« 新居を決めてきました | トップページ | Merlion Park »

Clarke Quay(リバーポート乗船)

 昨日とんでもない光景に出くわしました。

 1月下旬から私を悩ませていた、超大型案件の2つがようやく終了し、キリがいいっつうんで、午後休しました。先ほど終わったんですが、土曜に引越し屋さんが来て、見積をすることになっていました。それまでに、持っていくものと捨てるものの分別をしなければならないわけで、時間を必要としていました。

 一方で、最近忙しくて運動ができなかったので、これも早急に対処せねばなりませんでした。ってことで、午後休してジムに行って、それから自宅に篭って整理しようと計画を立てました。

 金曜の午前は雨が降っていて寒かったので、チャリで行くいつものジムではなく、年数回行く自宅から離れたジムに行きました。ココは駅近なので、寒風を避けることが可能です。そして、系列店とはいえ、置いてあるマシンが全然違うので、普段と違う筋肉を鍛えることが可能です。

 それで、身体を散々苛めた後、ロッカーに戻ったところ、どこかで見たことがある浅黒い男性と目が合いました。う~ん、誰だっけ?とお互いすぐに思い出せず、数秒後、アーッと叫んで、思わず身体を仰け反ってしまいました。

 ニャーんと、会社の同僚、ボーグルソン“オードリー春日”まきお氏でした(命名者M.D.氏だけど、長過ぎです)!(^^)!

 聞けば、このジムがある駅の沿線に住んでいるので会員になって、この日は休みを取ったので、プールに行っていたとのコト。ちなみに、雨ではなく、風呂上がりだったようで、タオルを巻いていましたが、物凄く腹が出てました。いやあ、本当にアンコ型のプチ力士って感じで。そんなんだったので、気付くのに時間を要した次第です。このジムって、通っても効果無いのかなと一瞬脳裏をかすめたほどです(^_^;)。

 なお、タオルを巻いていたので、彼の下腹部を見ておりません。女性の方々、残念でした(^_^メ)。まあまあ、私ほど立派ではないハズです。。。

 とりあえず、これを機に、週明けにいろいろ聞き取り調査をしてみたいと思います
(^_^)v

---

 前回からちょっと間ができてしまいましたが、鋭意続行します。これまではどちらかというとシンガポール東部だったんですが、ここらでお口直しとして遊覧船に乗ります。乗船場はクラーク・キーにありました。

Dscn2817

 この辺りは、もともと貿易港としての倉庫街だったそうですが、現在ではシンガポールでも有数のナイトスポットだそうです。つまり、ライブハウスやクラブが多いってことですね。

 そういうわけで、昼は何にもありませんでした。元々観光する時間すら設けられていなかったので、いそいそと観光船に乗り込みました。

Dscn2818 Dscn2827

 左側は、建設中のビルですが、このガラスは変わってますよねぇ。オフィスビルの窓ってこんなにも多く開きましたっけ。仮設用なんでしょうか???

 右側のビル。これは屋上緑化ではなく、なんと呼べばいいのでしょうか。。。 

Dscn2822 Dscn2825

 シンガポールは小さい国で、アラブ同様大地震が発生する可能性も無いことから、高層ビルが数多く建設されています。けど、本当に大丈夫なんでしょうか。お隣のインドネシアでは大地震が発生していますが。あと、良質の建設資材をどうやって確保しているかも気になるところです。

Dscn2823

 B.D.氏オススメの「Jumbo Seafood(ジャンボ・シーフード)」。時間の都合上、残念ながら訪問することは叶いませんでしたが、「No Signboard Seafood Restaurant」のようなメニューのようです。

Dscn2826 Dscn2828

 今回乗った遊覧船と同型のタイプです。遊覧船というよりは(低い)屋根つきボートですね。ただ、これには理由があって、屋根を低くしなければ、橋にぶつかってしまうからです。そう言えば、シーバスとかは全てこんな感じでしたね。

 右側のオレンジの建物群は、「Boat Quay(ボート・キー)」です。下船していないので詳細は不明ですが、飲食店が多いそうです。

Dscn2832 Dscn2830

 右側の写真の建物は、築約80年だそうです。役所や中央郵便局として使用され、現在は「The Fullerton Hotel Singapore(ザ・フラトン・シンガポール)」という高級ホテルになっています。

 左側は対して近代的な建物。「Esplanade Theatres on the Bay(エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ)」という複合文化施設で、劇場やコンサートホール、展示スペース等があるそうです。実は、シンガポール独自の文化活動がどんなもんか、CDショップを周って調べたんですが、結局地元のアーティストのCDやDVDをみつけることができませんでした(>_<)。日本のアーティストのものは売られていたんですが。。。

Dscn2834 Dscn2835

 いよいよ、河口です。狭い領土を広くするためには、他国へ侵攻するか、埋め立てしかありません。シンガポールでは当然後者が選択され、沖に広がっています。写真の土地はカジノが建設されるようですが、現在の金融危機でどうなってしまっているんでしょうか。

 さあ、お待たせしました。このリバーポートの行き先は、シンガポールで最も有名な観光スポットですが、残念ながらお時間のようです。続きは次回。

大きな地図で見る

|

« 新居を決めてきました | トップページ | Merlion Park »

旅行・地域」カテゴリの記事

☆☆☆」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新居を決めてきました | トップページ | Merlion Park »