« Sultan Mosque | トップページ | Sri Krishnan Temple and Kwan Yin Tang »

John Oates (of Hall & Oates ) at ビルボードライブ東京

 もう、どうやってこのライブの存在を知ったのか憶えていませんが、行ってまいりました。多分、Yahoo!チケットかイープラスだとは思うんですが。あっ、引越しに伴い、これらの「お気に入り登録」も変更しなければなりませんね。備忘録、備忘録と(^_^;)。

 場所は、早くも死語になりつつあるポッポギロッポン。その中でも、新ランドマークの東京ミッドタウンです。ココと六本木駅は地下通路で直結しているんですが、なぜか案内標識はいったん地上に出るよう書かれています。行きは従って地上に出て、帰りは流れで地下を使うんですが、やっぱり地上にいったん出たほうが速いような気もします。どうなんでしょう(?_?)

 東京ミッドタウンは、この時以来です。「タウン」と名付けられているだけあって、いくつかのビルの集合体なんですが、今回は、その中でも「ガーデンテラス」の4Fにある「ビルボードライブ東京」が会場です。

 サントリー美術館よりさらに奥の上層階です。もう、もしかすると乃木坂駅の方が近いかもしれません。結局エレベーターの位置がよく分からなかったので、ちくちく地下からエスカレーターで登りました。こういう複合施設においては、ユニバーサルデザインの案内標識だけでは限界があるような気がします。もっと、目的施設ごとに案内をベタベタ貼らないと。

 それで、ビルボードライブ東京。今回は事前に公式サイトで席を手配していたんですが、チケットは無し。受付で「口頭」で伝えます。そこでやっと(手書きで)発券されます。さらに、当日券を購入する人もいるので、受付は混雑します。

 心配だったんで、一応予約完了画面をプリントアウトして持って行きました。で、並んでいると黒服っぽい人に聞かれてたので、「事前予約しているから優先して発券してもらえる」と思ったのもつかのま、「そのままお待ちください」と言われました(>_<)。しかも、そいつ、フォーク状に並んでいた列を、窓口ごとに並び直させたんですよ。それで、結局待ち時間が増えてしまいました。毎日やっているはずなのに、随分なポンコツ振りな仕事ですな<`ヘ´>。

090203

 それは置いておいて、今回はカジュアルエリアという席種にしました。選んだ理由は3つあって、まず、座席指定だったこと。結構定員制の自由席が多くて、平日だったので、それは避けたかったんです。結局、開場は17:40のようでした。直帰しない限り、砂被りの良い席を確保するのはちょっと厳しいです。次に、初めてだったんで、全体を見渡せそうな場所にしたかったんです。それと、お求め安い値段だったからです!(^^)!

 その辺は公式サイトのフロアマップに載っていますが、非常に分かり辛いです。特に上下関係がサッパリです。こういう場合、平面図は各階ごとに独立させ、さらに断面図を加えないといけませんな。カジュアルエリアは最上階のステージに向かって正面側になるんですが、発売初日に予約しただけあって、ほぼ真正面の席でした。

 カジュアルエリアでは、ドリンクチケットが1枚ついてきます。ただ、バーカウンターが下、つまりエントランスと同じレベルにあり、カジュアルエリアに向かう途中にあるので、混雑&ドリンクの持ち運びが面倒です。これは、文句があるのなら、もっと金を払って他の席にしろってことでしょうね。他の席はサーブしてくれますので。もっとも、私には食事をしながらライブを観るという文化がないので、これでじゅうぶんです。

 私の場合はほぼ真正面だったので問題なかったんですが、席によっては角度がかなり急です。要は、指定席は早めの予約を、自由席は早めの来場をってことです。あと、自由席ですが、基本的に4人テーブルになります。中山競馬場のゴンドラ席状態です。相席でメシ食って横向いてライブを観るってどういう感じなんでしょうね。けど、自由席はとにかくステージに近いです。熱狂的なファンにはたまらないでしょうね。楽屋は向かって左手にあるようなので、何かを渡したい方は、右側より左側をチョイスした方がいいと思います。

 で、やっと本題に突入。知っている限り、憶えている限りのセットリストは以下の通りです。

1.Lady Rain (Abandaned Luncheonette)
2.Had I Know You Better Then (Abandaned Luncheonette)
3.She's Gone (Abandaned Luncheonette)
4.Las Vegas Turnaround (Abandaned Luncheonette)
5.Sara Smile (Daryl Hall and John Oates)
6.Little Angel (PHUNK SHUI)

<リクエストコーナー>
7.Possession Obsession (Big Bam Boom)
8.Keep On Pushin' Love (Ooh Yeah!)

