大和寿司

 まだちょっと体調が戻らない雨上がりのワンちゃんです(>_<)

 前回、勝どきに泊まったのは、ちゃんと目的があります。築地ですよ、築地。ポッポ風に言うと「ジーツキ」です!(^^)!

 築地へはとにかく早起きせねばならず、そこまでの気骨がないので、なにかきっかけがないと行けません。今回は親が起こしてくれますし、時は金曜日で土曜ではないので、意外に空いているのではという読みです。

 まあ、こういう状態ですが、これは店を出たときの状態、8時前。平日でも7時頃までに到着することをオススメします。噂では月曜や冬季が若干空いているようです。

Dscn2077 Dscn2078

 こちら大和寿司ですが、その前に築地市場のご紹介を。市場なので、何が行われるかは皆さんご存知の通りですが、物販や飲食ができる棟がいくつかあります。棟と言っても、それほど立派なものではございません。昔の「長屋」を頭に浮かべていただければとよろしいかと。

 通常1店舗1区画なんですが、大和寿司のみ2区画分占有しています。理由は分かりません。向かって左側を店主が、右側を若旦那が率いています。今回で大和寿司は2度目なんですが、両方ともたまたま店主に握ってもらっています。こればっかりは運なんですけどね(指名不可)。

 この日のセットメニューはコチラ。当然ながら出荷される状況によって、ネタは変化します。寿司屋は値段と量を考慮して、メニューを組み立てていくわけです。ウニがないとか、イクラがないとか、そういうことを言うのは野暮です。

・紀州産本マグロ
・車えび
・ロシア産ウニ
・中トロ
・巻きもの(マグロ、イクラ)
・スミイカ
・玉
・車えびの御頭

 これで3,500円也。あとはお好みでお好きなだけ。ウニは日本より北のロシアの方が良質だそうです。勘ですが、歩いて行ける銀座で同等のモノを食べようとすると、約2倍の金額がするような気がします、あくまでも勘ですが。。。

 まず、煮切りが塗ってありますので、基本的に醤油をつける必要はありません。ちゃんと事前に言われるので、ここで敢えて憶えることもありませんが(^_^;)。肝心要のお味ですが、今後は回転寿司のことを略さず回転寿司と言いたくなります。意味分かりますか(?_?)

 回転寿司の寿司とは次元が違うんです、ネタもシャリも海苔も!(^^)!。まあ、江戸時代の寿司は、軽食やおやつ扱いだったので、位置づけとしては回転寿司のほうが近いかもしれませんけど。。。

 元々、私は白身魚の方が好きで、赤身は血生臭さと細胞繊維の中に入り込んだ水分の食感がどうかなと思っていたんですが、ここの鮪はまさにとろける感じ。味の玉手箱(by彦麻呂)です。

 早起きしないといけない、数時間待つ場合もある、店内は古いかつ狭い、待つ割には20分程度で終了、そして3,500円。

 これを全て了承できる人にとっては、最高でしょう。逆に1つでも納得できない項目がある方にとっては、最悪になることでしょう。。。

Dscn2075

 ところで、場内で見つけた1枚。発砲ではなく、発泡スチロールです(^^♪。処分に困って持ち込んで放置する輩がいるんでしょうね。

Dscn2080 Dscn2081

 場外にも様々な店があります。乾物と剥製が一緒に並べられているのは奇妙ですが、こういうのは1店舗だけです。こういう観光気分も堪能できる築地ですが、実際お仕事で買い付けにやってくる人たちは、おにぎり等を持参して自動車の中で食べたり、喫茶店で軽食を摂ったり、意外と魚を食べることは少ないそうです(^_^メ)

Dscn2082

大和寿司
東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場6号館
5:30~13:30
日祝・築地市場定休日休
03-3547-6807

| | コメント (0)

