« 東京ビュック | トップページ | 急性腸炎になりました »

Whatever People Say I Am, That's What I'm Not by Arctic Monkeys

 今に始まったことではありませんが、我が家で所蔵しているCDの数がとんでもないことになっています。ただ、最近は新規のCDを買うことは、かなり少なくなってきました。超有名どころはある程度聴いたと思っています。なので、SHM-CDHQCDブルースペックCD等の高品質CDのオムニバス盤を購入しています。オムニバスなので、新たなミュージシャンとの出会いが期待できるからです。

 話が若干それましたが、CDの収納が一杯で、さらにCDを購入するということは、既存のCDを処分せねばならないということです。CDの処分なんて過去数回しかしたことがないんですが、瀬に腹はかえられません。

 几帳面で神経質な典型的A型人間(本当は大雑把なO型、そして牡羊座☆)雨上がりのワンちゃんは、アーティストの頭文字で置き場所を分類しています。それ以外にも様々なマイルールがあるんですが、現状「A-B」と「M-Q」の棚が溢れています。一応Amazon.co.jpで発売済みCDの数を見て分類方法を決めたんですが、自分の好みもありますからね。仕方ありません。

 というわけで、「A-B」と「M-Q」で始まるアーティストの処分が喫緊の課題ですが、ただ捨てるだけではアーティストに失礼ですね。ちゃんとレビューを書いてから、親なりバンドメンバーのQue sera sera氏に譲渡しようと思います。なお、Que sera sera氏は、同じバンドにもかかわらず趣味が全く違うので、意外に喜ばれるのではないかと思っています。

 随分と前置きが長くなってしまいましたが、栄えある(ないか(^_^;))第一陣は、Aで始まる「Arctic Monkeys」のファーストアルバム「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」です。題名を意訳すると、「周りが何と言おうと、ワシはワシじゃき。(広島弁)」ってところでしょうか。

 帯にこう書かれています。「『アークティック・モンキーズはオアシス以来のこの国で最大のバンドになるだろう』というNME誌の予言どおりだった1年で英国音楽史を塗り替えたアークティック・モンキーズの衝撃のデビュー作にして説明不要のモンスター・アルバムは必聴。」だそうです。2006年度のUK最高音楽賞を受賞したアルバムのようです。

 オアシスが比較対象に出てきたので、小気味良いロックンロールかと思いきや、どちらかというとパンクです。初期の「ザ・ジャム」や「エルヴィス・コステロ」を彷彿とさせます。

 ただ、少年メリケンサックもそうですが、そこまでパンクが好きじゃないんですわ(爆)。演奏する側としては、難しくないし、ノリだけはいいのでオーディエンスの反応は悪くないので、使い勝手も悪くないんですが、自宅で独りで聴くにはちょっとイマイチです。なお、男性宅に連れ込まれた女性が聴きたい音楽のジャンル1位は、ボサノヴァだそうです。ご参考までに(^^♪。

 あと、音楽的なことを書くと、メロディーラインとベースラインが合ってないところがあって、ちょいと気になりました。

 まあ、上記のジャム(ポール・ウェラー)もコステロも徐々に作風を変えてきたので、今後どう成長いくかを注視していく必要はありますね(かなり高飛車な意見)。

Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ / Whatever People Say I Am,  That's What I'm Not 国内盤 Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ / Whatever People Say I Am, That's What I'm Not 国内盤
販売元:HMV Yahoo!店
HMV Yahoo!店で詳細を確認する

---
<事務連絡>
 出張が入りましたので、ちょいとオヤスミさせていただきます。挨拶回りがあるので、今月来月は出張を多く入れる予定です。

|

« 東京ビュック | トップページ | 急性腸炎になりました »

☆☆」カテゴリの記事

ロック・オルタナティヴロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ビュック | トップページ | 急性腸炎になりました »