ワウディーTOKYO

 またもやジム巡りです。今度は日本一路線価が高い街、銀座です。ついにジムのために銀座まで進出してしまいました。まあ、会社からそれ程遠くないのがウリでもあるんですが。

 今回は、ワウディーTOKYOです。やはり路線価が高いだけあって、東京高速道路の高架下にあります。この東京高速道路は、首都高速道路と異なる民間会社で、ココのように高架下に店舗を作って、その賃貸料で収入を得ているので、道路利用者から料金は徴収していません。ジムは西銀座入口そばにあるので、高速に入っていく車を眺めながらランニングができます。嬉しくないですが。。。

 このジムがある近辺では、高速は東西に伸びているんですが、ジムへの入口は外堀通り側にあります。銀座通り側からは入れません。危うく関係者用階段を上るところでした。お気をつけあそばせ。

 施設は全て2Fにあるので上ると受付があります。入ってすぐ右側に券売機がありますが、法人会員用のチケットは売っていないので、カウンターで\2,100を払います、、、\2,100。銀座価格です(T_T)。

 左側ラウンジ奥に更衣室が左右に広がっています。今まで行ったジムの中でもっともロッカーが広いのは好感が持てます。その更に奥にマシンジムの部屋があります。高架下だけあって幅はかなり狭いです。青山よりもギュウギュウにマシンが置かれています。そして、同じものが複数台置かれているので、マシンジムの種類としてはかなり少ないです。腹筋系のものは全くありませんでした(>_<)。

 人も意外に多かったんですが、他のジムと比べて女性の割合が多かったです!(^^)!。それと、西洋人の割合も多かったです。さすがは銀座です。高田馬場だとアジア系の外国人が多かったりします。

 それで、とんでもない肉体の白人がいました。年齢は40歳くらい、体格は室伏氏以上ですよ。マシンの負荷を最大限にして、さらに肥大化した大昔の貨幣のようなオモリをつけて頑張っていらっしゃいました。そして、力を入れる際に断末魔のような唸り声を出すんですよ。ジム中に聞こえるくらい。同行者とは、こういう方が職場にいると大変だという意見の一致をみました(~_~;)。

 トレーニング終了後はシャワーへ。外国のビジネスホテルのようなブースが15ほどあります。また、奥には3人が入れるスパもあります。

 マシンジムの部屋が狭く、種類も少ないというのは、かなりのマイナスです。他より料金も高いわけですし。ここのメリットは、会社と家からそれ程遠くない点くらいでしょうか。どうしてもジムに行きたかったけど、残業で出遅れてしまった場合くらいしか行く理由が見当たりません。ちょっと残念です。

ワウディーTOKYO
東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル2F
平日7:00~23:00 土曜10:00~21:00 日・祝10:00~19:00
第3日曜日及び年末年始休
03-3538-2590

| | コメント (0)

高はし

 実はこう見えて、意外に計画的なんです。コツコツ派ではありませんが。だから、大体ブログにアップする何日か前には既に原稿を書き終えています。ところが、予期せぬアクシデントがあり、今回予定していた原稿を今回アップできない事態になりました。よって、現在粛々かつ大急ぎで書いています(・。・;。よろしくない部分については後で修正・加筆しますんで、なんかあったらご指摘ください。

 ところで、またココログからお知らせが入ったので、転送します。

---
NHK文化センターブログ講座のご案内

NHK文化センターの青山教室にて、ココログを使った講座が開催されます。
「ブログを始めたいけれど、何から始めればいいのかわからない」という方のために、ココログを使って基礎から応用までを2日間でしっかり学びます。パソコンの操作実習はありませんので、「その場では登録したくない」「操作についていけるのか不安」という方も安心して受講できます。
開催日は3/15、3/29の予定です。詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

→ 2日で覚えるかんたんブログ ~魅せるブログの作り方~
---

 個人的には、ブログなんて「習うより慣れよ」でいいと思うんですが、思わぬテクを伝授してくれるかもしれません。ご興味のある方はどうぞ。ただ、これを受講しても肝心の文章は上達しないんですよ~。なんなら雨上がりのワンちゃんが特別講師をしますよ、手取り足取り腰取りで。ただ、諸般の都合により、美人女性限定とさせていただきます<(_ _)>

 ある初春の日、ランチで築地市場に向かいました。本当は築地市場に向かう時点で、いくつか書かなければいけないことがあるんですが、それは次回にします。

 で、お目当ては、高はしの「あんこう煮」。少々値が張っても、それ以上の価値があるという情報を入手していたので。ただ、残念ながら売り切れ。生ものなので仕方ありません。ただ、ちょっと旬を過ぎていたのかもしれません。これを書いている2月上旬はまだ旬のハズ。誰か一緒に行きませんか???