元祖 へんくつや 新天地店

 先日、請われてある打合せに出席したんですよ。「請われて」なんて上から目線ですが、私は打合せをする程でもないと思っていたので、こういう表現になります。発案者からは20分程度だと社内メールで連絡があったんですが、実際には10分程度で散会の雰囲気になりました。
ところが、そこでその発案者が言ったセリフが「どうしよう、20分までまだ時間がある。」でした。

 どうなんでしょうか、これが社会人の時間管理術なんでしょうかね。そのときちょうど私はポンポンが痛くて顔をしかめていたんですが、それを見た犬theワンちゃんが、私が不機嫌になっていると周囲に触れ回ったようなんですよ。ポンポンは痛いし、時間の無駄だったし、好感度がさらにまた下がるし、もう最悪でした(>_<)

071013

 それで、旅行の続きです。ベロベロになりつつもなんとか酒まつりから広島市街地に戻ってきたんですが、せっかくの広島だからってぇことで、ちょいとお好み焼きでもと思い、行ってまいりました。行ったのは「元祖 へんくつや 新天地店」です。

 とかなんとか言って、この店に決めた理由は、阪神タイガースの選手御用達だからだそうです!(^^)!

 この店はチェーン店で(一覧はコチラからご覧ください)、どの店舗にどういう形で来訪するのか不明です。というのも、個室とかの設備はどの店舗にも無いからです。しかも、全て広島市中区という繁華街にあります。もちろん、広島遠征の際だというのは明らかなんですけど、ビジターで相手側の繁華街にどうどうと乗り込むってのが不思議です。

 ちょうど訪問した日はクライマックスシリーズが行われており、阪神タイガースはボロボロの試合展開で、家族一同落ち込んでいました。けど、やはりこのお店のテレビでは、試合を放送していましたね。

 私は常々、お好み焼きにはお好み焼きの限界があると主張しています。言うても粉モンですからね。しかも、関西風メインですから、そこまで料理人の技量が問われる局面はないと思っています。けど、このお店は、麺はしっかり押さえつけたり、いろいろ工夫がなされているようです。私の言う限界には達していませんが、じゅうぶんに満足できました。

 来年は新しい広島市民球場観戦を画策しているので、その時にも行ってみたいですね。いや、やはりこの店かも(^_^;)

元祖 へんくつや 新天地店
広島市広島市中区新天地2-12 西豊ビル1F
11:00~翌3:00
年中無休
082-242-8918

---
<事務連絡>
 土曜日は出張から戻ってきた足で研修(教える側)に参加したりで、ちょっと記事を書く時間がないのでお休みさせていただきます。この記事も出張中のアップではあるんですが。。。というわけで次回の更新は5日(日)です。

| | コメント (0)

お食事処 すむばり

 普通に朝自宅を出ても、那覇空港で乗り継いで宮古島空港に着くと、お昼を優に越えてしまいます。すぐにでも昼飯にありつきたい気分でしたが、宮古島空港に着くとまずレンタカーを借りる必要があります。バスもあることはあるんですが、便数が少なくて、事前に行き先が決まっていてしかもその数が限られている人でないと実用に耐えないと思われます。

 この日は自腹の日だったので、E.B.氏に教えてもらって、OTSレンタカーで車を借りました。営業所が空港近くではなく市街地にありますが、お安くてよろしいかと存じます。安さの秘密はヒュンダイを導入しているからだと思いますが、撤退を表明した今後はどうするのか気になります。もちろん、安くても空港への送迎等は当然やっていただけます。

 営業所が狭くてナビを設定する猶予を与えられない感じだったので、とりあえず適当に西に進んでから、路駐して設定しました。宮古島は道が狭いので、路駐は場所をわきまえないと迷惑ですね。

Dscn2387

 それで、北に数十分進んだ先にあったのが、「すむばり」です。店名は昔の地名から取られたそうです。

 駐車場が分からなかったので、わき道に停めました。他にも何台か停まっていましたが、店内に入ると数組の先客がいました。時間は15:30頃だったことを考えると、随分な盛況です。それもそのはず、この宮古島北部はとにかく飲食店が少なく、しかも郷土料理店となると、その先は推して知るべしです。

