東証Arrows

 アンジェラ・アキ氏の爆笑動画を見つけました。約8分の長編ですが、33分探偵、いや名探偵ホームズのように最後に謎解きがされますので、是非最後まで大音量でご覧ください。いやあ、この方、スゴイですね。日本三大「あき」に認定したいと思います。エッ、あと2人ですか(?_?)。無論「八代」と「竹城」です!(^^)!

 さてさて、築地で寿司を堪能した後、宿へ戻ってチェックアウトをし、向かった先は金の亡者共(自分も含む)の聖地「東証Arrows」です。

Dscn2091

 内側から撮ったので文字が反転してますよぉぉぉ。こちらは株券売買立会場の跡地です。昔は、立会場で証券マンが手サインを使って売買処理をしていたんですが、現在はすべてコンピュータ処理となったため不要になった次第です。

Dscn2088 Dscn2090

 この空き地に一般の見学用に施設を整備しており、証券取引所の歴史を学ぶことができます。株に関するセミナーも開かれており、実は雨上がりのワンちゃんも過去に参加したことがあります(^_^)v。意外に会社から近いもので。

Dscn2092

 それと、マスコミのスタジオもあります。そういえば、この施設は株取引が行われている平日の昼間しか開いておりません。普段はお仕事で行けないので、GW中の特別日を狙って訪問しています。だから、オンエアバトル中の放送局もあるわけです。大声を出してみればよかったですかね、それか、ズームインのように後ろに映り込んでみたり(^_^;)

Dscn2089

 ただ、問題はこのガラスで囲まれたスペースで何が行われているかですよね。お答えします。ここでは取引監理が行われています。さっきのスタジオにしてもそうですが、別にここでする必要はありません。全てオンライン化されていますので。けど、オンライン化されていると視覚的に弱いので、わざわざこういう風にしているものと思われます。あと、単純に跡地の有効活用ですか。ちなみに、上のほうの写真で、このスペースを取り囲むように電光掲示板のようなものが見えますが、これは各社の株価情報です。そして、市場の取引量に応じて回転スピードが変化するそうです。

Dscn2093 Dscn2087
Dscn2094 Dscn2095

 他にも、オグシオが鳴らした鐘や、巨大な板(株価情報が表示されたモニター)や、各社の株売買支援ソフトのデモや、平山郁夫氏の絵画があったりと、なにかと楽しませてくれます。開館時間がネックですが、

Dscn2084 Dscn2085

 向かいには山一ならぬ「山二証券」があります。かなり伝統ありそうな建物ですので、これも必見。

東証Arrows
東京都中央区日本橋兜町2-1
9:00~16:00
土日祝年末年始休
03-3665-1881

| | コメント (1)

思案橋 人形町店

 雨上がりのワンちゃんの昼食事情はというと、入社当初は同期と主に弁当を食っておりました。それが徐々に外へ足を運ぶようになり、店の新規開拓に励みました。最長では1.2km程度離れた所まで食べに行ったことがあります。

 その後、組織が変わったりして、現在は同じ部署の同僚と行動を共にしています。だいたい、弁当は週に1,2回で、あとは食べに行ってますね。

 しかし、これだけ長く同じ事務所にいると、いいかげん飽きてきます。毎昼何処に行くか合議していますが、どの方向へ向かうのかを決定するだけでも1分以上かかる時があります。

 この日も所在無く人形町周辺を歩き回り、やっと入ったお店が「思案橋」です。思案橋ってのは、長崎に実在する駅名です(橋自体は既に撤去されて現存していません)。ということで、長崎料理の郷土料理の店です。といっても、ちゃんぽんと皿うどんしかありませんでしたが。。。(卓袱系はありませんでした)

 ところで、訪問したのがちょうど春休み期間(4月頭)。この店では、小学低学年と思しき女の子を手伝わせておりました。これがねぇ、危なっかしいんですよ、配膳とか。注文を取れるはずもなく、結局店内は、和む一部のおじいちゃんと、いらいらするその他の客に分かれました。いずれにせよ、店内全員その女の子にず~っと注目でした。だって、自分の方にこぼされたらたまりませんからね。あんかけと温かい麺類ですし。

