ダーウィン展

 約11ヶ月振りに雨上がりのワンちゃんが上野の森に舞い戻ってきました。いや、「舞う」って言っても、“闇に舞う蝶、パピヨン” by 山本陽子 ではないですよ!(当たり前か、ハングマンを知らない人には意味不明でしょうな)

 前回は「花展」でしたが、今回は「ダーウィン展」です。いや、「ダーウィン」って言っても、去年までタイガースに在籍していた“ダーウィン・クビアン”ではないですよ!(当たり前か、野球に詳しくない人には意味不明でしょうな)

 場所も前回同様、「国立科学博物館」です。いや、「国立」って言っても、、、止めておきます(爆)

080511_2

 チケットも凝ってるでしょう?これは前売券の中でも限定モノで、ローソンチケットでのみ販売されるものです。(当然、もう販売されていません)

 これらの島は、ダーウィンの進化論と密接な関係にあるガラパゴス諸島の一部です。なお、ガラパゴス諸島は独自の進化を遂げた固有種が多く存在することで有名ですが、「ガラパゴス」という言葉自体が「ゾウガメ」という意味だそうです。ダーウィン自身もここへ立ち寄ったことは有名ですが、この時彼は5年もかけて世界一周を成し遂げていたんですね。通常、学者は研究以外にも教育や論文発表もしなければならないので、5年間も航海するということはありえません。けど、彼は根っからの「観察好き」だったようで、それと裕福な一家の育ちだったので、あんまり名声を上げることに興味がなかったようです。ただ、綿密な観察は進化論以外にも数々の成果を生み出し、たとえ進化論を発表していなくても、生物学者として名を後世に残せただろうと言われています。

 で、会場の中ですが、「とりあえずダーウィンに関係するものを集めてみました」感がアリアリでした。ゾウガメとか、確かに興味深いんですがね。化石や剥製も多く、解説文もいたるところに延々と書かれているんですが、「進化論を化石や剥製を使って分かりやすく説明する」という基本的な視点が抜け落ちていました。雨上がりの日曜ということで子供が多数来場していたんですが、大人でも難しいので、なおさら子供はなんのこっちゃよく分からなかったハズです。

 んまあ、アメリカでは宗教観の違いもあって、未だに進化論を認めていない人が多数いるそうですが。。。

国立科学博物館 特別展会場
東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600

| | コメント (0)

上野動物園やら

 新しい富士通のCMって面白いですね。堤氏があんなコミカルな動きをするとは。一瞬、原田泰造と見間違えたかと思いました。

 前回、上野の店をご紹介しましたが、関連して、上野で撮った写真が発掘されましたので、一挙に公開させていただきます。

Vfsh0082 Vfsh0083
Vfsh0084 Vfsh0086
Vfsh0088 Vfsh0089

 ご存知上野動物園です。はっきり言って、ほとんど記憶が残っていないので、コメントは差し控えさせていただきます。動物はいっぱいいましたよ、人間も含めて、多分。。。

Vfsh0081

 これは、ラクシュミ(LAXMI)というカレーの移動販売店です。以前、会社の近くに週一で売りに来ていたので、毎週買っていました。しばらく来ないな、と思っていたら、こんなところにいました。

Vfsh0080

 ここは、アメ横の「志村商店」。チョコレートの叩き売りの店として有名です。もしかすると、この店の知名度は、意外にも関東外のほうが高いかもしれません。甘いものに詳しい知り合いに聞いたところ、この店は海外よりも安いそうです。

| | コメント (0)

デリー(DELHI) 上野店

 いよいよ、投稿も101回目に突入です。「101」は「ワンちゃん」にとって重要な数字なので、心してかかりたいと思います。

 ところで、皆さんはカレーって今でも食べますか?私は、学生のときはそれほど食べていなかったのですが、社会人になってから周囲(このブログの名付け親であるM.B.氏や、辛いものを食べ過ぎて深刻な事態に陥ったD.M.氏)の影響を受け、一気に食べる回数が増えました。お二人が別部署に異動になってから、また減ってしまいましたが。

 それで、ある方のご推薦を受けて、カレーを食べに行ってきました。元カレー屋の従業員と共に。

 名は、デリー上野店。否でも応でもインドを連想してしまいます。話はそれますが、インドの「ムンバイ」って「ボンベイ」のことだってことを知ってました?私は最近知りました。証券取引所がある関係で、ムンバイという名称は知っていたのですが。。。なお、地名が変更されたのは1995年のことだそうです。

 上野店とは言っても、実際の場所は上野広小路と湯島の間、ドンキの向かいにあります。

Vfsh0090

 昼過ぎに向かいましたが、ご覧のように行列ができています。席はたったの17席しかないようです。カレーなので流れはそれほど悪くなく、数分に1人の割合で人が出て行きます。

 着席し、いざ注文の段階で、私は「デリーカレー」を注文。事前にリサーチしていたので、あっさり決定です。元カレー屋の従業員であり、カレー好きであり、なおかつ辛さに耐性があると豪語する同行者には、「カシミールカレー」を薦めました。

 待つことしばらく、やってきました。正統派インド料理店で出されるカレーや和風カレーとも違う、コクのある深い味わいです。「滋味溢れる~」とは、こういう味のことを言うのでしょうか。