 で、その郷土料理ですが、、、タコです。地場のタコを使った料理が供されます。その中でも、店名と同じ「すむばり丼」注文しました。

 店の造りは、地方にありがちな典型的な定食屋さんです。テーブルと座敷という、お決まりのパターンですが、カウンターはありませんでした。それにしても、上の写真では「ビヤホール」と書かれていますが、まったくそれを感じさせません。大体、車無しでは来れないし、代行もないし、タクシーも金がかかりそうなので、ビヤホールの需要がどれだけあるか微妙なところです。ただ、意外にも周囲には集落があり、学校まであります。

Dscn2386

 こちらがすむばり丼です。親子丼のように卵でとじられていました。ただし、当然鶏肉ではなくタコです。

 懐かしい味がしました。中高住んでいた鹿児島同様かなり甘辛いです。鹿児島では江戸時代サトウキビが獲れても全て島津藩に搾取され、逆に砂糖は貴重なモノだったことから、甘く調理をすることが願望になり、甘辛い味付けになったと聞きます。だから、宮古島でも同じことが言えるんでしょうね。あっ、ちなみに甘辛いの「辛い」の部分は、醤油味という意味です。

 評価は難しいところですが、わざわざこの店のためというわけではなく、北部を観光中にお昼を迎えたら立ち寄る程度のスタンスがいいかもしれません。それでも、宮古島の北岸はとにかく店がないので、島を1周するならこの店のお世話になる確率は高そうですが(^_^;)

お食事処 すむばり
沖縄県宮古島市平良字狩俣768-4
10:00~19:00
不定休
0980-72-5813

| | コメント (0)

沖縄台所 くわっちー家

 私が上京した時(もう十数年前!)は、普通の居酒屋に行ったら芋焼酎や泡盛はほとんど置かれていませんでした。焼酎と言えば「下町のナポレオン」程度しかありませんでした。それが今では、チェーン店の居酒屋であれば間違いなく置かれています。

 同様に、沖縄料理の店もほとんどなく、こちらしか知らなかったくらいです。今では数多くの沖縄料理店があり、もちろんメニューの数も料理の質も格段にアップしています。

 という前フリをしておいて、ランチで沖縄料理店に向かいました。普段一緒に昼飯を食っている(若しくは弁当を買いに行く)「犬theワンちゃん」が実は相当の偏食家で、韓国料理はダメ、ジンギスカンはダメ、瓜が入っているとダメ、等々いかにも末っ子らしい主張を繰り広げます(^_^;)。もちろん、沖縄料理もダメリストに該当するようで、なかなかランチで沖縄料理を食せませんでした。そういえば、沖縄料理はヘチマ(ナーベーラー)を多用しますね。よって、彼が同席しない時を見計らって行ってみました。

 場所は、日比谷線人形町駅と小伝馬町駅の中間にある「くわっちー家」です。「くわっち」+「一家」ではなく、「くわっちー」+「家」ですよ。「くわっちー」とは、「ご馳走」という意味だそうです。ところで、語尾の「ですよ」を「ですょ」と書くのが最近の女性の流行のようですね。「だょ」とか、「トム・ョーク」とか。。。

070413

 というわけで、突然ですが、ゆし豆腐定食です。ゆし豆腐ってのは、まあ、おぼろ豆腐のようなものです。実際には、チャンプルーに使われる島豆腐を固める前の豆腐だそうです。油を引かない限りは柔らかい豆腐が好きな雨上がりのワンちゃんの好物であります。ここまでくると、なかなか東京では食べられないので、貴重です。

 その他、定食にはご覧のとおり、ジューシー(炊き込みご飯)、スヌイ(モズク)、クーブイリチー(昆布の炒め煮)が付き、お得感がアリアリです。なお、沖縄の地元の人しか行かないような定食屋に入ったことがありますが、基本的にメニューは炒め物かそばだったので、ゆし豆腐定食って意外に珍しいと思います。

