A&W 宮古下里通り店

 今週はビデオの編集に追われています。来週、新潟在勤の会社同期の披露宴に行ってまいります。同期ということで余興を頼まれたんですが、「珍しく」脱がないでビデオレターを放映します。東京からは我々同期しか行かないもので。

 撮るのはそれほど難しくないんですけどね。三脚でカメラを固定すれば済むので。けど、編集ですよ、編集。コントとかネタをやったり、不謹慎な発言をする輩もいるのでタイヘンです。オープニングやエンディングも作る必要があるので。

 凝ろうと思えばキリがないんですが、せっかくの同期の披露宴。残り少ない時間でできる限り最善を尽くそうと思います(^_^)v。だから、最近とにかく時間に追われています。

 前回、「ペンション スター」という宿に泊まった話を書きましたが、この宿の1Fは「A&W」というファーストフードのチェーン店になっていました。出張時の宿にファーストフード店があったら、入り浸るに決まっているジャマイカ!と思ったので、なるべく行かないようにと心の中で決めていたんですが、早速2日目の昼食に使ってしまいました(^_^;)

070703aw

 こちらが注文した品です。立ち位置から分かるように、A&Wと言えばルートビア、ルートビアと言えばA&Wです。ルートビアは「root beer」なので、植物の根とかいろいろ混ぜて作るそうですが、特に決まった製法はありません。

 お味なんですが、「甘味のあるハーブ炭酸」といった感じでした。薬草っぽいのがポイントで、好き嫌いがハッキリ分かれる味のように思えました。私はそもそも炭酸飲料自体を好まないので、あまり語ることができません。。。

 このA&Wのルートビア凄いところは、おかわり自由なんですよ!(^^)!。そして、その割には(S)、(R)、(L)と3サイズもあります。おかわり自由なら、Sサイズのみしか需用がないような気もしますが、どうなんでしょう。。。

 肝心のお肉ですが、昔アメリカで食べたハンバーガー同様、肉のイノシン酸の旨みで勝負しているとお見受けしました。副材のレタスのジューシーさとか、ピクルスの酸味とか、そういうのは一切捨てています。てりやきバーガー好きとかには受け入れられなさそうですが、これはこれでいいと思います。

 過度な期待は危険ですが、アメリカ本土の影響をいまだ色濃く受けている沖縄ならではの「郷土料理」と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 あと、ポテトは「カーリーフライ」と呼ぶようです。カールしているからじゃないでしょうか。カールしていないポテトは「スーパーフライ」だそうです。

A&W 宮古下里通り店
沖縄県宮古島市平良下里571-11
9:00~24:00
無休
0980-73-4604

| | コメント (0)

ジェフ サンライズ那覇店

 沖縄ならではのファーストフード店と言えば、A&Wか今回ご紹介するJefですよね!(本当は、この2店以外を知らないだけかもしれませんが)

 以前にもご紹介しましたが、沖縄へ出張する機会があり、独りで夕食を食べる機会があったので、逆に徒党を組んでは行かないような店に入った次第です。ガイドブックにも載っていたので。

 場所は、沖縄の竹下通り的存在の国際通りを脇に入って、公設市場の更に先になります。大多数の観光客は公設市場で引き返すので、ローカル色溢れる地域でもあります。なお、公設市場の正式名称は「第一牧志公設市場」で、隣接する建物には購買部や衣料部もあります。第二牧志公設市場は閉鎖になったようです。

 それで、Jefの特徴は、地元沖縄の食材を積極的に取り入れ、独自のメニューを生み出しているところにあります。ゴーヤーチャンプルーをバンズにはさんだ「ゴーヤーバーガー」や、ソーキをバンズにはさんだ「ソーキバーガー」等々あります。そんな中、オーダーしたのは、、、

Vfsh0003

 「ぬーやるバーガー」です。ゴーヤーバーガーにさらにポークが入っています。写真では分かり辛いかもしれませんが、ゴーヤーチャンプルーやポークがそのまま入っているのではなく、オムレツ風になっていて、パテとして使われています。薄味なので、ジャンキー(ジャンクフード好き)には少し物足りないかもしれません。けど、郷土料理に食傷気味になったジャンキーにはいいかもしれません。まあ、結局は郷土料理が中に入っているわけですが。。。(笑)

