札幌パークホテル

 よくわからないんですが、「国家公務員のタクシー接待」が問題になっているそうですね。学生時代にワケあって、何度か夜に虎ノ門に行ったことがあるんですが、おびただしいタクシーの行列にただただ驚かされた記憶があります。こういうことだったんですね。

 雨上がりのワンちゃんですか?以前会社のお偉いサンと会社近くで終電後まで飲んだことがありますが、その時はタクシーで送ってもらって、、、っていうこともなく、徒歩で帰りましたサ、徒歩で(T_T)

 多分公務員側としたら、「どうせタクシーで帰るのは同じなんだから、サービスがえぇ車の方がいぃやんか」という発想なんでしょうね。バブル期に民間さんがタクシーチケットを乱発していたのは、接待という飲酒の場の帰りですから、それとは違うという自負もあったかもしれません。タクシーで帰るという結果は同じなんですけどね。

 一部で「民間ならOKで、公務員だからアウト」という論調がありますが、それは大いなる間違いです。見識の狭さを指摘せざるを得ません。
1.行政の出資者が国民なら、民間(株式会社)の出資者は株主であり、どちらにしても無駄遣いは出資者に対する裏切り行為であること。
2.そもそもの問題は道路運送法に違反しているかであり、この法の対象は官民関係ないこと。
3.民間でも便宜を受け取っていたなら福利厚生費を交通費に付け替えていたことになり、脱税にも該当すること。
が、その理由です。

 いずれにせよ、ビールやおつまみの提供を道路運送法違反とするか、行政と司法の判断に注目です。もともと「サービス」の範囲ってどこまでなのか、曖昧なところが多いいですからね。

Pic_0013 Pic_0014

 それで、北海道シリーズもいよいよ最終回です。今までの話で、お前はドンだけ遊んでるんだって思う方もいるかもしれませんが、それは大いなる誤解です!もともと全て休日の所業ですし、これ以外の時間は実は仕事をしています。ただ、今回は会社からノートPCを借りており、電源を入れたところ、会社のネットワークに接続しないとログインできないようになっていました(>_<)

 ってことで、別途持参していた紙の資料にいろいろ書き込み、それを東京にFAXして派遣さんに入力してもらうという荒縄荒業に出て、窮地を脱しました。この時ちょうど仕事が立て込んでいて、忙しかったんですよ。。。あ、今年も同じ時期に忙しかったので、5月下旬は私にとって鬼門のようです。気候はいいんですが。。。

 そういうわけで、決戦の月曜日の昼に札幌の支店に乗り込んだんですが、その前にB.D.氏に、偽装結婚に協力してくれと言われて、偽装のお祝いを贈るために二条市場に行ってまいりました。けど、ちょっとなんというか戦後の闇市っぽくてご遠慮いたしました。お祝い物を送るというよりは、自分用に購入する店という雰囲気でしたので。結局三越で購入しました。

 支店の長とは、以前同じフロアで仕事をしていたものの、全然面識はありませんでした。かくして、差し障りのない話、つまり今晩の宿の話に落ち着くわけですが、私が普通に札幌パークホテルと答えたところ、逆にこっちが驚いてしまうくらい驚かれてしまいました。どうやら名門ホテルで、通常役員レベルの方にご紹介するホテルだそうです。宿泊料が6,000円だというと、また驚かれてしまいました。

 結局、夜もご一緒させていただいたんですが、それまで計5回も驚かれてしまいました。まあ、数える方も数える方なんですが。。。多分、支店長にとっては下克上を味わった気分と他に私にふるネタがなかったんでしょうね。。。

 その後、同じく仕事を終えたJ.B.G.氏と再合流し、結構飲みました。ホテルに戻ったのも2時過ぎくらいですかねぇ(^_^;)。ホンマ、連日に渡ってありがとうございました<(_ _)>。こんな時間にホテルに戻るのは人生で初めてだったんですが、私が戻る際にも逆にホテルを出て行く女性もいましたし、1Fの入り口も普通に開いたので、ホテルって想像以上に人の出入りが多いんですね。