070405

 というわけで、なんとか注文したのは「長崎丼」。もうよく分からんのでネーミングだけで注文しました。要は、皿うどんの麺の部分が白飯に変わっています。

 お味は、「う~ん」という感じですか(^_^;)。可も不可もないような。つくづくリンガーハットの凄さを思い知らされます。。。

 ところで、食べログで検索したところ、最近閉店した模様。やはり2年遅れで更新すると、こういうことが起きますな。もしかすると、九州にいる間、ずっと東京のことを書いている可能性も(>_<)。

思案橋 人形町店
東京都中央区日本橋人形町3-1-13 コムラビル1F
11:00~14:30、17:00~21:30
日祝休
03-3249-6625

| | コメント (0)

Sakurairo Living

 2年以上も前の話になりますが、雨上がりのワンちゃんは生意気にもダーツに興じていた時期があります。今思うと、本当に生意気ですね(^_^;)。んまあ、DARTSLIVEカードを購入した程度なんですけどね。

 ちゃっかり者の雨上がりのワンちゃんは、狙いを「20」のトリプルではなく、「19」のダブルに定めています。気分的に狙いやすいのと、外れた時のことも考慮すると期待値が高いからです(^_^)v。

 面白いというか、仕方ないことなんですが、ダーツ機は的から外れてもノーカウントなんですよ。だから、19のダブルが下に外れても全く影響無しというわけです。もう1回投げればOK。

 そういうことで、下に外しても構わない気持ちで投げているので、的からハズレマクリです。一緒にゲームする方、私が随分と時間を取ってますね。ごめんなさい<(_ _)>

070329sakurairo

 そんな中、ある日の労働組合の集まりの後、B.D.氏と犬theワンちゃんの3人で、なんとなくダーツバーに行ってまいりました。この「なんとなく」というのがポイントで、我々が所属する部でイベント事を開催する時は、基本的にアポを取ることになっています。「じゃあ、今晩一杯行こうかぁ」なんて台詞は聞かれないんですが、この日は極めて珍しく当日の夜決定しました。

 行った先は、ネットで調べた人形町の「Sakurairo Living」です。3人とも初めての場所です。ちょうど桜の時期に「桜色」へ行くとはなんとも風流ですが、特にお店のほうは何にもありませんでした。

 ただ、満席のようで残念、と思ったところ、店の方が特別席を用意してくれました。エレベーターの前に。。。

 そして、この店はダーツ機(DARTSLIVE)が1台しかありませでした。ビックリです。なので、先客待ちということになるんですが、このねぇ、待つ時間が長かった!とにかく。通常であれば、ひたすら酒を飲むところなんですが、この日はとにかくダーツをやりたい日だったので、酒に興味が湧きませんでした。

 通常のBarであれば、酒と会話の合間にダーツでもやってみようという感じですが、もうちょっとダーツメインの店があると流行ると思うんですが。。。現状では、BAGUSの独り勝ちになっていますよね。起業を考えている方、このフォーマットを買いませんか?(^^♪

Sakurairo Living
東京都中央区日本橋人形町2-5-4 江戸八ビル2F
18:00-2:00
土日祝休
03-3664-7528

| | コメント (0)

沖縄台所 くわっちー家

 私が上京した時(もう十数年前!)は、普通の居酒屋に行ったら芋焼酎や泡盛はほとんど置かれていませんでした。焼酎と言えば「下町のナポレオン」程度しかありませんでした。それが今では、チェーン店の居酒屋であれば間違いなく置かれています。

 同様に、沖縄料理の店もほとんどなく、こちらしか知らなかったくらいです。今では数多くの沖縄料理店があり、もちろんメニューの数も料理の質も格段にアップしています。

 という前フリをしておいて、ランチで沖縄料理店に向かいました。普段一緒に昼飯を食っている(若しくは弁当を買いに行く)「犬theワンちゃん」が実は相当の偏食家で、韓国料理はダメ、ジンギスカンはダメ、瓜が入っているとダメ、等々いかにも末っ子らしい主張を繰り広げます(^_^;)。もちろん、沖縄料理もダメリストに該当するようで、なかなかランチで沖縄料理を食せませんでした。そういえば、沖縄料理はヘチマ(ナーベーラー)を多用しますね。よって、彼が同席しない時を見計らって行ってみました。