 ただ、残念なのが、行列ができるほどの店なので、長居ができないこと。せっかくなのでタンドーリチキンとかも食べてみたいんですが、つい尻込みしてしまいます。

 それと、同行者ですが、カシミールカレーの辛さに耐え切れず、半泣き状態で汗だくでした。。。(^_^;)

デリー 上野店
東京都文京区湯島3-42-2
11:50~21:30
無休
03-3831-7311

---
<事務連絡>
 会社の研修とかで多忙につき、今週末の更新は、土・日ではなく、日・月になります。

| | コメント (0)

過門香 上野バンブーガーデン店

Vfsh0055

 以前、上野で博物館美術館をハシゴした際に入った店です。雑多な上野を象徴する「じゅらく」の横にあるので、その特異な外観が更に際立って見えます。

Vfsh0054
手ブレすいません

 店に入ってまず驚くのが、この厨房。エントランスのすぐ左側。レジの向かいになります。ただ、一般客の往来があり、目の前の通りの交通量も意外に多いだけに、衛生的にどうなんでしょうか、少し気になります。

 壁際のテーブル席に通してもらいました。ランチは十数種類程、選択肢がありました。その中から選んだのが、、、

Vfsh0053
重慶式 豚角煮あんかけ御飯セット

 それにしても、「重慶式」ってなんなんですかね?よく分かりませんが、「四川風」ってことなのでしょうか。注文時には全く疑問に感じなかったので、店員さんにも聞いていません。今度行かれる方は是非確認してきてください。

 上野でこういうオシャレな店は少ないだけに、貴重な存在だと思います。ただ、上野にそんなものを求めるなという意見も当然あるはずで、悩ましいところです。

過門香 上野バンブーガーデン店
東京都台東区上野公園1-52
11:00~23:30
無休
03-5807-2288

| | コメント (0)

特別展 花 FLOWER ~太古の花から青いバラまで~

 「アートで候。会田誠 山口晃展」のついでに寄ってみました。同行した友人がタダ券を持っていたので行った次第です。実は親戚が神戸で花屋を経営していますが(神戸市在住の方はご贔屓に!)、個人的には花には全く興味がありません。あくまでもタダだから行ったまでです。

 この催しですが、ネーミングが微妙なせいか、「花展」と略されていることが多いようです。大阪の方へ、「放出」ではありません。

Vfsh0056_1

 「花のしくみ」コーナーでは、花の基本的な構造や、その進化の過程を解説してあり、興味深かったです。特に、
・白い花はあるが、白色の色素は基本的に存在しない。白く見えるのは、細胞内の泡が光を反射して白く見えるだけ。(本来透明である)水の泡が白く見えるのと同じ原理です。
・同様に、黒色の色素も存在しない。色素がひたすら濃くなることで、黒色に近づく。
・人間は紫外域を色として感じることはできないが、虫は見ることができる。
・虫媒花には、意外にもハエを媒介とするものが多い。それらは、異臭を発する特徴がある。
だそうです。

 この展覧会の目玉は、サントリーの「青いバラ」。実際には薄紫色と表現するのが妥当かもしれませんが、その美しさには息を呑みます。

 開催は6月17日(日)までなので、興味のある方はお早めに。なお、友人はタダ券をカナデン関係から入手したそうです。

Vfsh0057_1
ショップでこんなものが売られてました

国立科学博物館 特別展会場
東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600

| | コメント (0)

アートで候。会田誠 山口晃展

 Webデザイナーを副業としている身としては(←大ウソ!!)、現代アートには常に触れていたいところ。そんな中、海外にもその名を知られるようになってきている「二人」が一緒に展覧会を開くことになったと聞いて、珍しく前売り券を買って観に行きました。

 余談ですが、前売り券を買ったのは会社近くのローソン(ロッピーだと発券手数料もかからず、お得です)。あれは5月中旬の休日出勤をした日の昼。会社のお偉いさんとバッタリ会いました。ところが、先方はナカナカ私のことに気づいてくれません。気づいたときには、驚くようにして全身を一瞥されました。その時は、Tシャツ、ジーンズ、サンダルというcool bizを前衛的に先取りした格好だったからでしょうね(笑)。

070609

 で、その二人というのが掲題にある、会田誠氏と山口晃氏。略歴については、リンク先でご確認ください。

 会田氏についは、まさに「奇才」という言葉がピッタリと似合うほど、絵画のみならず映像や舞台美術まで領域を広げており、三面六臂の活躍をみせています。初期の代表作「あぜ道」から「ジュースミキサー」、今回初公開の「滝の絵」と、とにかくこの方の発想力には、ただただ驚かされるばかりです。ただ、その発想力が前衛的(特に映像面)なだけに、意外に好き嫌いはハッキリ分かれるかもしれません。

 山口氏の作風は、一見大和絵なんですが、登場する人物や建物が時空を超えて入り乱れており、詳細に観れば観るほど、そのディテールに感心させられます(ディテールの細かさと言えば、昔のこち亀)。以前出版した作品集には、細かい描写を見るためのルーペのしおりが付いたらしいです。また、昔風の建築透視図を用いて描いた、「六本木ヒルズ」や「日本橋三越」、昔の漫画風の「すゞしろ日記」も秀逸でした。

 この展覧会も6月19日(火)まで。14(木)~16日(土)は20:00までですが、通常は18:00まで。一通り観ようとすると2時間程度かかります。。。
社会人の方へ!午後休しても観る価値はありますよ!

上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2
03-3833-4191

「プレスリリース」をダウンロード

| | コメント (0)