Pic_0030 Pic_0031
Pic_0032 Pic_0033

 部屋はサスガに前日と比べると狭くて、若干伝統を感じさせますが、それでも調度品はご立派でした。翌朝は次の移動先である名古屋に向かうために早く出たんですが、ベルボーイの方に中島公園駅の入り口まで荷物を運んでもらいました。荷物が多かったんで助かりました。この気遣いは嬉しかったですね(^_^)v

札幌パークホテル
北海道札幌市中央区南10条西3丁目
011-511-3131

| | コメント (0)

チサン グランド 札幌

 大ニュースでございます。「ミシュラン」ってご存知ですよね?昨年東京のレストランガイドが発売されて話題になりましたよね。ミシュランはフランスの会社なんですが、同じようなレストランガイドとして「ザガット・サーベイ」なるものがあります。こちらはフロム米国です。

 これら2つの最も大きな違いは、評価方法です。ミシュランは、社員である審査員が評価するのに対して、ザガット・サーベイは、一般のレストラン利用者へのアンケートによって評価されます。

 そして、今年の秋に発売予定のザガット・サーベイに向けてのアンケートが今まさに受け付けられています。

 それがなんで大ニュースなのかというと、このアンケートに協力すると“もれなく”完成した新刊をもらえるそうです!(^^)!

 これは見逃せないチャンスですので、私のように既にブログでレストランの批評を書いている方はそれを転記すればよいし、初めての方でもこれを機に日ごろ思っていることや感じたことを言葉にしてみてはいかがでしょうか。

 締切は6月15日ですので、お早めに。私も今の仕事が一段楽したら、やってみようと思います。

 なお、Wikipediaによると、ミシュランの調査員はレストランで以下のような行動をとるそうです。

・席に着いた直後に皿を裏返してしげしげと眺める
・2名で来店し、1人がアラカルト、1人がコースで料理を注文する
・コースの内数皿だけ省略するよう要望する
・電子辞書で食材を調べる
・メモを取る

 これを逆手にとって、このような行動を取ることによって店員に調査員が来たと思わせ、厚遇を受けようとした輩が私の周りにいるとかいないとか。。。けど、残念ながら調査員のうち最低1人はフランス人になるので、バレバレですよ(^_^;)

 さて、前回のバーテンダーの大会後は、オフィスビルの中にある穴場的存在のお寿司屋でつまんだあと、J.B.G.氏とV.V.氏に宿まで送っていただきました。なにからなにまでありがとうございました<(_ _)>

 その宿ってぇのが今回ご紹介する「チサン グランド 札幌」です。地産って昔はホテルやゴルフ場とか、よく名を聞いたものですが、現在では事実上倒産しており、ハゲタカファンドの傘下になっています。

 札幌市内でも「チサン イン 札幌」と「チサン ホテル 札幌」があり、ややこしいです。お間違えなく。こちらの「グランド」ですが、場所は以前の中島公園の北西、ホテルや商業施設、住宅まで乱立しており、非常に混沌とした地区です。カオスです。そして、昼間っからこんなものを見つけてしまいました(^_^;)

Pic_0006

 これって、昼間は遮光されて中を確認できないんじゃなかったでしたっけ(?_?)。思わず撮ってしまいましたが、これを撮っている雨上がりのワンちゃんの図も、周囲には奇異に映ることでしょう。。。

Pic_0004 Pic_0005

 なお、この辺りのランドマークは隣にあるエクセルホテル東急で、その陰に隠れてしまっていますが、このホテルもなかなかの面構えです。入ったらちょっと分かり辛いですが、前方左側にフロントがあります。エレベーターは前方右側。フロントの前から右折しても行けますし、右側の壁伝いに進んでも行けます。

