« VS広島 04/26/2009 atマツダスタジアム 外野指定席 | トップページ | VS巨人 05/03/2009 at阪神甲子園球場 レフト外野指定 »

09天皇賞春

 雨上がりのワンちゃんが競馬を予想する際に使っていた新聞は、日刊競馬馬三郎東京スポーツ(東スポ)でした。ところが、これらは全て福岡では販売されていません。

 ですので、これらに替わる新聞を決めないといけないというワケです。ちょうど、今年の天皇賞春は「JRAプレミアムレース」で払戻金が若干多いので、今回実験という名目で、久しぶりに競馬予想をすることにしました(^_^)v。

 購入したのは西日本スポーツ(西スポ)とスポーツニッポン(スポニチ)。西スポについては、耳慣れない方も多いと思われるので解説いたします。

 西スポを発行しているのは、九州のブロック紙である西日本新聞社。スポーツ紙にはほとんど影響はありませんが、やや左よりの思想。ただし、競馬面に関しては、思想が逆のサンスポからのデータ提供を受けています。

 まず、その西スポですが、、、これでは予想ができないほどのお粗末な扱い。競馬面の枚数も少ないですし、記者の予想を信じて買う方以外にはオススメできません(>_<)。

 というわけで、スポニチ主体に予想してみました。こちらも1~4Rは印のみ。馬柱は5Rからです。一番気になったのは、平場では距離ごとの成績が掲載されていないこと。特別でも、同距離と2000m以上と1600m以下の極めて大雑把な区分でしか掲載されていません。ここは大きなマイナスです。

 ただ、レースごとに紙面がきれいに分割されていますので、これは便利ですね。競馬新聞は限られたスペースを有効活用するため、レース順に馬柱が並んでいないので、時々ゴチャゴチャになってしまいます、新聞も脳内も。

 一般的には競馬を予想する上でのファクターはかなり多いと思います。騎手とか馬場状態とか枠順とか。けど、スポニチ独自の項目を検証したいと思いますので(本当は時間の都合ですが)、今回は「血統」(父親産駒の得意距離と芝ダ適性)と「調教」に絞って集計したいと思います。

京都5R 芝1200m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 11 エーシンシークルー 武豊 岡田稲男 中-両 ○
2 8 ハートマン 秋山真一郎 羽月友彦 全-両 ○
3 15 バンブーレアル 和田竜二 岩元市三 長-芝 ○
5 6 エアガルニエ 藤岡佑介 松永幹夫 全-芝 ◎
6 7 キングコーリンオー 熊沢重文 柴田政見 全-芝 ◎

京都6R 芝1800m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 2 ロードラテアート 池添謙一 藤原英昭 中-両 ○
2 6 スーパーオービット 古川吉洋 中竹和也 中-両 △
3 12 テイエムハリアー 国分恭介 五十嵐忠男 中-両 ◎
6 7 テーオージュピター 竹之下智昭 友道康夫 中-両 ◎
10 10 マルブツロック 浜中俊 加用正 中-両 ◎

京都7R ダ1200m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 3 メリュジーヌ 柴原央明 昆貢 中-両 ○
2 4 トウカイミステリー 武幸四郎 安田隆行 中-両 ◎
3 2 アンプレヴー 藤岡佑介 藤原英昭 中-両 ◎
11 7 クイックメール 小牧太 矢作芳人 短-両 ◎

京都8R 芝1200m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 14 エイシンフェアリー 四位洋文 坂口正則 短-両 ○
2 5 チャームポット 和田竜二 南井克巳 中-両 ○
3 2 アルテマイスター 小牧太 西浦勝一 中-両 ○
5 1 ラガーシーキング 池添謙一 池添兼雄 中-ダ ◎
8 10 キュートシルフ 飯田祐史 飯田明弘 全-芝 ◎
13 9 イセノスバル 武豊  大橋勇樹 中-両 ◎
15 15 カヴァリエ 藤岡佑介 池江泰郎 短-芝 ◎

