珉亭

 いやぁ、昨日はすんげぇ飲んでしまいました。どうやらワタクシ、アルコール度数に関係なく同じペースで飲んでしまう習性があるようでございます。昨夜のうちはよかったんですが、今朝出社後、猛烈な吐き気に悩まされ、ついにはリバースサーキュレーション工法ですよ。だから、今朝会社のトイレを占領していたのは、何を隠そう雨上がりのワンちゃんでぇす。すぃませ~ん(反省の色無し)。なので、午前中は全く仕事にならず、勝手にフレックス制度を導入して、さっき帰ってきました

Vfsh0083

 前回のジムの後に向かったのがコチラ。珉亭です。「みんてい」と読みます。むしろ、コチラのほうがメインイベントかもしれません。

 私と同行者は、デイリーポータルZの愛読者でして、ある日、こんな記事が掲載されました。

近所の中華料理屋のチャーハンが赤い

 これを見て、2人とも無性に行きたくなり、この日に至ったというわけです。

 しかも、場所はジムからすぐでした。何かのお導きかのように店内に吸い込まれましたが、あいにく満席でした。週末とはいえ、21:30頃だったんですが。ところが、2Fなら空いていると言われて、階段を登りました。

 1Fはカウンターとテーブル席だったんですが、2Fはお座敷でした。1Fから業務用エレベータで食器を上げ下げするシステムなので、店員さんは1人だけでした。そして、その店員さんなんですが、、、このブログにたびたび登場するM.D.氏にそっくりでした!(^^)!。まあ、分かりやすく言うと、下のアフィリエイトの画像で、一番目立った髪形をされている方に似ています。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

涙のアベニュー Music 涙のアベニュー

アーティスト:サザンオールスターズ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2005/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さて、壁には1面有名人のサインが飾られていました。そんな中、例の店員が注文を取りに来ました。ジーンズのベルト通しにどこぞの神社のお守りをつけていました。いなせです。

いなせなロコモーション Music いなせなロコモーション

アーティスト:サザンオールスターズ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2005/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 同行者は、「ラーチャン」という半ラーメン+半チャーハンのメニュー\800に餃子を注文。私は事前にネットで+\100で普通の量に変更できることを確認していたので、「半ラーメンとチャーハン」と頼んだんですが、どうやらそれは、「ラーチャンのチャーハン大盛」というらしいです。。。

 なんでチャーハンを食べに来たのにラーメンまで注文したかというと、一般的には「江戸っ子ラーメン」というラーメンが有名らしいんです。

Vfsh0084

 こちらが、その江戸っ子ラーメンと餃子。餃子はかなり大きいです。ラーメンはかなりアッサリしています。麺も何故か柔らかめなので、サラサラと食べられます。最近流行の魚介醤油豚骨とは一線を画しています。それと、写真には収めていないんですが、キムチのようなものが別皿でつきます。よく分かんなかったんですが、これは辛白菜といって、四川料理のお漬物だそうです。

Vfsh0085

 そしてそして、ついに全貌を現したコイツが赤いチャーハンです。。。ウ~ン(+_+)、言うほど赤くありません。大体チャーハンの醍醐味は、中華鍋でご飯を炒める際に、ご飯粒が直火に当たってパラパラになるところにあるんですが、この店は若干炒める時間が足りないのかもしれません。それにしても、この店はどのメニューも量が多いです。写真では分かり辛いんですが。女性の方は注文し過ぎにご注意を!

 ところで、チャーハンを食べている際に目に入ってしまったんですが、例の店員。椅子に座り込んじゃいました。そして、煙草吸い始めました。そして、携帯でメール打ち出しました!

 同行者と彼の素性について勝手に議論を始めました。そして、店主の息子でバンドマン生活から抜け出せない放蕩生活を送っていると言う結論をみました(無論、実際は分かりません)。。。

 けど、学生街っぽいノリは懐かしく、再訪したくなる気にさせてくれます。これにビールを注文して2人で\2,700ですからね。激安です。会社の近くにもほしいです、こういう店。

 あと、冷やし中華が一年中食べられるようです。冷やし中華ファンは要チェック!

珉亭
東京都世田谷区北沢2-8-8
11:30~23:30(L.O.23:00)
月・年末年始休(祝の場合営業、翌休)
03-3466-7355

| | コメント (3)

トーアセントラルフィットネスクラブ下北沢

 ついにとうとうここまで来てしまいました、下北沢。家から20km弱も離れています。阪急線で言うと茨木市から梅田くらいの距離ですよ(←余計分かり辛いか・・・)。なんで下北沢までわざわざ行ったからというと、同行者の通勤経路からそれほど外れてないからです(爆)。

 小田急線と京王線が複雑に入り組んでいて、地下化の工事真っ最中の下北沢駅を降りて数分で着きます。北口からでも南口からでも大差ないようです。

 館内に入ると、まず目に飛び込んでくるのはプール。で、入り口右手前にカウンターがあるので、受付(記帳)をします。ここは券売機がないので料金も一緒に払いますが、、、\2,100もします(o゚Д゚o)!!!。下北沢は若者の街というイメージがあったので、この強気の料金設定には驚きです。タオルは貸していただけるんですけどね。

 入り口すぐ左側の階段を上って2階がロッカーです。女性が手前、男性が奥なので、お間違えないように。ロッカー自体は細長く、スーツを余裕で折り畳まず掛けることができます。

 着替えたら、また上述の階段を登って3Fにマシンジムがあります。手前にはゴルフレンジもあったりしますが、シューズ持参が必要なので今回はパスです。

 で、狭いです。特にカーディオ系の機械が少なく、しかも傾斜を付けられない機種もあるので不便です。ただ、乗馬フィットネス機器があったりします。コレ、揺れの勢いで足が機器に当たるので、痛いです(T_T)。