 そして、客室ですが、、、

Pic_0021 Pic_0023
Pic_0022 Pic_0024

 とにかく広いです!(^^)!。ベッドもダブルサイズで、洗面所別です。あ、もちろん出張の一環ですので、シングルユースですよ。勘違い召されるな、一円也氏。

Pic_0025

 窓が北側(すすきの・札幌駅方向)だったので、外の風景を撮ったところ、円状の怪しげな光が入ってきました。そこで、アップにしたところ、、、

Pic_0026

 観覧車でした。すすきのにある「ノルベサ」という商業施設にあるようです。

 ちょっと交通の便は悪いですが、それを補ってあまりある豪華さです。泊まったのが日曜ということもあったのかもしれませんが、アンダー5,000円でした(^_^)v。オススメです。

チサン グランド 札幌
北海道札幌市中央区南8条西5丁目
011-512-8500

続きを読む "チサン グランド 札幌"

| | コメント (4)

第34回全国バーテンダー技能競技大会

 あ、どうも。雨上がリーマンブラザーズです。関東は梅雨に入りましたね。今はまだ気温が低めですが、オフィスはかなり暑いです。しかも、私の席は出入り口に近いので、温度を下げたら、通風口から水滴がドボドボ落ちてきます。「冷たい水を入れたコップに水滴がつくのと同じ原理です」とビル側は説明してますが、そんなことよりもナンとかしろっちゅうねん!書類がしわクチャになるジャマイカ!

070527

 で、そんな梅雨がなくて快適な北海道のお話の続きです。前回は野郎二人でリフトに乗ったところまででしたね。実は、これはメインイベントまでの時間稼ぎでした。そのメインイベントってぇのが、掲題のとおり「全国バーテンダー技能競技大会」です。

 読んで字の如くなんですが、実際にはカクテル作りに特化されています。協議は、筆記、フルーツカッティング、課題カクテル、創作カクテルの4部門の総合得点で競われるそうです。各地方で予選があって、それに勝ち残ったバーテンダーだけが出場できる、実に栄えある大会です。バーテンダー界の甲子園と呼ぶとか呼ばないとか。。。(^_^;)

 で、こちらなんですが、J.B.G.氏のいきつけのバーのバーテンダーが著名な方で、そこでこの大会の観戦チケットを購入されたとのことです。サスガです☆

 場所は、ロイトン札幌。ちょっと繁華街から離れて、ちょっと歴史を感じさせられますが、東京でいうとこのホテルに似た造りです。こちらの宴会場で開かれました。そして、ここでV.V.氏と合流しました。

 まあ、ぐだぐた書いても分かり辛いと思うので、親切な雨上がりのワンちゃんはバッチリ録画しました。まずはこちらからどうぞ。

 壇上では、課題カクテル、創作カクテルが交互に披露されています。なぜ1種目ずつやらないのかは不明です。音声を聞いた方はお分かりだと思いますが、課題カクテルは、カクテルの王様「マティーニ」。メジャーカップを使わず、フリーハンドできっちり5杯分、どれだけ正確に作れるかが問われるそうです。創作カクテルは当然オリジナルの作品になります。

 プロの手さばきは、さすがに流れるようです。このハンパねぇ所作(byトータルテンボス)も採点の対象になるそうです。右から左へ受け流すように飲んでいる身としては、恐縮してしまいます。。。

070527_2

 一通りみて、そのまま帰るのも「忍びねぇな」ってことで(「構わんよ」とはなりませんよ(*^_^*))、会場の外で開かれていた各アルコールメーカーのブースで試飲をしてまいりました。そもそも場所が場所だけに関係者向けだとは思うんですが、ここでもJ.B.G氏はいつもの話術と博学(お酒については詳しいです)を発揮され、メーカーの方と堂々と渡り合っておられました。その最中にJ.B.G氏の後ろから手を伸ばして試飲しまくっていたのは、何を隠そう雨上がりのワンちゃんです(^^♪