京都9R ダ1400m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 7 ゲットクール 鮫島良太 鮫島一歩 中-両 ○
2 6 テイエムフルパワー 古川吉洋 柴田光陽 長-芝 ○
3 2 ニットウサラン 国分恭介 梅田康雄 中-両 ○
7 3 トラベルシチー 中村将之 崎山博樹 中-両 ◎
8 8 ドキャーレ 小牧太 大橋勇樹 中-両 ◎
中止 1 セレスコクオー 宮本博 中-両 ◎

京都10R 芝1600m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 1 スズカコーズウェイ 武豊 橋田満 中-両 ◎
2 2 ダンツホウテイ 藤岡佑介 本田優 中-両 ○
3 12 タマモナイスプレイ 熊沢重文 南井克巳 中-両 ◎

京都11R ダ1900m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 1 モチ 池添謙一 田中章博 中-芝 ○
2 5 ウエスタンシーザー 藤岡佑介 崎山博樹 中-両 ◎
3 3 ホーマンラフィット 金折知則 松元茂樹 中-両 ◎
10 13 カシノブレイヴリ 国分恭介 田所清広 中-両 ◎
14 7 スリーベイダー 小坂忠士 野村彰彦 短-両 ◎

京都12R 芝1800m
着順 馬番 馬名 騎手 調教師 血統 調教評価
1 13 ナミダガキラリ 武豊 荒川義之 中-両 ◎
2 5 エーシンコンファー 藤岡佑介 野元昭 中-両 ○
3 1 クリールトルネード 四位洋文 笹田和秀 全-ダ ◎
6 9 メジロジーニー 熊沢重文 河内洋 中-両 ◎

 時間の都合上、京都のレースに限定しております。時間があったら他の競馬場分も調べようと思います。

 まず、血統ですが、ほとんどの馬が「中-両」、つまり中距離が得意で芝・ダート共にこなせるということになっています。これでは、予想ファクターとなり得ませんね。実際中距離レース以外は「ハズレ」ということになります。

 しかも、京都9R2着馬、京都11R1着馬、京都12R3着馬は大ハズレです。京都8R1着馬のようなビンゴもありますが、とにかくこれではダメです(>_<)。

 調教評価ですが、◎が付いた馬のみを集計すると、2-2-5-16で、勝率8%、連対率16%、複勝率36%となります。全馬の結果が8-8-8-96で、勝率7%、連対率13%、複勝率20%ですので、1,2着の予想には影響がなく、3着の予想に有用ということになります。つまり、3連複や3連単のヒモを決める際には便利だが、馬単や馬単狙いにはどうでもいいということになります。

 というわけで、集計対象の母集団がこれだけでいいのかという疑問は消えませんが、今後スポニチを予想に用いる可能性は少なそうです。とりあえず、次回の機会は、「ニッカンスポーツ」や「九州スポーツ」を試してみようと思います。

 さあ、どちらが本題になるのか分からない文量になりましたが、天皇賞・春。本命は、3.ジャガーメイルです。鞍上はやっぱり安藤勝で、今年調子が堀厩舎のコンビ。前走の香港国際競争で名を一気に上げて休み明け。長距離だけに狙いにくいところもありますが、休養明けは2戦2勝で、春シーズンも2戦2勝なので、それほど影響はないのではないかと思います。ここで一気に長距離界のエースとなってほしいものです。

 2番手の対抗集団には8枠の3頭、16.スクリーンヒーロー、17.アサクサキングス、18.ヒカルカザブエを選んでみました。ヒモには4.アルナスライン、7.ポップロック、11.ネヴァブション。フルゲートだけに、これだけ選んでも三連単なら十分プラスになるとみています。

 それと、福岡に引っ越したということで、今後はPATを使い、もうWINSへ行くことはほとんどないと思うんですが、PATだと応援馬券を買えないんですよ(>_<)。なので、いつものアノ馬券シリーズは、私がWINSの近くへ住居を構えるまで休止とさせていただきます<(_ _)>

---
<事務連絡>
 GWは定額高速料金を利用してメキシコへ行く予定ですので、更新をオヤスミさせていただきます。。。

|

« VS広島 04/26/2009 atマツダスタジアム 外野指定席 | トップページ | VS巨人 05/03/2009 at阪神甲子園球場 レフト外野指定 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VS広島 04/26/2009 atマツダスタジアム 外野指定席 | トップページ | VS巨人 05/03/2009 at阪神甲子園球場 レフト外野指定 »