« Already Free by The Derek Trucks Band | トップページ | 09日本ダービー »

祝 投稿400回突破記念 ~Road to Paris

 本当はちょうど400回目の時にぶつけたかったんですが、今や脳内のほとんど占めている阪神タイガースの観戦時とバッティングしてしまい、今回の403回目に晴れて陽の目を見ることになりました。副題について、今から順を追ってご説明しますよぉぉぉ。

 オダギリジョーも真っ青な髪形七変化をすることで名を馳せている雨上がりのワンちゃんですが、社会人になってから1年半くらい前では、近所の所謂床屋に通っていました。床屋といっても美人姉妹が経営していたので、常に店内はオッサン共で盛況でした。

 ところが、その1年前くらいから心境の変化があり、街の美容室に飛び出すことにしました。所謂カリスマ美容師ですよ。実際のところ、その時の経緯はよく憶えてないんですけどねぇ、確か「Gainer」で美容室特集をやっていて、対男性客を重視していて、比較的お値段がお手頃な店が青山と銀座にあり、自分のスケジュールに合うほうの店に都度行っていました。

 青山の方は、店長なのに指名が無料だったのがウリでした。で、昨年の晩秋にDMが届いたので銀座の方に行ってみました(結局DMは全くおトクではなかったんですが)。こちらは指名料がかかるのと、とにかく大規模店舗で美容師さんの全容すら把握していないので、フリーで入りました。

 美容師(♂)さんとは、整髪中主に自分の髪質(柔らかそうに見えて、実は直毛固め。パーマかスプレーをかけないと、ペシャッとなる。)とかを教えてもらい、会計を済ませて帰ろうとしたところ、別の女性美容師さんに呼び止められました。昨年12月6日(土)の夜空いていませんかと。

 まあ、デートや合コンの類は望むところなので、「ハイ」と即答したところ(実際その時点でまだ予定は空いていたので)、「モデルをやってくれませんか」と。

 「エッ???」

 聞けば、ヘアカタログ雑誌に掲載するモデルさんを探しているそうで、紙面なら雨上がりの日の濡れた仔犬のような臭いがする私でも大丈夫だと判断されたようです。

 即座に少ない脳みそをフル回転させて考えたんですが、失うものは何もないのと、同じ出版業として、他社がどのように取材・撮影するのか知りたかったのもあり、しぶしぶ仕方なく同意しておきました。開催要領が決まったらメールで教えてくれることになり、その場は終了。 多忙だったこともあり、半分忘れかけていたんですが、前日の夜になってやっと美容師さんから連絡がありました。

・撮影は19時からだが仕込みなどしたいので、18時過ぎ位に来てほしい。
・衣装は私物でお願いしたい。
・オンスタイル、オフスタイルの2パターンある。
・オンはスーツスタイル、これは全身の撮りになるので靴まで写る。
・オフはカジュアルスタイルなのでオフの雰囲気が出てれば大丈夫です。

 正直、「私物」で2パターンってのが引っかかりました。つまり、わざわざ持って来いってことですからね。奇しくも、昨年の12月はM.D.氏から仕事を違法に押し付けられ、年末休みまで会社へ行かなかったのが1日のみの状態。サービス残業とサービス出勤のオンパレードでしたね、この頃は。というわけで、全くと言っていいほど準備はできませんでした。

 そして、当日。重い荷物(衣装)を持って職場を経由して美容室へ向かいました。やはり他にも何人か集められていました。どうやら、対象となる美容師1人につきモデル1人を集めることがノルマだったようでした。ヘアカタログ雑誌は、まず出版社と美容院がタイアップし、美容院の名前だけでなく、そこに所属する美容師まで含めて宣伝することが条件のようです。

 んで、まあ後は普通に髪型をセットされて、1度着替えて写真を撮られただけなんですが、重要なのは上記のとおり他社がどのように取材・撮影するのかってことです。出版社からはカメラマンとコーディネーターの2人(♀)のみが来ていました。予め構成は全て決まっていたらしく、その台本どおりに意外にも淡々と進みました。

 気になるモデル(業界用語風に言うと「デルモ」)に対する注文は、大して厳しくなかったですね。アゴをちょっと出してとか、立ち位置とか、その程度でした。やっぱり静止画だと編集の力で何とでもなるんでしょうか。

 あと、やっぱり待ち時間は長かったですね。モデルは何人かいますが、カメラマンは1人ですから。雑誌を渡されてソファーで読んでいたんですが、どうでもいいような内容のものバッカリでしたので、ちょっと退屈でした。美容師の方とはほぼ初対面だったので、そこまで話も弾みませんしね。こういう時に、ポンと「デラべっぴん」とか「ビデオボーイ」を渡されたら、楽しいんですけどねぇ。。。

 というわけで、最後にお店から自社製品1つ「だけ」をプレゼントされ、開放されたのが21時前。3時間弱かかったということになります。

 本の発売は2月下旬で、出版されたらまた連絡すると美容師さんに言われたんですが、連絡は無し。私も多忙に加え、転勤も決定し、バタバタした中でスッカリ忘れておりました。結局、それ以来その美容室に行けず仕舞いでしたし。

 そんなこんなで、先日のことです。東京在住の会社の先輩、D.M.氏から社内メールが届きました。内容は「銀座で副業をやっていないか?」ということでした。何のことか解らず、何回かメールでやり取りして、やっと気づきました。紀伊國屋書店へ走り、しばらく探したところ、やっと見つけました!

 バッチリ犬の着ぐるみに身を包んだ、ヅラ姿の私が1ページ丸々掲載されていますッ!!!

 これを機にデルモに転身し、目指すはパリコレ(業界用語風に言うと「コレパリ」)のハズだったんですが、結局今は海外どころか、何故か豚骨の臭い漂う福岡にいます(^_^;)。

 まあ、テレビのほうでは普通に出演、というか野球中継でよく映りこんでいますが、まさか本名まで晒されるなんて思いもよりませんでした。そして、会社の方がそれを見つけたのにもビックリでした。とにかく、自分の知らないところでコトが進むことほど怖いことはないので、皆さんもお気をつけアソバセ。

MEN’Sヘアスーパーカタログ (SEIBIDO MOOK) Book MEN’Sヘアスーパーカタログ (SEIBIDO MOOK)

販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Already Free by The Derek Trucks Band | トップページ | 09日本ダービー »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

結局、番宣のようなプログで、ワンちゃんらしさが滲み出てました。
この本片手に婚カツ頑張ってください(^o^)丿

投稿: 一円也 | 2009年6月16日 (火) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Already Free by The Derek Trucks Band | トップページ | 09日本ダービー »