 ちなみに、上の画像は「存知ねえ」くはないギネスビールですが、「サージャー」という超音波をグラスに送る装置を使うことで、小さいバーでも、あの「浮世離れ」したクリーミーな泡を「しち面倒くさい」ことはなく再現できるそうです(*^_^*)。

 サージャーの写真は撮り忘れましたが、こんなモノなので、飲食店で見かけたらご賞味くださいまし<(_ _)>

| | コメント (0)

大倉山ジャンプ競技場

 どうも、こんにちは。今週の水曜日は、右と左で違う靴下を履いてしまった雨上がりのワンちゃんです。朝も全く気づきませんでした。気づいたのが夜にジムで靴を脱いだときでした。恥ずかしくてジムではできる限り下げて履いてましたが。

 どうしてなんですかね。今週は忙しくて疲れていたんでしょうね。最近、とある顧客にいろいろと修正をせがまれて大変です。ちゃんと双方同意して決定するんですけど、その後余裕でうっちゃってきます。1日に何本も電話をかけてくるので、半笑いで取り次いでくれる方もいらっしゃいます(^_^;)

 けど、腰の低い方なので憎めないのと、発注量が多いんですわ。会社の方であれば例のサーバ.mdbを見ていただければ分かるんですが、開発担当なのをいいことに、自部署だけ個人ごとの売上げの一覧が出るようにしてるんですよ(クエリをご覧ください)。で、現時点で今年度ブッチギリのトップです。昨年度は、途中自部署をクビになってマイナー落ちになった輩を除いたら、ビリケツだったんですんがあああ。

 ってことで、残業が増え、眠くてしょうがないワケです

 さてさて、阪神タイガースの出張応援でちょっと間が空いてしまいましたが、北海道の旅の続きです。前日はU氏のお世話になったんですが、この日はJ.B.G.氏に同行してもらいました。とにかくこの方は人格者でして、さほど長い付き合いではないんですが、懐の深さは見習わなければならないと常々思っております。だって、初対面の人でもすぐに打ち解けて仲良くなるですよ。この「すぐに」ってのがポイントで、ホンマ10秒程度の時があって、同行者一同あ然としたことがあります。

 それで、前回中島公園を出てから合流し、向かった先が旭山記念公園です。「逢いたい時にあなたはいない・・・」 というフジテレビ系のドラマで、中山美穂と大鶴義丹が「好きです。sapporo」と書かれた青い看板の前で記念写真を撮ってましたね(←本当はドラマを一切観ていません)。とりあえず、看板を「いぬです。sapporo」に書き換えて写真でも撮ろうかと思ったんですが、工事中だったので断念。

 それで、目的を大倉山ジャンプ競技場に変更しました。1972年(昭和47)に開催された、冬期オリンピック札幌大会の舞台となった場所です。といってもラージヒル専用で、ノーマルヒルは隣山の宮の森ジャンプ競技場で開催されたそうです。私はB.D.氏やM.D.氏と違い、当時生まれていなかったので、札幌オリンピックといえば「虹と雪のバラード」程度しか連想できないんですが。ウインタースポーツとも無縁ですし。

Pic_0015

 山腹にある駐車場からちょっと歩きますが、エスカレータもあるのでそれほど苦労しないはずです。意外に着地点の距離が短くてオドロキです。J.B.G.氏によると、以前はもっと長かったが、改修されたのではないかとのことです。

 えーっと、折角なんでリフトを使って展望台まで登ってみました。そして、その様子をまたビデオで撮影しました(最近動画が多いですな(^_^;))。本当は、撮影に警戒して大人しくしているJ.B.G.氏とわざとらしく基本的な質問をして会話を収録しようとする雨上がりのワンちゃんの駆け引きが面白いんですが、J.B.G.氏の声から本人が特定されてしまうとマズイので、音楽でかき消しています!(^^)!。どうですかね、この曲からどんどん山を登るという高揚感が伝わってきませんか(?_?)