Photo

 こちらが代わりに注文した「メバルの煮付け」です。この店に限ったことではないんですが、場内の店の魚は大きいのに身がしまっています。普通は肥えた魚を見ると、養殖モノで油っぽいというイメージを持つんですが、このメバルはそんなことは微塵も感じさせませんでした。夢中でしゃぶりついちゃいました。

Photo_2

 こちらは同行者が注文した「アナゴ丼」です。この店の看板メニューだけあって、同行者も満足したようです。傍目には、アナゴの少なさが気になりますが。。。

 この店へは、とにかく早く行ったほうがいいですね。昼に行くと品切れ続出ですからね。観念して早起きしましょう。それと、これもこの店に限ったことではないんですが、「築地は安い」と言っても、すき家とか大戸屋とかの価格帯のお店はありません(例外として、吉野家の第1号店はありますが)。お近くの銀座に比べて同じお魚が半値程度で提供されるっていう意味の「安い」ですので、お間違えなく。上の料理だって普通に4桁ですゼ!

Vfsh0045

高はし
東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号棟11
7:00~13:00
日祝・市休日休
03-3541-1189

| | コメント (0)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店 後編

(前編からの続き)

 前回の初挑戦の際はポンポンを下して大変な事態になったので、同じ轍は踏まない雨上がりのワンちゃん。今回はバッチリ対策を練りました。

 具体的には、まず当日朝、コンビニでやきいもを買って食べました。食物繊維を摂ってお通じを良くするためです。胃が小さくなるのを防ぐため、昼食もちゃんと摂って、出すもの出して(笑)、退社前に胃腸薬を飲んで準備万端です。

 メンツは、いつものB.D.氏とM.D.氏。ただ、オッサン3人がフルーツにしゃぶりついているのは絵的にどうかという問題と、テーブル席に座った場合、残りの1席がどうなるかということを危惧しまして、今回は(初回だけど)ゲストを呼ぶことにしました。ハリウッドからわざわざ来てくれた「エディ・マーフィー」です。

 会場の飯野ビルは東京メトロの霞ヶ関駅に直結していますが、霞ヶ関駅は千代田線、日比谷線、丸の内線の3線で「コ」の字型になっているので注意が必要です。直結しているのは千代田線で、その他の路線は意外に歩きます。都営三田線の内幸町駅や銀座線の虎ノ門駅からも近いです。私は「エディ・マーフィー」を迎えに行ったので、2人でペニンシュラ東京から日比谷公園を通って歩きましたが(^・^)

 一応早めに着いて、それより早めに着いていたB.D.氏と合流しましたが、開始時間になるまで入れないので、あんまり早く着く必要はありません。気持ちは前に向かっているんですがね。

 受付では名前を言うと席に通されます。配置は事前に決まっているようです。席自体は結構狭いです。フルーツの取り過ぎに注意です。お客の構成は、おば様グループが中心ですが、男性もいます。独り客もいます。けど、何となく「エディ・マーフィー」を連れてきて正解だった雰囲気でした(^_^;)。

Dscn3080_2

 まず、店員さんに「マンゴーカレーライス」と「パイナップルハッシュドビーフライス」のどちらがいいか聞かれます。「フルーツをたくさん食べさせないための作戦だな」とお思いでしょうが、そんなに量はないのでペロリです。しかも、ルーには大柴ではなくフルーツがふんだんに使われています。それはもう、りんごと蜂蜜がFallin' Loveどころではありません。前回はハッシュドビーフを頼んだので、今回はカレーにしました。超甘口ですが、どちらも美味しゅうございます。なお、これらは食べ放題ではありません。最初の一皿のみです。

 で、店員さんの開始の合図でいよいよ食べ放題がスタートです。急いては育ちの悪さがバレますので、敢えてゆっくりペースです。けど、そんなことをしなくてもババァパワーに負けます(>_<)

Dscn3079 Dscn3082

 フルーツのメニューは、旬に合わせて変わるようです。この日は、マスクメロン、赤肉メロン、ランブータン、梨、マンゴー、ライチ、柿、洋梨、キウイ、スターフルーツ、ドリアン、マンゴスチン等々がありました。飲み物は、パッションフルーツジュース、ミックスジュース、コーヒーでした。

Dscn3083_2 Dscn3085_2

 しかし、皆さん、こんな感じ(左)で黙々とフルーツと格闘しています。そして、フルーツが置いてある台はこんな感じ(右)になります。フルーツはほとんどが水分とはいえ、1時間も経たないうちに腹いっぱいになります。