10.The Good Son (1000 MILES OF LIFE)
11.Change of Season (Change Of Seasons)
12.I Can't Go For That (No Can Do)
15.You've Lost That Lovin' Feeling (Voices)

 括弧書き内はアルバム名です。今回は、ニューアルバムを引っさげてのツアーだったんですが、その入手が間に合いませんで。。。けど、これだけセットリストを書けるのは凄くないですか?実は、ドリンクを置くための台があったので、そこでメモ書きしていました(^_^)v

 って、ついて来てますか???(笑)

 「ダリル・ホール&ジョン・オーツ」(Daryl Hall & John Oates) という80年代前半に一世を風靡したアメリカのデュオがおりまして、今回はその片割れというか地味な方の来日ライブでした。「Private Eyes」(プライベート・アイズ)とかはCMでも使われていたので、聞けばご存知の方も多いかと思われます。

 彼は元々ボーカルとギターを担当していまして、エモーショナルでちょっとハスキーな歌声が特徴的です。

 そういう感じですので、ギターも、アルペジオとかを爪弾くよりは、かき鳴らす感じの方が似合っています。けど、ギターのミュートの使い方も凄いんですよ、これが。

 ツアーメンバーは、
ジェド・リーバー/Jed Leiber(Keyboards)
マイケル・メルシエール/Michael Mercier(Bass)
ジョン・ミッシェル/John Michel(Drums)
で最小限ですので、アコギ系でした。

 1曲ごとに、いろいろ解説とか心境を話していたので、随分おしゃべりなのか親切な人だなとその時は思っていました。けど、それってビルボード側に要請されていたんですね。曲中はさすがに客にサーブできないので。

 このビルボードライブは、チャートを集計するあの「ビルボード」なんですが、日本では阪神の子会社が運営しておりまして、東京以外に大阪と福岡にもあります。けど、John Oatesは今回来福しません。また、福岡だけカジュアルエリアがありません。こういう差別さえなければ、福岡でも通うんですが。。。 

---
<事務連絡>
 年末に続き、お仕事がお忙しくなったので、土曜の更新は見送って、次回は8日(日)になります。年末はゴールが見えなくてもがいていましたが、今回は先が見えているものの、そこまでの距離と険しさに辟易しております。

 せっかくの転勤激励メールや送別会お誘いメールも、返信が遅滞しております。2月最終週には峠を越せると思いますので、それ以降に飲みに行きまっショイ!(^^)!

【Aポイント+メール便送料無料】ジョン・オーツ John Oates / 1000 Miles Of Life (輸入盤CD) 【Aポイント+メール便送料無料】ジョン・オーツ John Oates / 1000 Miles Of Life (輸入盤CD)

販売元:あめりかん・ぱい
楽天市場で詳細を確認する

|

« Sultan Mosque | トップページ | Sri Krishnan Temple and Kwan Yin Tang »

ロック・オルタナティヴロック」カテゴリの記事

ソウル・R&B」カテゴリの記事

コメント

4月のクリストファー・クロスのライブをビルボードライブ東京に見に行こう、と思ってるのですが席に関して教えてください

カジュアルエリアでもステージには近いのでしょうか?
あとステージ前の自由席のエリアでは基本的に食べ物を頼まないといけない感じでしょうか?


あとピックを投げたりとかステージからのサービスってありましたか?
ピック投げたり前だとサインを貰えるチャンスとかがあったら自由席にしようと思っているのですが

投稿: おっとっと | 2009年2月 8日 (日) 23時18分

おっとっとさんへ

>カジュアルエリアでもステージには近いのでしょうか?

 遠い近いは主観に左右されますが、私は武道館クラスの大ハコに慣れていますので、「近っ」と思いました。ただ、角度はキツいです。かなり見下ろすようになります。
 ショッピングモールとかの吹抜けでイベントとかやってるじゃないですか。それを上方階から見るような感じです。
 実際の距離については、公式HPから直接お問い合わせください。


>あとステージ前の自由席のエリアでは基本的に食べ物を頼まないといけない感じでしょうか?

 こういう記事を見つけたので、制度が変更になっていない限り大丈夫だと思います。
http://yanrock.blog78.fc2.com/blog-entry-171.html 


>あとピックを投げたりとかステージからのサービスってありましたか?
ピック投げたり前だとサインを貰えるチャンスとかがあったら自由席にしようと思っているのですが

 John Oatesはアンコール時を含めて2度の退場の際に、ステージ向かって左側の最前テーブルの方々に握手をした程度でした。しかし、これはどちらかというと、アーティスト次第なのではないでしょうか。あくまでもファンサービスなので。
 ファンサイトで過去の事例を確認することをオススメします。個人的には、食事やドリンクがテーブルの上に置かれているので、ピックを投げる可能性は少ないかと。。。

投稿: 雨上がりのワンちゃん | 2009年2月 9日 (月) 14時39分

ありがとうございます

ビルボードライブの情報は結構少ないので参考になりました

投稿: おっとっと | 2009年2月 9日 (月) 21時56分

おっとっとさんへ

 多少割高に感じますが、場所代とステージまでの全体的な近さによるプレミアと考えるしかありません。

 それでは、当日は楽しんできてください。

投稿: 雨上がりのワンちゃん | 2009年2月10日 (火) 08時29分

Every body understands that men's life is expensive, nevertheless people require cash for various things and not every person gets big sums money. Therefore to receive some http://goodfinance-blog.com">loans or just commercial loan will be good way out.

投稿: MossMAGGIE23 | 2012年2月 8日 (水) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sultan Mosque | トップページ | Sri Krishnan Temple and Kwan Yin Tang »