Pic_0016 Pic_0018

 んで、こちらが山頂からの風景です。左側の写真だと臨場感は伝わりませんが、右側の写真を見てくださいよ。普通の山ですよ(当たり前ですが)。ここから滑走する選手の心境はいかばかりか!

Pic_0017 Pic_0019

 札幌が誇る2大球場です。特に左側の円山球場ですが、当日はプロ野球が行われる予定で、U氏も観戦したそうです。

 帰りなんですが、J.B.G.氏の提案で別のリフトに乗ってみました。やっぱり、相当警戒と遠慮をされてたんですね。すんません<(_ _)>。けど、残念ながら私は独り言は発しないので、またBGMを入れてみました。この曲は、本来であれば皆さんご存知のとおりの空間を持った感じですが、あえてアコースティックヴァージョンで攻めてみました。別に他意はないんですが。。。

 あと、ここにはスキージャンプのシミュレータやミュージアムもあるそうですが、未訪です。

大倉山ジャンプ競技場
北海道札幌市中央区宮の森1274
8:30~18:00 (4月16~30日、11~3月は9:00~17:00)
4月1~15日、ジャンプ大会時・公式練習時休
011-641-1972

| | コメント (0)

中島公園

 昨日、東京は数週間ぶりに夏日でした。数週間ぶりに夏日ってのが既に異常ですが、とりあえず暑いのは厳然たる事実なので、上着も着ずに出社しました。そうしたら、M.D.氏を始めとする数人に驚かれたんですけど、これって驚かれるべきことですかね???だって、暑いものは暑いんですからね。それと、外出と来客の予定もなかったので、一応その辺も考慮してラフな格好にしています。あと、会社帰りにジムに寄ったので、荷物が少ない方が都合が良かったのもあります。皆さん、地球環境悪化防止に協力しましょうってことで、結びの言葉に代えさせていただきます。それと、無駄なプリントアウトもよろしくないので、原稿チェックもなるべくモニター上でお願いします。
 
 前回ギリギリにチェックアウトしたんですが、次の予定まで若干時間が余ったので、行ったことがなかった中島公園を訪問してみました。ガイドブックとかで札幌市の地図を見ると、どうしても目立ってしまうので、話のタネにと思いました。

Pic_0007 Pic_0009
Pic_0011 Pic_0012

 まあ、ハッキリ言うと、イベントがなければ普通の公園ですね(爆)。当時一部改修をしていたので、入れないところもありましたが。なので、イベントがなければ観光客の方々はわざわざ足を運ぶ必要はないと思われます。

中島公園
北海道札幌市中央区中島公園
入園自由
011-511-3924(管理事務所)

---
<事務連絡>
GWはどこにも行かなかったので、代わりといってはナンですが、今日から実家に帰らせていただきます。一円也氏から聞かれたのですが、フィアンセを両親に紹介するためではごじゃいません(^_^;)。そんな予定もありませんし、見込みもないし、そういう発想すら思いつきませんでした。だから、だいたい、過去の記事やカレンダーを見れば、何のために九州に行くかは分かりそうなものなんですがね。

 というわけで、これからも安心して合コンに誘っていただいて大丈夫でございます
<(_ _)>

 それより、今回は本題以外の話ばっかりでした(^_^)v

| | コメント (2)

ホテル法華クラブ札幌

 先週末から、本当に多くの方から連絡を受けました。ありがとうございます。いつの間にか“サザン→雨上がりのワンちゃん”の図式が出来上がっていたようです。活動休止ですかぁ。まあ、50歳を過ぎて周りをみたら、アルフィー以外は一線を退くかソロ活動をしているのに、四季報には「08年度は所属のサザンオールスターズ結成30周年で利益率高いベストアルバム発売に期待。」に書かれる等、やりたいことと望まれることのギャップが広がりすぎた結果が、ただのソロ活動でも解散でもない、「活動休止」という結論のような気がします。

 なお、前回こっそりご案内したように、やはりアミューズビクター株価は下がりましたね。前日比-205円(-9.95%)と-15(-6.12%)ですか。TOPIXのETFが+4(+0.28%)となったのと対照的でした。