 欲を言えば、コロッケ。沖縄で揚げ物と言えば、天ぷらなんですよねぇ。。。(詳しくはコチラをご覧ください)

沖縄台所 くわっちー家
東京都中央区日本橋堀留町1-10-19 細田商事ビル1F
11:30~14:00
16:30~23:00(L.O.22:00)
日祝休
03-5651-1827

| | コメント (0)

高はし

 実はこう見えて、意外に計画的なんです。コツコツ派ではありませんが。だから、大体ブログにアップする何日か前には既に原稿を書き終えています。ところが、予期せぬアクシデントがあり、今回予定していた原稿を今回アップできない事態になりました。よって、現在粛々かつ大急ぎで書いています(・。・;。よろしくない部分については後で修正・加筆しますんで、なんかあったらご指摘ください。

 ところで、またココログからお知らせが入ったので、転送します。

---
NHK文化センターブログ講座のご案内

NHK文化センターの青山教室にて、ココログを使った講座が開催されます。
「ブログを始めたいけれど、何から始めればいいのかわからない」という方のために、ココログを使って基礎から応用までを2日間でしっかり学びます。パソコンの操作実習はありませんので、「その場では登録したくない」「操作についていけるのか不安」という方も安心して受講できます。
開催日は3/15、3/29の予定です。詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

→ 2日で覚えるかんたんブログ ~魅せるブログの作り方~
---

 個人的には、ブログなんて「習うより慣れよ」でいいと思うんですが、思わぬテクを伝授してくれるかもしれません。ご興味のある方はどうぞ。ただ、これを受講しても肝心の文章は上達しないんですよ~。なんなら雨上がりのワンちゃんが特別講師をしますよ、手取り足取り腰取りで。ただ、諸般の都合により、美人女性限定とさせていただきます<(_ _)>

 ある初春の日、ランチで築地市場に向かいました。本当は築地市場に向かう時点で、いくつか書かなければいけないことがあるんですが、それは次回にします。

 で、お目当ては、高はしの「あんこう煮」。少々値が張っても、それ以上の価値があるという情報を入手していたので。ただ、残念ながら売り切れ。生ものなので仕方ありません。ただ、ちょっと旬を過ぎていたのかもしれません。これを書いている2月上旬はまだ旬のハズ。誰か一緒に行きませんか???

Photo

 こちらが代わりに注文した「メバルの煮付け」です。この店に限ったことではないんですが、場内の店の魚は大きいのに身がしまっています。普通は肥えた魚を見ると、養殖モノで油っぽいというイメージを持つんですが、このメバルはそんなことは微塵も感じさせませんでした。夢中でしゃぶりついちゃいました。

Photo_2

 こちらは同行者が注文した「アナゴ丼」です。この店の看板メニューだけあって、同行者も満足したようです。傍目には、アナゴの少なさが気になりますが。。。

 この店へは、とにかく早く行ったほうがいいですね。昼に行くと品切れ続出ですからね。観念して早起きしましょう。それと、これもこの店に限ったことではないんですが、「築地は安い」と言っても、すき家とか大戸屋とかの価格帯のお店はありません(例外として、吉野家の第1号店はありますが)。お近くの銀座に比べて同じお魚が半値程度で提供されるっていう意味の「安い」ですので、お間違えなく。上の料理だって普通に4桁ですゼ!

Vfsh0045

高はし
東京都中央区築地5-2-1 築地市場内8号棟11
7:00~13:00
日祝・市休日休
03-3541-1189

| | コメント (0)

そば処 浅田

 昨日今日はセンター試験でした。寒い中ご苦労様です。私も十数年前に受験しました(共通一次世代ではないですよ!)。その際は近隣の高校が会場だったんですが、その高校は私が通学していた高校をライバル視していて、自高の生徒だけ教室内に早く入れる等の優遇措置を取っていました。おかげで風邪をひいてしまったという忌まわしい記憶が残っています。