 場所は、日比谷線人形町駅と小伝馬町駅の中間にある「くわっちー家」です。「くわっち」+「一家」ではなく、「くわっちー」+「家」ですよ。「くわっちー」とは、「ご馳走」という意味だそうです。ところで、語尾の「ですよ」を「ですょ」と書くのが最近の女性の流行のようですね。「だょ」とか、「トム・ョーク」とか。。。

070413

 というわけで、突然ですが、ゆし豆腐定食です。ゆし豆腐ってのは、まあ、おぼろ豆腐のようなものです。実際には、チャンプルーに使われる島豆腐を固める前の豆腐だそうです。油を引かない限りは柔らかい豆腐が好きな雨上がりのワンちゃんの好物であります。ここまでくると、なかなか東京では食べられないので、貴重です。

 その他、定食にはご覧のとおり、ジューシー(炊き込みご飯)、スヌイ(モズク)、クーブイリチー(昆布の炒め煮)が付き、お得感がアリアリです。なお、沖縄の地元の人しか行かないような定食屋に入ったことがありますが、基本的にメニューは炒め物かそばだったので、ゆし豆腐定食って意外に珍しいと思います。

 欲を言えば、コロッケ。沖縄で揚げ物と言えば、天ぷらなんですよねぇ。。。(詳しくはコチラをご覧ください)

沖縄台所 くわっちー家
東京都中央区日本橋堀留町1-10-19 細田商事ビル1F
11:30~14:00
16:30~23:00(L.O.22:00)
日祝休
03-5651-1827

| | コメント (0)

中央区 総合スポーツセンター

 以前、花見の回でちょっと書いたんですが、東京都中央区の浜町公園には総合スポーツセンターがあります。「総合」とついているだけあって、通常のアリーナ以外に、卓球場、弓道場、アーチェリー場、武道場、トレーニングルーム、温水プール、ゴルフ練習場、エアライフル場、、、とまあテンコ盛りです。

 それで、中央区は法人税もテンコ盛りだからかどうかは分かりませんが、在住在勤ではなくても門戸を開いているので、いっちょ勇気を出して単身乗り込んでみました。

 た・だ・し、ここのトレーニングルームを初めて利用する際には、まず初回者講習会を受講しなくてはいけません。まずは、その方法をご説明します。

 まず、この初回者講習会が開催される日時を確認します。このページから確認できます。

 浜町公園への行き方は前回を参照していただくとして、まず建物の中に入ったら、右手に総合窓口が見えますので、その左側の壁伝いに奥に進むと券売機があります。そこで、「トレーニングルーム」のボタンを押します。一応有料ですが、400円と民間さんに比べて廉価です。なお、正確に言うと2時間で400円です。ただ、この2時間には、着替えやシャワーの時間は含まれないので、よっぽど長い時間走る人でなければ大丈夫だと思います。オーバーしても1時間200円です。

 で、チケット(カード式)を購入したらトレーニングルームに向かいます。ひときわ明るいので、すぐ分かると思います。すると、大胆にも通路の真ん中に机があり、そこに氏名等必要事項を記入します。多分、この段階でインストラクターの方が声をかけてくれると思いますが。。。

 記入が終わったら左側にある更衣室で着替えます。手前が男性、奥が女性です。更衣室のロッカーは、規模の割りに数が少なく、一つ当たりの大きさも狭いので、荷物は少なめに。着替えたら、更衣室を出て左側の通路上に行けばOKです。

 そうそう、着替える時間が必要なので、スポーツセンターには余裕を見て10分程度前に着くようにした方が良いですよ。私は数分前に着いてしまい、若干ひんしゅくモノだったので(>_<)。

 あとは、インストラクターの方がトレーニングルームに入る手順等教えてくれますので、詳細は省略します。説明の時間は30分弱ですかね。その後も希望すれば個々のマシンの使い方も教えていただけます(^_^)v。ここでは備忘録として、入退場の手順だけ書きます。

 入場時は、購入したチケットを手前の改札に通します。その後、初回者講習会の際にもらえる登録証をセンサーにかざし、モニターの「ログアウト」ボタンを押します。そして、登録証を50音順に区切られたボックスの中に置きます。退場時は、ボックスから自分の登録証を取り出し、チケットを改札に通して回収されたら終了です。