 あと、今年の活動内容の発表の際に、その後の活動休止を併せて発表することに非難の声があるようですが、上記のような過度な期待が続く中で活動休止を続けることができないと判断したのだと思います。ライブの期待感を煽るためではないハズです。サザンなら普通に日産スタジアム4日間のチケットは捌けるし、そもそも彼らはお金には困っていないでしょうからね。

 それにしても、50歳前半のセミリタイアは羨ましい限りです。我々の世代だと、経済成長率は落ち込み、社会保障も減ると予想されるので、70歳くらいまで働き続けないといけなくなるかもしれません。ただ、これでライバルが減るので、私が所属する「わっしょい→にいがた→海の家」にもメジャーデビューのチャンスが増えそうです!(^^)!

Pic_0001 Pic_0002

 ところで、サッポロビール園に行った後、タクシーで宿まで戻ったんですが、その宿こそが「ホテル法華クラブ札幌」です。実はU氏がレンタカーを返しに行っている間にチェックインを済ませていました。その時に撮った写真です。

 実は、前日ギリギリまで仕事をしていたのと、飲み過ぎたので、部屋に戻ってそのまま服も脱がずに、靴も脱がずに、足は床につけたまま、掛け布団の上に寝てしまいました。次の日もチェックアウトギリギリに目が覚めたので、急いでシャワーを浴びてチェックアウトしました。よって、そこまで印象に残ってないんですよね~(^_^;)

Pic_0003

 けど、札幌駅と大通公園(その先はススキノ)の間にあって、キレイで、ベッドが広くて、比較的安くて、私は行けませんでしたが大浴場もあるので、ハッキリ言ってオススメです。私が勤務している会社で北海道支店に出張する場合にも便利だと思います。

 それと、エレベータはフロントの横にあり、フロントは半地下にあるので、フロントからすると客を見上げるような形でお出迎えすることになります。

ホテル法華クラブ札幌
北海道札幌市中央区北2条西3丁目
011-221-2141

| | コメント (0)

サッポロビール園

 前回の続きです。レンタカーを返した後に向かったのがサッポロビール園です。「地元民と一緒なのに何故ベタの店へ(?_?)」と思われる方もいらっしゃるハズですが、U氏は基本的に外で食べないそうで、飲食店には詳しくないそうです。「もったいないことを!」と一瞬思ったんですが、私も九州に帰ったときは全然外食しませんから、似たようなことかもしれません。

 とは言っても、ここについてもよく分からなかったので、とりあえず札幌駅からバスで向かいました。そうそう、札幌は定期券を買うより、プリペイドカード買ったほうが交通費が安く済むそうです。以上、U氏からのマメ情報です。

 学生時代に一度来たことがあるような気がするんですが、もう何年も前の話なのでよく覚えていません。調子に乗って両手にジョッキを持って写真に写っていたんですが、もうその写真もなくなっています。とりあえず、人だかりのある所へ向かったら、そこが受付でした☆

 受付にいるお姉さまに話をつけて、向かった先がポプラ館というホール。で、注文したのが当然ジンギスカン。初心者同士で、酒も飲みまくる同士なので、食べ飲み放題にしておきました。

 美味しんぼを読んで知ったんですが、ラムとマトンの違いですが、羊は1歳くらいになると門歯が生え始め、それと期を同じくして酵素が出始めて、独特の臭いが出始めるそうです。このお店は、そのラムを提供しています。生ラムと冷凍ラムがあったんですが、今考えると生ラムはどこ産なんでしょうか。。。

 食べ放題は、あと野菜のみ。飲み放題も、生と黒生以外はソフトドリンクだけでした。だから、すぐに腹いっぱいになってしまいます。

070526

 喰い散らかしでスイマセン。制限時間は100分なんですが、100分もいりませんね。単品メニューもあるので、いろいろ食べてみたいのであれば食べ放題にしなくてもいいと思います。周りも途中で帰って行ったせいか、100分を越えても注文しなければ在席してOKでした。