 マシンは一応一通りありますが、負荷の目安が書いていないので、個人プログラムを作ってもらってない私には分かりづらかったです。まあ、そろそろこれも感触で覚えないといけない時期なのかもしれませんが。

 ただ、ここはメッチャ人が少ないです。途中、スタジオでヨガの講習がありましたが、10人程度しかいませんでしたが。他のジムでは早々に満員になるもんですが。ある意味身の丈にあったジムで、インストラクターの方ともすぐ馴染みになれそうと同行者も申しておりました。

 ここは残念ながらスパがございません。シャワーブースだけでございます。しかも、排水溝が各ブースにない、昔ながらの銭湯の洗い場形式ですので、ちょっと気になる人もいるかもしれません。貸与されたタオルは、最後に受付横のBOXに返却します。

 というわけで、遠い&高いで、ちょっと厳しいですね(>_<)。同行者に脅されない限り、行く可能性は低いです。。。

トーアセントラルフィットネスクラブ下北沢
東京都世田谷区北沢1-46-5
[平日] 9:00~23:00
[土] 10:00~22:00
[日・祝] 10:00~19:00
8/17~19、年末年始休
03-3467-0388

| | コメント (0)

イーネ・イーネ

 予定より若干オーバー(byミスチル)してしまいましたが、今回で飲食店紹介強化月間は大団円を迎えます。そして、その大トリを務めるのが、今回ご紹介する「イーネ・イーネ」です。冗談ではありません、横山剣さんでもありません。ある目的を持って友人と共に向かいました。そして、オーナーシェフ氏が独りで切り盛りされるという極めて家庭的な雰囲気のお店ということ、そのオーナーシェフ氏と微妙な空間を創り出していた先客(後に元従業員と判明)がいたことから、写真は一枚も撮っていません。文章力勝負です!

 まず、食前酒として注文したのがシャンパーニュ。メジャーどころのLaurent-Perrier(ローラン・ペリエ)でした。おつまみset(アンチョビ・オリーブ・ピクルス)も注文。近年、「おつまみセット」という言葉に弱いです。条件反射で注文してしまう自分がいます。。。

 お食事は、地鶏の赤ワイン煮と天使のエビのリングイーネ。両方とも優しいお味でした。ただ、それぞれ赤ワインと白ワインを多用しているそうです(*^_^*)。もう、ワイン尽くしです。意外と置いている店は少ない有機栽培ワイン(グラス)で合わせてみました。

 それで、いよいよメインイベントのご紹介です。実はこのお店、デザートワインをグラスで提供してくれるという稀有な存在なんです!デザートワインというと、よく免税店で売られている細長いボトルのアレです。前から試したかったものの、値段と「外れ」だった場合の後処理に恐れおののき、一度も購入したことはありませんでした。

 最初に貴腐ワインを飲んだところ、林檎のような果実味溢れるお味で、おいしゅうございました。確かに甘いは甘いんですが、それ程あとに残る甘さではありません。

 お次は、アイスワイン。こちらは、ただひたすらに甘みを追い求めたようなお味。蜂蜜のようでした。 

 女性の一人客を優遇する方針のお店のようなので、仕事帰りにでもフラッと寄られてはいかがでしょうか。

イーネ・イーネ
東京都渋谷区恵比寿4-4-11 太興ビル1F
17:00~2:00(平日)
12:00~22:00(休日)
不定休
03-3441-7300

---
<事務連絡>
 ようやく、ちょっと遅めの夏休みを取得できることに相成りました<(_ _)>。もちろん、当ブログ用の取材旅行です。ですので、無事に帰宅できたら次回の更新は11日(火)頃になる公算です。台風が近づいているようですので、通り道にお住まいの方はお気をつけください。では。

| | コメント (0)

Aotea Rangi

 珍しく恵比寿へ行ってみました。本当は、いまや市民権を得るようになった立ち飲み屋でも行きたかったんですが、残念ながら当日は休日のため、どの店もお休み。
(余談ですが、「スペイン風バル」って不思議な言葉ですね。「バル」自体がスペイン語なので。「和風割烹」と同レベル。)

 そこで、人気の少ない恵比寿を歩いて向かったのが、このお店。日本語読みすると「アオテア・ランギ」。意味は、、、公式ホームページをご覧ください。とどのつまりは、ニュージーランド産の大きなムール貝(グリーンマッスル)とニュージーランド産ワインを一緒に楽しむという、心の底からニッチと言えるコンセプトを持ったお店というわけです。もちろん事前に下調べしてから向かいましたよ。

 残念ながら、ニュージーランドは未訪なので、本場と比較したコメントを書けないのが難点ですが、店内はビストロ風で、ちょっと狭いです。テラス席もあり、そこの1席に通されました。

070716

 期せずしてキラキラとした写真になりましたが、「パシフィックオイスター」と「ブラフオイスター」。小さい方が「ブラフ」で、高級でございます。南半球では牡蠣のシーズンだったので、日本では敬遠される夏牡蠣を堪能することができます。(6月に仙台でも牡蠣を食べちゃいましたが。。。)

070716_2

それで、こちらが真打ちムール貝。何種類かのソースを選べ(今回は「にんにく香草バター」)、このような形でスチームされて出されています。かなり濃厚(過ぎる?)なお味で、パンを追加発注し、ソースにつけながら食べるとよろしいかと存じます。

 ワインも南島の「マルボロー地方」産を中心に、かなりの品揃えです。

 (味覚的に)気の合う仲間と予約をしてからどうぞ。

Aotea Rangi
東京都渋谷区恵比寿1-21-18 ライツ恵比寿1F
18:00~24:00
火休
03-3447-1496

| | コメント (0)