 ということで、お寒い話繋がりなんですが、今回の出張シリーズで最終日は、先方のプレハブで作業をしました。プレハブと言うと聞こえはいいんですが、昨日までは物置として使っていました感がアリアリです(^_^;)。好意でストーブ等は置いてもらったんですが、人の出入りが多かったので、その度に寒風が押し寄せてきて、ブルブル震えながら仕事をしていました。

 しかも、途中でトラブルが発生し、会社と電話のやり取り(電話代は自腹)などをして対応に追われていると、当初午前中で終わる予定が、大幅に伸びてしまいました。

 そんな中、ようやく仕事を終え、向かった先が「浅田」です。駅から1km超ありますので、バスが便利です。100円ですし。

 放送局や文教施設が集まる地区にありますが、近辺は住宅街でした。思い描いていた風景と異なっていたので、ちょっと道に迷ってしまいました。

 なかなか小奇麗なお店で、期待が高まります。しかも、昼過ぎにもかかわらず、1日15枚限定の十割そばが残っていたので、即注文。

 そばは、少し緑がかった色をしていました。こしもあり、香りもありで、満足しました。
もしかすると、過去最高のそばかもしれません。そば湯も良く、雰囲気も良かったので、おつまみ系がなく、夜の営業がないのが残念です。

Vfsh0031
泊まった宿の近くから撮った風景
(本文とは無関係です)

そば処 浅田
長野県松本市深志3-10-11
11:30~16:00
月休
0263-33-0826

| | コメント (1)

御そば打処 野麦

 しかし、昨日の東京株式市場は珍しい値動きでしたね。最近出勤前にTOPIX為替のチャートをなるべく確認するようにしています(寝坊したときは諦めてます(^_^;))。今朝、もし大幅に下がったら、と思って、ETFでかなり低い金額を逆指値で入れておいたんですが、約定してビックリです。さらに、結局終値は前日を上回ったので二度ビックリです。かなり利益(といっても売却してないので、正確には含み益)を得たので、ラッキーな一日でした(^^♪

 本当は、こういう買い方は危険極まりないんですが(有事に対応できないので)、入り込みすぎてNHKのようになるのはもっと危険なので、仕方ないです。そう言えば、ネットを見ても、疑いのある職員が勤務中に自宅に戻った点を“記者の視点から”批判する記事が意外に少ないですね(世論が批判しているという書き方ばかりです)。

 もしかすると、外には出せない記者ならではの実情があるかもしれませんね(-_-;)。あくまでも個人的な推測ですが。

Vfsh0032

 さて、松本出張シリーズもようやく佳境を迎えました。前回までの観光後、同僚と合流し、昼飯を食べることにしました。腹が減っては仕事はできぬといいますもんね☆

 用意周到な雨上がりのワンちゃんは、ちゃんとネットで検索し、松本が蕎麦処だということを認識していました。その中で、チョイスした店が「野麦」です。無難に駅から歩ける有名店を選んでみました。

 この店はわずか3テーブル、12席しかありません。しかも、下をご覧いただければ分かるように、営業時間はたったの2時間半。したがって、非常に行列ができやすい環境にあります。この日は昼前に店につきましたが、既に数人並んでいました。

 待つことしばし、中に入りましたが、メニューは基本的にざるとかけのみ。潔さが輝きマクリマクリスティです(←古い!)。せっかくなので、\1,300の大盛を注文しました。

 聞くところによると、地元のそば粉をつかった九割そば(そば粉:つなぎ(小麦粉)=9:1)だそうです。その影響かどうかは分かりませんが、とにかく「軟らかい」んです。そして、かなり細いです。確かにじゅうぶん美味しいんですが、ちょっとそばの風味が足りないというか、物足りなさを感じました。もしかしたら、過度の期待を抱いていたのかもしれません。

 コストパフォーマンスは若干よろしくないと、その時は思いました。もしかすると、これが本当のそばの味なのかもしれませんが、なにぶん西国育ちなもんで。。。

御そば打処 野麦
長野県松本市中央2-9-11
11:30~14:00(売り切れ次第閉店)
火・水休(祝日の場合は営業)
0263-36-3753

| | コメント (0)

大澤屋

なにが「イヴイヴ」だ!!!

