« TOKYO ACOUSTIC NITE 2009 Presents 「詩のチカラ」~ Series2 at SHIBUYA BOXX | トップページ | Clarke Quay(リバーポート乗船) »

新居を決めてきました

09
(今岡)誠に残念です(>_<)

 月・火で、福岡に行ってまいりました。「赴任打合せ」という名の出張ですが、実際には住居を決定するためです。そして、実際には日曜から向かいました。

 いきなり結論めいたことを書けないので、順を追ってみます。まず、日曜。朝出社しました。前日の停電の影響で、どうしても行きがけに片付けないといけない作業が発生したからです。そうしたら、その停電の余波でサーバーの一部が壊れたという社内メールが入っていました(T_T)。本当に泣きそうになりましたが、当面の対応をメールに書いて、後はお任せすることにしました。

 この影響で、羽田にはギリギリに到着。素早くお土産を購入し、機中の人へ。

 福岡空港に到着後、その足で居住候補地へ向かいました。そして、ウロウロとあまりアテなく歩き回りました。結果、これは結構重要でしたね。不動産屋に紹介してもらう際は、車の移動で、その間もいろいろ物件自体について話してしまうので、街並みはほとんど確認できません。皆さんも、不動産屋に行く前に歩き回って、街の雰囲気を確認することをオススメします。

 1日目は、支店の御用達の不動産屋に行ってみたのですが、営業エリアが私の希望エリアとズレているということもあり、なかなか「コレ」という物件にめぐり合えませんでした。

 当たり前なんですが、九州は日本の西方にあるので、日の入り時刻が遅いんです。個人的には、夕方から別の不動産屋に行って、日が落ちるまで可能な限り物件を見てみたかったんですが(もしくは、翌朝からスグ動けるように打合せをしたかったんですが)、夕方から支店の管理職の方々主催の歓迎会をセッティングされていましたので、恐縮しながらご好意に甘えました。場所は、博多駅近くの「つぼ八」。

 そして、2軒目はナント中洲へ連れていただきました!(^^)!。以前父が勤めていた会社が中洲にあったので、中洲自体へ行ったことはありましたが、なにぶん小学低学年時代。成人してからは初めてでした。場所はよく分かりませんでしたが、どちらかの川沿いのスナックでした。

 私はこの日ご馳走していただきましたが(ありがとうございました<(_ _)>)、昨日、その店に訪問したことがある一円也氏に確認したところ、料金は\6,000/人だそうです(@_@;)。そして、その店で最も安いボトルのキープ料が、\15,000だそうです(@_@;)。現在の税制では、損金扱いにできるのは\5,000/人以下の店なので、この店は社用族に敬遠されそうな気がするんですが。。。あ、私が勤めている会社では、こういう場合では、ビタ一文経費扱いとなりませんよ(^_^;)。

 2日目は、朝定時に支店に出社し、自力で探す旨伝えた後、「ドッとあーる」という不動産屋に向かいました。藤井隆氏のCMで有名だそうなんですが、コチトラ「ガキ使」で放映されなければ、知りません<`ヘ´>。

 パンフで絞込みをすること1時間強。5軒の候補を順に見て行きました。\5,000の値引きが成立したら即決の物件もあったんですが、残念ながら成立せず。結局、角部屋ではないのが難点ですが、それ以外はほぼ希望を満たしていた物件に決定しました(^^♪。もう、ギリギリのタイミングでした。

 で、支店に挨拶をして空港に戻って、また機中の人となり、帰り際に出社して、深夜まで仕事をしました。。。

 で、気づいたことなんですが、、、

・不動産屋へは、月・火・木・金に行くべし。休日は忙しいそうなので、不動産屋の担当の方も、なかなか時間を割けないようです。それと、午前見た物件を午後に決めようとしたら、既に他の人に押さえられていたり、空き物件のカギを入手するにも時間を要する場合があるそうです。水曜がダメなのは、業界として定休日が多いからです。無休の不動産屋でも、物件の管理会社が休みの場合もあるので、避けた方が無難です。

・ネットに掲載されている物件は、実際にはほぼ無いと思ってもらって大丈夫のようです。ただ、それはタイムラグによって生じるもので、オトリとして掲載する悪徳業者はあまりいないと思われます。実際、不動産屋に置いてあったパンフも、実際に電話で確認すると空きが無かったケースもありました。ただ、相場を知るのと、不動産屋を探すのには、ネットは有用だと思います。

・今住んでいる家を探したとき思ったのが、物件を見るのは日の入り前がいいです。夜だと、日当たりや隣接する建物を確認し辛いので。

・現在持っている最も大きな家具の寸法を事前に測って、それが実際に置けることを確認した方がいいです。特に、ベッドの位置ですね。ここに、早くも悩んでいる人がいるくらいなので。。。

・冷蔵庫置場が無い物件が意外にあります。やはり、音や熱問題があるので、冷蔵庫を居住スペースに置くのは感心しません。

・間仕切りや物干し竿の高さに注意。私の背が高いのが原因ですが(^_^;)。特に地区年数が経つ物件ですね。

・駐輪場は重要です。駐輪場が不便な位置にある物件は、住民が置場を守らなくなり、結果的にそれ以外の規律も守らなくなる傾向がハッキリ現れていました。これは、今回の家探しで最も驚いたことでもあります。

Dscn3851 Dscn3852

 いろいろ写真でも撮って、部屋のレイアウトでも考えようと思っていたんですが、時間が一切足りず、結局撮ったのはこの2枚のみ。

 行きの飛行機から富士山です。私のように不動産会社を替えるケースも想定されるので、物件探しは2泊3日を予定した方がいいですね。

 ともあれ、ひとまず安心しました。そして、今日をもって仕事もヤマを超えました(*^_^*)。それでも、まだ9合目付近ですが、徐々に家の整理を始めようと思います。そして、送別会を開いてくださる方々、よろしくお願いします<(_ _)>。

Image081 Image082

 あーっと、それと、帰りの羽田空港で、ちょっとしたお土産を買ってみました。最近流行の生キャラメルです。こういう北の大地のご当地モノまで手に入るとは、東京はスゴカねぇ。。。

 購入したのは、サクラ・ドゥ・ノ-ルというお店のものです。のサイトでも、某有名人経営の店を押しのけ、圧倒的人気を誇っています。

 ハァハァよだれを垂らしながら食べてみましたが、圧倒的な甘さの中に油が浮いている感じがして、ダメでした。この店というより、生キャラメル自体が、雨上がりのワンちゃんに合わないものと思われます(>_<)

|

« TOKYO ACOUSTIC NITE 2009 Presents 「詩のチカラ」~ Series2 at SHIBUYA BOXX | トップページ | Clarke Quay(リバーポート乗船) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TOKYO ACOUSTIC NITE 2009 Presents 「詩のチカラ」~ Series2 at SHIBUYA BOXX | トップページ | Clarke Quay(リバーポート乗船) »