Dscn3086_2

 最後にデザート(この日は柿のアイスクリーム)が配られます。女性のデザートは別腹だと古の言葉にありますが、残念ながらデザートは食べ放題ではありません。我々は制限時間いっぱいまで残りましたが、デザートを食べた段階ですぐ帰る方が多かったです。

 外側の皮は、剥がれているか目立たないように置かれているので、おそらく流通段階で発生した傷モノを使っているのだと思われますが、美味しかったので年1回程度のペースで行ってみたいです。次回は日本橋本店で。「エディ・マーフィー」も満足そうにしていたので、有楽町で置き去りにして帰途に着きました(^_^;)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル1F
8:30~17:30(月・火は~18:00)  ←通常営業時
03-3502-8211

| | コメント (0)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店 前編

 この度めでたく「食い倒れ部」を結成させていただくことになりました。それで記念すべき第1回目は千疋屋です。千疋屋と言っても3つあるってご存知でしたか?

 1つは京橋千疋屋。小田急沿線に店舗が多いのが特徴的です。

 もう1つは銀座千疋屋。最近話題の「銀座カクテル」をサントリーと提携発売しているのはココです。

 そして、今回の千疋屋総本店。上記二つの千疋屋は、こちらからのれん分けしてできた店です。ですのでこちらが元祖と言うべき存在です。

 いわゆるデパートに出店している店舗が多く、ほとんどが物販専門店ですが、中にはフルーツパーラーも行っている店舗もあります。それが、日本橋本店舞浜イクスピアリ店、そして今回の内幸町飯野ビル店です。

 上記3店が日時限定で「世界のフルーツ食べ放題」をやっているというわけです。知っている方も多いかもしれませんが、この予約を取るのが大変なんですよ~(>_<)。ここでは予約方法をご説明します。

まず、その日時なんですが、、、

店舗

開催日

時間

日本橋本店

19:00~21:00

内幸町飯野ビル店

水・木・金

18:30~20:0

舞浜イクスピアリ店

19:00~21:00

になります。ただし、祝日と重なったり年末年始・お盆の時期等は、日程変更やお休みの場合もありますので、詳細は上の各店舗のリンク先で確認してください。

 気になるお値段ですが、日本橋本店のみが\4,200で、他が\3,150です。この違いがナンなのか、内幸町飯野ビル店しか行ったことがない私には分かりません。若干メニューの数が違うようですが。。。

 予約方法は、ネットか電話なんですが、ややこしいことに店舗によって予約開始時間が異なるんですよ~。

店舗

Web予約受付

電話予約受付

日本橋本店

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

開催月の1ケ月前の1日午前10時より

内幸町飯野ビル店

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

舞浜イクスピアリ店

開催月の2ケ月前の1日午前9時より

開催月の2ケ月前の1日午前11時より

です。ただ、予約開始日が土日祝日の場合は、翌営業日になるようです。詳細はやはり上の各店舗のリンク先で確認してください。

 淡々と書いたんですが、これが意外に大変です。まず、予約開始日が平日の午前中なわけですよ。普通の社会人なら勤務時間中です。この難関をどう折り合いを付けていくか、自己責任でお願いします。

 仮に自由にWebを使える環境が整ったとします。けど、難関はあります。なかなか繋がりません、Webに(T_T)。ですので、ナローバンドはオヨビでなく、予約開始時間ぴったりにアクセスする必要があります。保険をかけようとして、いくつもブラウザを立ち上げて申し込むのは逆効果です。二兎追う犬は、、、ってヤツです。オススメは参加メンバー全員でそれぞれ別の候補日を申し込むことです。それでも簡単には申し込めませんよ。ダメ元感覚でいた方が無難です。

 無事申し込みができても安心してはいけません。千疋屋からの予約確認のメールが来ないと正式な予約完了とはみなされません。これは多分、会場の席のレイアウトによる影響だと思われます。特に大人数分を申し込まれた方は要注意です。

 あとは当日まで待つのみです。松野明美

 それと、イクスピアリという非常に浮かれた場所にもありますが、全店舗12歳未満のジャリん子は入店できません。家族で来ようと思った方は残念でした。

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル1F
8:30~17:30(月・火は~18:00)  ←通常営業時
03-3502-8211

(当日の模様は後編に続く)

| | コメント (0)