 トレーニングルーム自体は、時間帯にもよると思いますが、かなり混んでいます。マシンの数が少なすぎるかもしれません。ただ、一通り揃ってはいます。

 トレーニング終了後ですが、シャワーは更衣室の奥、カーテンの先にあります。民間さんと比べるとかなり貧弱です。ボディーソープとリンスインシャンプーがないのは当然、シャワーの湯量も少ないですし、ブースも狭くてくたびれています。ココの一番の泣き所かもしれません。実際、バスタオルで汗をぬぐうだけでシャワーを浴びていない人もいました。地価のプールに移動するのかもしれません。

 というわけで、若干の難はありますが、値段を考えるとじゅうぶんな施設だと思います。アフターの飲み屋もあんまりないですねぇ(^_^;)。

中央区 総合スポーツセンター
東京都中央区日本橋浜町2-59-1 区立浜町公園内
9:00~21:30
年末年始・毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)休
03-3666-1501

| | コメント (0)

浜町公園

 先日、年賀状の当選番号が発表されましたね。残念ながら、1枚も当たってませんでした<`ヘ´>。私に年賀状を送った方々は猛省するように!(ウソです、すんません)

 今年はナンとH.I.S.でもオリジナルのくじを実施しているので、是非確認してみてください!(^^)!。ここでも結局1枚も当たりませんでしたがね。。。

 さて、前回告知したように、今回からは昨年私が桜を見に行った場所をご紹介します。まずは、「浜町公園」です。モノレールでお馴染みの「浜松町」ではございません。「松」の字が抜けていますよ(^_^;)。東京にお住まいの方でも知る人ぞ知るような存在の街なんですが、この浜町公園は中央区最大の面積を誇っています。中央区を代表する公園と言っても過言ではないでしょう。

 この公園内には、デイキャンプ場や広場や運動場や中央区立のスポーツセンターがあります。このスポーツセンターにはトレーニングルームもあるようなので、近いうちに試してみたいと思います。それと、デイキャンプ場。あんまり期待しない方がいいと思います。ちょっと物悲しいところにあります。付近で食材を調達するなら、大丸ピーコックトルナーレ日本橋浜町店が便利かと思います。

 あと、この公園は熊本藩主細川家の屋敷の跡地にあるんですが、細川家の前に熊本藩を治めていた加藤清正を祀る清正公寺がなぜかあったりします。ここからは雨上がりのワンちゃんの推測ですが、加藤清正は現在でも地元では絶大な人気を誇ります。熊本市に数年住んだことがあるので実体験です。ですから、江戸時代はもっと凄かったはずです。加藤家が断絶になって小倉から移ってきた細川家は、加藤清正の人気にあやかろうとしたのではないでしょうか。また、当時の加藤派を懐柔するために建設したのかもしれません。

2
3月29日撮影

 それで、こちらの桜ですが、スポーツセンターを囲むように約50本ほどあります。一応ライトアップしている木もあるので夜桜も楽しめますが、お花見できる場所は限られています。こちらの木も根元に植え込みがあります。で、その限られたスペースも地元民の方or地元企業の方に早々に押さえられているので、場所取りは困難を極めると思われます。

浜町公園
東京都中央区日本橋浜町2-59-1
24時間開放

| | コメント (0)

そば好

 もしかすると、人形町界隈で最も足繁く通っている店かもしれません。「そばこう」と読みます。その名前は書かれていませんが、店内の張り紙には「鰹節問屋直営」と書かれています。

 そのメリットを最大限に生かすべく、持ち帰り用に削り節のパックも売られています。そして、出汁にも贅沢に鰹節が使われているようです。さらには、ラーメン屋に置かれている粉コショウの瓶の中に、花がつおを削った時に出る粉鰹が入れられています。白飯に自由にかけて構わないという太っ腹です。

 ただ、すぐ調子に乗る雨上がりのワンちゃんは、とんでもない量をかけます。白飯以外にそばにもつゆにも。。。まだるっこしいので、瓶の蓋を開けて、ドバドバと。。。他にもそういうことをする輩が多かったのか、瓶の蓋にテープが巻かれ、簡単には開けられなくなりました。ただ、今度は逆に店側がまだるっこしかったのか、程なくしてテープはなくなり、平和な日々を取り戻したとさッ!