 あと、今回はセットで注文して、ポテトを「スターポテト」に変更してもらいました。違いは、、、形だけです(爆)。

ジェフ サンライズ那覇店
沖縄県那覇市壺屋1-1-5
8:30~21:00
無休
098-867-4941

| | コメント (0)

be 東京ミッドタウン店

 以前、東京ミッドタウンのサントリー美術館に行ったことをお伝えしましたが(余談ですが、私はミッドタウンのことをどうしても「ミッドランド」と言ってしまいます。ミッドランドって中部地方のことなんですが。。。)、グルマンな雨上がりのワンちゃんは、もう1件マーキングをしていました。それが今回ご紹介する「be」です。

 beは、「boulangepicer」(ブーランジェピシエ)の略で、これは、パン屋を意味する「boulangerie」(ブーランジェリー)と食材店を意味する「epicerie」(エピスリー)を足し合わせた造語だそうです。わずかアルファベット2文字なのに随分と深い裏物語があり、とりあえず勝手に感心してしまいました(^^♪

 この店をプロデュースしたのは、アラン・デュカス氏。史上最年少で3つ星を獲得し、史上初異なる国で3つ星をつけられたフランス人のシェフです。その勢いそのままに、プロデュース業でも大成功を収めています。

 そんな彼は、アンデルセンと提携して、この店を運営しているようです。他には、伊勢丹新宿店があります。パンはアンデルセンの所有するbe専門の厨房でつくられているそうです。

Photo Photo_2

 それで、購入したのはリヴレ。セモリナ種という小麦粉でつくった開いた本の形のパンです。それと、店員さんにオススメを聞いて決めたフガセット(オリーブ/ガーリック)。それぞれ357円、462円なので、結構な値段です。

 写真は家で撮りましたが、翌日会社でいただきました。フガセットの香りがシャゼリゼ通りのカフェ「フーケ」を思い出させてくれます(大ウソ!!)。お味は月並みな表現ながらも「普通に美味しい」です。むしろ、奇をてらってないところに好感が持てます。

 狭いながらも併設しているカフェには、パンと飲み物のセットメニューもありました。 また、オリーブオイルや缶詰等も販売していたので、お土産にどうぞ。

be 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリアB1F
11:00~21:00(20:30 LO)
無休
03-5413-3202

| | コメント (0)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店 後編

(前編からの続き)

 前回の初挑戦の際はポンポンを下して大変な事態になったので、同じ轍は踏まない雨上がりのワンちゃん。今回はバッチリ対策を練りました。

 具体的には、まず当日朝、コンビニでやきいもを買って食べました。食物繊維を摂ってお通じを良くするためです。胃が小さくなるのを防ぐため、昼食もちゃんと摂って、出すもの出して(笑)、退社前に胃腸薬を飲んで準備万端です。

 メンツは、いつものB.D.氏とM.D.氏。ただ、オッサン3人がフルーツにしゃぶりついているのは絵的にどうかという問題と、テーブル席に座った場合、残りの1席がどうなるかということを危惧しまして、今回は(初回だけど)ゲストを呼ぶことにしました。ハリウッドからわざわざ来てくれた「エディ・マーフィー」です。

 会場の飯野ビルは東京メトロの霞ヶ関駅に直結していますが、霞ヶ関駅は千代田線、日比谷線、丸の内線の3線で「コ」の字型になっているので注意が必要です。直結しているのは千代田線で、その他の路線は意外に歩きます。都営三田線の内幸町駅や銀座線の虎ノ門駅からも近いです。私は「エディ・マーフィー」を迎えに行ったので、2人でペニンシュラ東京から日比谷公園を通って歩きましたが(^・^)

 一応早めに着いて、それより早めに着いていたB.D.氏と合流しましたが、開始時間になるまで入れないので、あんまり早く着く必要はありません。気持ちは前に向かっているんですがね。

 受付では名前を言うと席に通されます。配置は事前に決まっているようです。席自体は結構狭いです。フルーツの取り過ぎに注意です。お客の構成は、おば様グループが中心ですが、男性もいます。独り客もいます。けど、何となく「エディ・マーフィー」を連れてきて正解だった雰囲気でした(^_^;)。