 とりあえず書いてみました(^_^;)。「イヴ(eve)」は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものだそうですね。ってことは、クリスマス・イヴは直訳すると「クリスマスの夜」になるんですが、キリスト教の教会としての暦は日没を日付の変り目としています。だから、教会的には、イヴは前の日の夜になるというわけです。

 話は全く変わりますが、「日本三大○○」という看板を観光地とかで見たことはありませんか?またまた前回の続きですが、「日本三大うどん」の一つである「水沢うどん」を食しに行ってまいりました。

 ここで問題になるのが水沢までのアクセスです。場所が場所だけに、大半の方は車で向かうと思いますが、ここでは公共交通機関を利用する方法をご説明します。何故レンタカーを使わなかったかって???移動中も酒を飲みたいからに決まってんだろッ!(怒) by B.D.氏

...伊香保温泉と高崎駅を結ぶ「群馬バス」と伊香保温泉と上の原を結ぶ「水沢シャトルバス」があります。なぜか2社で料金が異なり、伊香保温泉⇔水沢間は、群馬バスが\300、水沢シャトルバスが\200になります。ただ、水沢シャトルバスは1日に2本しかありません(群馬バスも1日6本ですが)。事前にリンク先の時刻表を確認することを強くオススメします。また、群馬バスは「伊香保ロープウェイ」近くのバスターミナルは経由しませんので、注意が必要です。

 ゴルフ場の脇を通りながら、約10分で水沢に到着です。水沢地区には13軒のうどん屋がありますが、「山本屋」目当てなら「水沢観音」で、それ以外なら「水沢」で降りるとよろしいかと存じます。

 今回我々は入念なリサーチを行い、向かった先は「大澤屋」です。頼んだのは「舞茸天ぷら付ざるうどん」です。あっ、今回は店内の写真を撮っていないので、様子は公式ページからご覧ください。

 お味ですが、皆さんご存知の讃岐うどんと比べて、麺のコシ(堅さ、弾力)は落ちます。けど、ゴマがトッピングとして多量に置かれているのはGoodです。あと、地元特産の舞茸の天ぷらが美味でした。総合的にみると、やはり讃岐うどんより割高感はぬぐえません。私が讃岐うどん好きだからかもしれませんが。。。まあ、うどんを待つ間のビールが美味しかったので、満足なんですが(*^_^*)。

 帰りのバスを待つ間、バス停傍の「水澤亭」の売店に寄りました。ここでは、ゴルフボールのつかみ取りゲームが開催されていました。別にゴルフボールがもらえるわけではなく、もらえるのは同じ数のうどんの袋です。

Vfsh0053

 これはB.D.氏が挑戦した際の写真です。対立している「組」から狙撃を受けて、胸を押さえている図ではありません(笑)。不正を恐れていたのか、後ろに立っていた店員のオバチャンが妙に警戒していたのが気になりましたが。。。

大澤屋
群馬県渋川市伊香保町大字水沢125-1
10:00~16:00
第3木休
0279-72-3295

| | コメント (0)

山くじら すき焼 ももんじや

 同じ酒飲みとして、声優としての江森徹氏は大好きなんですが、最近のココのCMでは、ちょっと呂律が回ってないような気がして心配です。

 転勤が決まったC.R.Well氏の送別会を兼ねて、とある冬の夜、ついに「ゲテモノ部」が始動しました。昨秋の新宿「朝起」に続いての第2回目は、両国の「ももんじや」です。「ももんが」でも「もんじゃ」でもありません。獣肉(今風に言うと「ジビエ」)を提供する店のことを、江戸時代は一般的に「ももんじ屋」(百獣屋:ももじゅう屋→ももんじゅう屋→ももんじ屋)と呼んでいたそうです。

 席だけ予約したところ、2Fの座敷に通されました。こういう伝統ある割烹風の店に夜お邪魔するのは久しぶりだったので、少々緊張しました。折角だからと、一品料理を一人前ずつ注文しました。以下は格闘の記録です。心してどうぞ<(_ _)>。