 この店は、食券制で、店内に入るとすぐ左側に券売機が。ちょっと押しボタンが分かり辛いです。奥に受付があるので、そこで食券を渡すと待つことしばし、メニューで呼ばれますので、受け取ります。その場でネギとわさびを入れ(セルフ)、席に持って行きます。昼は椅子が表に出され、立ち食いになるようです。そば湯は、受付の脇にポットで置かれています。

070220

 うどんはきしめんらしいですが、店名に敬意を表してそばしか食したことがありません。写真は、もりそばと穴子天丼セットです。人気があるので売り切れ必至です。お味は、かなりのものです。その辺の町の蕎麦屋さんを完全に越えています。前述の鰹節も考慮すると、コストパフォーマンスは最上級です。

 この店のシフト(夜)は、店主1人、おばちゃん1人、店主+井上さんの3パターンで組まれています。で、この井上さんなんですが、「井上」という日本の一般的な姓にもかかわらず、どう見ても日本人ではないです(笑)。南米系の顔立ちです。それを裏付けるかのように、日本語が上手ではないです(>_<)。ぶっちゃけ、何言っているのか、あまり聞き取れません。

 よって、「くぁき・・・わぁげぇそばぁに・・・・・・しら、しらぁ、、、」と井上さんが日本語相手に苦戦していると、奥で茹でている店主があっさり「かき揚げそばに、しらすおろしご飯をお待ちのお客様~」とカブせてきます(苦笑)。そして、奥で井上さんは店主に怒られます(T_T)。

 けど、そこは店主、さすがは経営者です。自分の手が空くと、積極的に打って変わって優しく声を掛けます。その一部始終を聞いている我々一行は、「店主は井上さんを狙ってんじゃないの?」とか「いや、もうデキてんじゃないの?」とか言いながら、そばを食べていたわけです。

 そんな井上さんですが、最近は見かけません。別れたんでしょうか、家庭に入ったんでしょうか、祖国へ戻ったんでしょうか。。。

 あと、店主は「神田藪そば」よろしく、「いらっしゃぅいいぃぃいぃいぃ~~~」と言ってくれます(*^_^*)

そば好
東京都中央区日本橋人形町3-9-2
7:30~20:00(土曜は~14:00)
日祝休
03-3664-5978

| | コメント (0)

津多屋

 栄えあるグルメ版第一回目を決めるに際し、かなりもめました。編集部内で喧々諤々の議論の末に、初回だけに華々しくいこうということになりました。そこで、ご紹介するのがこのお店、肉料理屋の「津多屋」です。ちなみに編集部の所属は私一人だったりします。。。

 んで、まずは、この店構えをご覧ください。

070302

 ありえないですよね、う~ん、ありえない。昭和中期にタイムスリップした感じですが、ここは平成の世、中央区は日本橋です。

 中に入るとこれまたビックリ!
 右手には何も入っていないショーケースがあります。これは、「梅沢商店」という名義で精肉店をやっている(いた?)ためです。
 そして、正面にはなんと厨房があります。ここを通り抜けないと着席できません。揚げ物も扱っているので、ここは注意深く進まねばなりません。

 席といっても、ココ、ぶっちゃけ「民家」です。厨房の奥に4畳半の和室があり、そこから急な階段があり、2階は10畳の和室です。民家なので、冬はコタツがあります、テレビがあります、仏壇があります、遺影もあります!
 1階から厨房を覗くと、こんな感じです。

070302_1

 せっかくなんで、メニューを写してみました。

070302_3

 オススメは、「ヒレかつ」です。じゅうぶんに柔らかく、量も多いので文句なしです。あと、御御御付け(おみおつけ、味噌汁)は別に\70です。

070302_4

  店主のおじいちゃんは、バック・トゥ・ザ・フューチャーの科学者天本英世を足して2で割ったような風貌です。かなり礼儀正しい丁寧な方です。仕事に余裕があれば、店を出るときに会話が楽しめます。

 後世に残したい店です。食事中に震度5弱で倒壊しても責任はもてませんが。
 最後になりましたが、当然Tポイントは使えません(^_^;)

津多屋
東京都中央区日本橋本町4-9-6
03-3661-7638

| | コメント (0)