 結局、閉店間際までいて、帰ろうと思ったらバスは既に終了していました。仕方なく、宿までタクシーで帰りました(>_<)

サッポロビール園
札幌市東区北7条東9丁目2-10
11:30~22:00(L.O.21:30)
年中無休(12月31日除く)
0120-150-550

続きを読む "サッポロビール園"

| | コメント (0)

モエレ沼公園

 前回の冒頭文については結構反響がありました。心配していただいてありがとうございます<(_ _)>。えーっと、全く問題ございません。下からの突き上げがあってこそ、健全な組織が成り立つってもんです。むしろ特別ボーナスをいただきたいくらいですよ。雨上がりのワンちゃんは、誉められても怒られても一切成長しませんが、現金なことにお給料に応じて伸びますので、悪しからず。

 その酒宴の出席者の方々からも、何も言われておりません。だいたい、言いがかりをつけるってこと自体、その人に後ろめたさがあるということに他なりませんからね。。。

 話は突然変わりますが、YouTubeの動画をご覧ください。

燃えれいい女。。。

 通常なら「萌え」で攻めるところですが、昭和の男児は敢えて世良さんを矢面に立たせました(^_^;)

 ということで、自腹で前々泊で北の大地に降り立ったのはいいんですが、さすがに2日間も何もしないのはどうかと思ったんで、事前に札幌在住のU氏に連絡しておきました。U氏は新千歳空港まで車で迎えに来るって言ってくれてたんですが、実際に会ってみるとレンタカーで驚きました。どうやら、その当時はたまたま自分の車がなかったようです。なんか悪かったので、後日お中元としてビールを贈っておきました。人生初のお中元でしたよ!(^^)!

 で、早々にネクタイを忘れたことに気づいたので、アウトレットで購入して、向かった先がモエレ沼公園です。公共施設なのにグッドデザイン大賞を受賞しているので、前から気になっていたんですよ。観光スポットとしても定番化されつつあるそうです。

 そもそも、名称の由来なんですが、アイヌ語の「モイレ・ペッ」(流れの遅い川)からきているそうです。 で、沼をゴミで埋め立てて整備したってワケです。設計したのは日系米国人のイサム・ノグチ氏。氏は彫刻が専門ですが、造園にも興味があったようです。

070526

 まず、目立つのがガラスのピラミッドです。周囲に建物がないので、なおさらです。展望所以外にも、レストランやイサム・ノグチのギャラリーがありました。ただ、ガラスの傍に寄ると汚れが目立ちました(>_<)

 写真の奥に見えるのは、モエレ山です。残念ながら霧雨混じりの天気だったので、登頂は断念しました。

 市内にこんな雄大な公園があるなんて、北海道らしいですね☆

モエレ沼公園
北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
7:00~22:00(入園は21:00まで)
無休
011-790-1231

| | コメント (0)

07北海道出張

Vfsh0053

 今日明日は、私が所属する会社で「顧問会議」なるものが開催されています。顧問って、一般的には「顧問弁護士」のように専門的な意見を述べる人や、元役員の名誉職的なポストだったりしますが、弊社は専門書を取り扱う出版社ってことで、その業界に従事していて、早期または定年で退職された方を雇用しています。ですので、大抵60歳前後ですね。

 雨上がりのワンちゃんは事務局的役割で参加するんですが、今晩は「懇親会」という名の酒宴が行われています。いろいろな経緯があり弊社は現在原則として交際費はゼロ円なんですが、会議費用の中に酒宴の代金も潜り込ませているようです。

 雨上がりのワンちゃんもその酒宴に参加するようにと言われたんですが、キッパリとお断り申し上げました。だいたい、社員が参加する会議で地方からの参加者がいても、絶対酒宴代は自腹ですからね。それが、他社出身で弊社には短期間しか在籍していない棺桶に片足突っ込んでいる死に損ないの輩に対してはオゴるってぇのは、到底理解できません。「盗人に追い銭」とはこういうことですよ。それに、会社の金でタダ酒を飲んだってのが社内に広まるのも、批判を受けそうでイヤですからね。