Photo
お通し
Photo_2
鹿ソース焼
Photo_3
鹿生姜焼
Photo_4
猪鍋
Photo_5
猪ヒレ肉網焼
Photo_6
鹿刺身
Photo_7
鹿竜田揚
Photo_8
シメのうどん

 残念ながら、熊肉は在庫切れでした。あまり入荷がないようです。それで、どの料理も徹底的に研究し尽くして味付けされているようで、ほとんど生臭さを感じられず、誠に美味しゅうございました。牛肉や豚肉を食べているようでした。

 ・・・ん(?_?)、だったら最初から牛肉や豚肉を食べればいいじゃないですか!お土産で売られている猪肉なんてグラム1,600円という高価な肉なんですから。

 というわけで、獰猛だという以外で猪肉や鹿肉が広まらなかった理由が何となく分かった気がします。ただ、純粋に美味しいし、話のネタになるので、是非一度は皆さんも食されることをオススメします。

 なお、狸汁はとんでもなくクセがあるということで、遠慮しました。シメのうどんの写真は、見方によってはグロテスクですが、ご了承ください。それと、猪鍋の旬はこれからの季節、つまり冬だそうです。

Vfsh0001
クマが改札を襲撃??

山くじら すき焼 ももんじや
東京都墨田区両国1-10-2
17:00~21:00(L.O.20:45)
日休(国技館で大相撲開催中は営業)
03-3631-5596

| | コメント (0)

天吉

 ハッキリ申し上げて、横浜で最も訪れたことがある店でございます。ココで丼モノをいただいて、中華街を通り抜けて山下公園まで歩き、そこからシーバスに乗り、パシフィコ横浜でライブ、、、というのがゴールデンコースです。

 普通、関内と言えば中華街が相場と決まっているのに、何故敢えて天ぷら(?_?)と賢明な読者の方々は思われるかもしれませんが、実はこのお店、サザンの原由子氏の実家なんです!

 現在の店主は、原氏の実兄だそうです。1872年創業の老舗でございます。1993年に『しじみのお味噌汁コンサート』というツアーがありましたが、そのツアー名は、この天吉で提供されているしじみのお味噌汁にちなんでいます。(このツアーでは、当然のように原氏がフューチャーされており、5曲も歌ってます。)

Vfsh0062

 そのMCで桑田佳祐氏が、関東大震災にも耐えた、と仰っていたのですが、今回の訪問時にはナンとリニューアルされていました。1Fがテーブル席、2Fが座敷のようです。

Vfsh0063

 今回は野球の観戦前に寄ったわけですが、お昼時にもかかわらず、2Fの個室に通されました。ニャ~ンと、天ぷらを揚げられるカウンター付です。もちろん、コースを注文しているわけでもないので、実際にそこで揚げてもらえるわけではないのですが、ちょっとした優越感に浸れました。

 待っている間は、耳を澄ましてみてください。サザンのBGMが聞こえるはずです。イントロクイズでもやって楽しんでください(笑)。

Vfsh0064

 しばらくしてやってきたのが、濱天丼。蓋をかぶせるところが意味ありげです。桑田氏が「ごま油がミソなの」と言われたとおり、ごま油の香ばしい香りがします。これ見よがしに、はみ出ています。

Vfsh0065

 「雨上がりのワンちゃん、蓋を開けたの図」です。「ちょっと!ちょっとちょっと!」と言いたくなるほど、衣が濃い色をしています。けど、決してしなびた感はなく、カリッとサクッとした食感で美味でございます。ボリュームもかなりのものです。

 気軽にに楽しめる老舗の味と気さくなJ-POPの大御所。この二つに通じるものがあるの感じるのは私だけでしょうか。

天吉
神奈川県横浜市中区港町2-9
11:30~14:30
17:00~22:00(日祝21:00)
月休
045-681-2220

| | コメント (0)

より以前の記事一覧