の祭り。なお、入出場はホークスタウンに面している南側の5番ゲート1箇所です。チケット売り場はゲートの右側にあります。

Image020

 グラウンドを使って行われていました。もちろん下はシートが引かれていて、人工芝を踏むことは出来ません。あと、座席に着席も出来ませんが、ベンチが多数置かれていました。ちょっと寂しい感じもしなくもないですが、まあ18時前ですからね。飲兵衛以外は帰途に付いているハズです。しかし、実際下に降りるとそんな感じはしませんでしたし、逆にちょうどいいくらいの混み具合でした。

 それは何故かと申しますと、各蔵元のブースで試飲ができるからです!(^^)!。人が多すぎたら、ありつけるまでに時間がかかってしまいますからね。

 ちょうど今年作る梅酒のベースをどうしようか悩んでいたところでしたので、こういうイベントは渡りに船でした。高アルコールの銘柄を中心に飲んでみました。というより、25度を越える銘柄を作っている蔵元全てで試飲をしました(^^♪。

 梅酒はおかげさまで昨年大絶賛され(一円也殿、そうですよね?)、今年は実家という保管場所が近くにあるので、増産を目論んでおります。なお、昨年は1銘柄1升で、「文蔵」という米焼酎でした。

Image025 Image024

 そして数ある焼酎・泡盛から実際に購入したのはコチラ↑。左側は宮崎県は日之影町(高千穂の東)にある姫泉酒造の「樫樽長期貯蔵麦焼酎 御幣」、右は鹿児島市の三和酒造の「甕壷仕込み木桶蒸留甕壷寝かせ 天無双 鹿児島限定」です。

 御幣は42度ありますが、麦焼酎らしくスッキリした飲み口です。調子に乗って飲み出すと、後が大変なことになるかもしれません。そして、壷に入っており、保存すればするほど滑らかになるそうです。もちろん継ぎ足すのもOKのようなので、今後の展開が楽しみです。

 天無双は、味どうこう以前に、なんと店員2人共、私が以前鹿児島在住時に住んでいた地元語で言うところの「むらさっばい」に住んでいることから話が進み、試飲をガンガンさせてもらい、それが縁で1本買ってしまいました。鹿児島限定ですので、部屋に飾れば見栄えがすることでしょう。本当は37度の原酒を購入したかったんですが、1升瓶だけだったので断念しました。

Image021 Image022

 夜ご飯の時間帯にかかっていたので、物販コーナーで食べ物も購入しました。左が熊本県は人吉市の「人吉馬ーガー」で、右側が宮崎市の「肉巻きおにぎり」です。バーガーはもちろん馬肉100%使用。ただ、本店の「人吉市大畑町2863」はとんでもないところにあります。おそらくドライブインだとは思いますが。ちなみに、人吉とは浅からぬ縁を持つ雨上がりのワンちゃんですが、バーガーは初めて目にしました。けど、シンプルながらいいお味でした。肉巻きおにぎりについては、コチラの記事が詳しいです。

Image026

 それで、1,000円購入ごとに1枚抽選券をもらえて、ガラゴロ回してみた結果、飴玉2つと焼酎の小瓶2つと梅酒をゲットできましたぁ!思わぬ当選でしたので、本当に嬉しかったです。

 というわけで、そんなこんなで終了時刻まで居座って独りで楽しんでおりました。店員さんとのやり取りについては、以前J.B.G.氏からテクを盗んだのでバッチリでした(*^_^*)。

 本日17日も17時まで開催されるそうなので、これを見た福岡の皆さん、急いでヤフードームへ!

 もちろん、飲酒運転はダメです。。。

Image023
次週虎ナインが座るベンチです。絶対に連勝してほしい。。。

| | コメント (4)