矢場とん 銀座店

 銀ブラというよりは、昼飯を求めて昼下がりの銀座を彷徨っていた時、偶然見つけて入店を即決しました。今まで名古屋に行ったことは何度かあるものの、矢場とんの本店が「矢場町」という繁華街「栄」からちょっと離れたところにあり、未訪でした(実は「エスカ」にも支店があったことは後に判明。エスカと言えば「山本屋本店」という程度の認識しかありませんでした。)。

 入店してみると「ミャーミャー」と方言が飛び交い、、、ということは一切ありませんでしたが、オリジナルグッズが所狭しと並べられていました。そして、中日ドラゴンズグッズも。。。

 1Fのカウンターに通され、気を取り直してメニューを見ていると、
「わらじみそかつ」
という文字が真っ先に目に入りました。これは雨上がり一族として挑戦しない手はありません(意味不明)。

070204
わらじみそかつ定食\1,680也

 本来であれば、味噌に付けられている時点でふやけた歯ごたえになるはずですが、敵もさる者引っ掻くもの、衣に工夫を加えているようで、カラッとした食感を味わえます。味噌自体はちょっと甘めです。よくよく思い出してみると、とんかつソースも甘いんですが、酸味のおかげでそれが緩和されてますよね。

 というわけで、完食はしましたが、口も胃も相当疲れました。甘い味噌は終盤になると堪えますね。とはいえ、銀座では使い勝手のある店だと思います。「えびふりゃー」もありますし。

矢場とん 銀座店
東京都中央区銀座4-10-14
11:00~22:00
月休
03-3546-8810

| | コメント (0)

アフリカンフェスタ2007

 前週のタイフェスティバルに続いて行ってきました。これでも「ご当地フェスフェチ」と言われてもいいのではないでしょうか???

 タイフェスティバルとの違いは、、、
・会場が日比谷公園(タイフェスは代々木公園)
・駐日大使館がある全ての国が共同出展
・主催が「外務省」(タイフェスはタイ王国大使館
ということが挙げられます。これ、意外に重要で、タイフェスよりこじんまりとしており、おカタいイベントが開催される遠因になっています。

Dscn2160
いつもの日比谷公園が
Dscn2161
テントジャングルに

 基本的に1国1ブース(テント)で、それにフードコーナー、ステージやNGOコーナーが脇を固める布陣になっていますが、、、

Dscn2173

 左から、ニンテンドーDSに興じる若者、バランスボールの休憩中のオッサン、ボケ始めたオジジ、のようですが違います!不思議な音色を奏でております。

 気になるお食事は

Dscn2165
トルコの専売特許にあらず
Dscn2166
チキン屋郎
Dscn2167
か、かぶりつきたい!
Dscn2175
現地食の盛り合わせ

ってことで、やはり大混雑でした。しかも微妙に離れたところにもフードコーナーがあり、そこは見落としてしまいました(ToT)

 そんな中、購入したのがコチラ

Dscn2170 Dscn2172

 明らかに食いすぎです。しかもシートの柄はナンダって感じです(^_^;)
新宿ルミネエストの「3COINS」で購入しましたゼ。

 どうやら、公園に行くと爆睡する癖がついてしまったようで、この後お昼寝してから帰りました。実は激しくビールは飲んでいたので。

Dscn2162
アドゴニーです
Dscn2174
ヒデ(今澤徹男)です
Dscn2163
ゴリラです
Dscn2164
雨上がりのワンちゃんです

アフリカンフェスティバル
東京都千代田区日比谷公園1-6
03-3468-5562

| | コメント (0)

R25cafe

R25cafe

 先日、冗談抜きに銀座を所在無くブラブラしていたら、偶然通りがかりました。以前からR25は読んでいたので存在は知っていましたが(最近ではL25まで読んでいます(^_^;))、実物を見たのはこれが初めてでした。

 地方在住の知り合いもいるので補足しておくと、R25についてはコチラをご覧ください!(手抜き気味)

 そして、偶然にも5月12日(土)の時点で「トラベルR25」を入手して読んでいたので、その中に書かれていたある情報を瞬時に思い出しました。それは、、、

タダでドリンクを飲める

ってことです。。。それで、説明をつらつらと書こうと思ったんですが、どう考えてもコチラのページに書かれていること以上は書けないので、リンクを貼って私の挨拶に代えさせていただきたいと思います<(_ _)>

「R25カフェ」がスター アライアンス仕様に変身!

 あっ、もうトラベルR25は品切れでした!
この特典は27日(日)までなので、ご訪問はお早めに(通常の営業はこれからも続く予定です)。

R25cafe
東京都中央区銀座7-3-5 リクルート銀座7丁目ビル1F
03-3575-6825
8:00~21:00(平日)、9:00~20:00(土日祝日)

| | コメント (0)