Dscn3080_2

 まず、店員さんに「マンゴーカレーライス」と「パイナップルハッシュドビーフライス」のどちらがいいか聞かれます。「フルーツをたくさん食べさせないための作戦だな」とお思いでしょうが、そんなに量はないのでペロリです。しかも、ルーには大柴ではなくフルーツがふんだんに使われています。それはもう、りんごと蜂蜜がFallin' Loveどころではありません。前回はハッシュドビーフを頼んだので、今回はカレーにしました。超甘口ですが、どちらも美味しゅうございます。なお、これらは食べ放題ではありません。最初の一皿のみです。

 で、店員さんの開始の合図でいよいよ食べ放題がスタートです。急いては育ちの悪さがバレますので、敢えてゆっくりペースです。けど、そんなことをしなくてもババァパワーに負けます(>_<)

Dscn3079 Dscn3082

 フルーツのメニューは、旬に合わせて変わるようです。この日は、マスクメロン、赤肉メロン、ランブータン、梨、マンゴー、ライチ、柿、洋梨、キウイ、スターフルーツ、ドリアン、マンゴスチン等々がありました。飲み物は、パッションフルーツジュース、ミックスジュース、コーヒーでした。

Dscn3083_2 Dscn3085_2

 しかし、皆さん、こんな感じ(左)で黙々とフルーツと格闘しています。そして、フルーツが置いてある台はこんな感じ(右)になります。フルーツはほとんどが水分とはいえ、1時間も経たないうちに腹いっぱいになります。

Dscn3086_2

 最後にデザート(この日は柿のアイスクリーム)が配られます。女性のデザートは別腹だと古の言葉にありますが、残念ながらデザートは食べ放題ではありません。我々は制限時間いっぱいまで残りましたが、デザートを食べた段階ですぐ帰る方が多かったです。

 外側の皮は、剥がれているか目立たないように置かれているので、おそらく流通段階で発生した傷モノを使っているのだと思われますが、美味しかったので年1回程度のペースで行ってみたいです。次回は日本橋本店で。「エディ・マーフィー」も満足そうにしていたので、有楽町で置き去りにして帰途に着きました(^_^;)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル1F
8:30~17:30(月・火は~18:00)  ←通常営業時
03-3502-8211

| | コメント (0)

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店 前編

 この度めでたく「食い倒れ部」を結成させていただくことになりました。それで記念すべき第1回目は千疋屋です。千疋屋と言っても3つあるってご存知でしたか?

 1つは京橋千疋屋。小田急沿線に店舗が多いのが特徴的です。

 もう1つは銀座千疋屋。最近話題の「銀座カクテル」をサントリーと提携発売しているのはココです。

 そして、今回の千疋屋総本店。上記二つの千疋屋は、こちらからのれん分けしてできた店です。ですのでこちらが元祖と言うべき存在です。

 いわゆるデパートに出店している店舗が多く、ほとんどが物販専門店ですが、中にはフルーツパーラーも行っている店舗もあります。それが、日本橋本店舞浜イクスピアリ店、そして今回の内幸町飯野ビル店です。

 上記3店が日時限定で「世界のフルーツ食べ放題」をやっているというわけです。知っている方も多いかもしれませんが、この予約を取るのが大変なんですよ~(>_<)。ここでは予約方法をご説明します。

まず、その日時なんですが、、、

店舗

開催日

時間

日本橋本店

19:00~21:00

内幸町飯野ビル店

水・木・金

18:30~20:0

舞浜イクスピアリ店

19:00~21:00

になります。ただし、祝日と重なったり年末年始・お盆の時期等は、日程変更やお休みの場合もありますので、詳細は上の各店舗のリンク先で確認してください。

 気になるお値段ですが、日本橋本店のみが\4,200で、他が\3,150です。この違いがナンなのか、内幸町飯野ビル店しか行ったことがない私には分かりません。若干メニューの数が違うようですが。。。

 予約方法は、ネットか電話なんですが、ややこしいことに店舗によって予約開始時間が異なるんですよ~。

店舗

Web予約受付

電話予約受付

日本橋本店

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

開催月の1ケ月前の1日午前10時より

内幸町飯野ビル店

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

開催月の1ケ月前の1日午前9時より

舞浜イクスピアリ店

開催月の2ケ月前の1日午前9時より

開催月の2ケ月前の1日午前11時より

です。ただ、予約開始日が土日祝日の場合は、翌営業日になるようです。詳細はやはり上の各店舗のリンク先で確認してください。

 淡々と書いたんですが、これが意外に大変です。まず、予約開始日が平日の午前中なわけですよ。普通の社会人なら勤務時間中です。この難関をどう折り合いを付けていくか、自己責任でお願いします。