(注:顧問の存在自体を否定しているのではなく、不平感・不正感に立腹しているだけですよ、悪しからず。)

 まあ、たとえタダ酒ではない通常の自腹の酒宴でも、出席はしなかったと思います。金がないのと、金まで払って棺桶に片足突っ込んでいる死に損ないに気を使いたくないのと、仕事がクソ忙しいのと、先週末からルー・ゲーリッグ、略してゲリだからですぅ。。。昨夜も腸の状態を改善させようとヤクルト1パック4本を一気に飲んだら、直後にトイレに直行ですからね。明日は半日くらいは私が喋らないといけない時間帯があるんで、トイレをどうしようか今から悩んでます(>_<)

070526

 で、昨年度からいろいろ社内で喋らないといけない機会が増え(一応講師という役回り)、その一環で北海道の支店に行くことになりました。実は北海道の支店は、東京に応援を頼まない割には高利益率を叩き出しており、そういう場所での喋りに失敗は許されないと思い、万全の状態で臨みたかったので、断腸の思いで、清水から飛び降りる覚悟で、自腹で前々泊しました!(^^)!

 これから数回に渡って、その前々泊時の様子をレポートしたいと思います。なお、一番上の写真は、すすきのを歩いていたときに撮ったものです。下の写真は新千歳空港近くで撮りました。地方とはいえ、札幌周辺では一両編成は珍しいそうですよ。

070526jr

| | コメント (0)

男山酒造り資料舘

 北海道の地酒と言えば「男山」。その蔵が北海道2番目の都市、旭川市内にあるということで、行ってきました。旭川は動物園だけではないですよ。

 こういうお酒に関する施設に行く際に問題になるのが、その足。下戸の人と行くなら問題ないのですが、そういうケースは少ないので、否が応でも公共交通機関を使わなければいけなくなります。ここではそのアクセス方法をご説明します。

 バスで向かうことになるんですが、JRで旭川に着いた人は、駅正面の歩行者天国(平和通買物公園)を北上し、西武百貨店の北側にある大きな通り(一条通)を渡ってすぐにある丸井今井の前にバス停があります。バスで旭川に着いた人は、バスターミナルが一条通沿いにあるので、東に向かっていけば、丸井今井があります。

 そこで、永山方面に向かう道北バスの669・667・67・68・70・71番に乗ります。時刻表はリンク先からどうぞ。凡そ20分程度で「永山2条6丁目」というバス停に到着しますので、そこで降りて、さらに進行方向に数分歩くと到着します。

Dscn1657

 館内には男山の由来や、浮世絵の中に登場する男山の資料のほか、昔使われた桶や酒造りの道具などが展示されています。写真は撮っていないので、あとはご自身の目で見てください<(_ _)>。蔵については、館内からガラス越しに見学できます。冬には仕込みの風景も見学できるそうです。

 そして、メインイベントである試飲ですが、1Fの売店の隅っこで可能です。。。んが、残念ながら1人の店員さんが注文を聞いて注ぐシステムになってます。よって、注いでもらうには並ばねばならず、またご所望の量を注いでもらえないわけです(当然と言われれば当然か(>_<))。

Dscn1652 Dscn1654
Dscn1655 Dscn1656

 お外は、小さいながらも庭園風になっています。酒造に使われる大雪山の伏流水も湧き出ていて、我々見学客も自由に飲むことができます。

Dscn1659

 売店では限定品も販売されています。旭川は、他にも「大雪乃蔵」や「高砂酒造」があります。ハシゴも面白いと思います。どこまで飲兵衛なんだって話ですが。。。

男山酒造り資料舘
北海道旭川市永山2条7
9:00~17:00
無休
0166-47-7080

| | コメント (0)