 仮に自由にWebを使える環境が整ったとします。けど、難関はあります。なかなか繋がりません、Webに(T_T)。ですので、ナローバンドはオヨビでなく、予約開始時間ぴったりにアクセスする必要があります。保険をかけようとして、いくつもブラウザを立ち上げて申し込むのは逆効果です。二兎追う犬は、、、ってヤツです。オススメは参加メンバー全員でそれぞれ別の候補日を申し込むことです。それでも簡単には申し込めませんよ。ダメ元感覚でいた方が無難です。

 無事申し込みができても安心してはいけません。千疋屋からの予約確認のメールが来ないと正式な予約完了とはみなされません。これは多分、会場の席のレイアウトによる影響だと思われます。特に大人数分を申し込まれた方は要注意です。

 あとは当日まで待つのみです。松野明美

 それと、イクスピアリという非常に浮かれた場所にもありますが、全店舗12歳未満のジャリん子は入店できません。家族で来ようと思った方は残念でした。

千疋屋総本店 内幸町飯野ビル店
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル1F
8:30~17:30(月・火は~18:00)  ←通常営業時
03-3502-8211

(当日の模様は後編に続く)

| | コメント (0)

ヤクン・カヤ・トースト

 前回の続きです。

 シンガポール在住経験のある方から、カヤトーストは美味しかったという情報を得て、食後に向かいました。同行者も、短期ながらシンガポールに在住していたそうですが、知らなかったそうです。

 テイクアウト用に、ベーシックなのを一つ購入。店員さんは平井堅並みの顔の濃さでした。。。

070517

 帰宅後に早速食しました。当然ながら作り立てではないので、パンが固くなってカリカリ感がすっかりなくなっています。ウリであるカヤジャムも、昔給食時に出されたジャムのような素朴な味わいでした。これで280円はちょっとどうかなと思いました。ただ、現地ではおやつに食べられるなど嗜好品のようですので、口に合う合わないは、はっきり分かれそうな気がします。

 同行者は、
「嫁がほとんど食ったから、あんまり食ってねえけど、まあウマかったよ。今度シンガポールに行ったら現地で食ってみるよ。この店は高いから二度と来ねえけど。」
とのことでした。

Vfsh0052_1
噴水と回廊風の滝
Vfsh0058
滝の内側はこんなです

 ついでに、施設内をぶらぶら歩いてみました。ドック(船の建造・修理などを行うために構築された設備)とドッグをかけているようで、ペットウェルカムエリアやドッグランを設けるなど、ワンちゃんには優しい配慮がなされており、喜ばしい限りです(^^♪

Vfsh0057

 噴水の奥に定置型のジブクレーンが見えます。これはココが以前、石川島播磨重工、略してIHIの工場があった名残です。

ヤクン・カヤ・トースト
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドックららぽーと豊洲1F
03-6910-1271

| | コメント (0)

R25cafe

R25cafe

 先日、冗談抜きに銀座を所在無くブラブラしていたら、偶然通りがかりました。以前からR25は読んでいたので存在は知っていましたが(最近ではL25まで読んでいます(^_^;))、実物を見たのはこれが初めてでした。

 地方在住の知り合いもいるので補足しておくと、R25についてはコチラをご覧ください!(手抜き気味)

 そして、偶然にも5月12日(土)の時点で「トラベルR25」を入手して読んでいたので、その中に書かれていたある情報を瞬時に思い出しました。それは、、、

タダでドリンクを飲める

ってことです。。。それで、説明をつらつらと書こうと思ったんですが、どう考えてもコチラのページに書かれていること以上は書けないので、リンクを貼って私の挨拶に代えさせていただきたいと思います<(_ _)>

「R25カフェ」がスター アライアンス仕様に変身!

 あっ、もうトラベルR25は品切れでした!
この特典は27日(日)までなので、ご訪問はお早めに(通常の営業はこれからも続く予定です)。

R25cafe
東京都中央区銀座7-3-5 リクルート銀座7丁目ビル1F
03-3575-6825
8:00~21:00(平日)、9:00~20:00(土日祝日)

| | コメント (0)