« McFlurry | トップページ | ERIC CLAPTON 2009 at 日本武道館 »

Boon Tong Kee

 シンガポールを代表するローカルフードと言えば、「チキンライス」だそうです。ただ、チキンライスといっても、あのケチャップのあのお子様ライスでもなく、浜田雅功氏と槇原敬之氏(通称:歌手のマッキー)の楽曲でもございません。

 チキンをゆでた後、その出汁でご飯を炊いたものです。「海南風チキンライス」とも称されるそうです。

 キングオブ観光客の雨上がりのワンちゃん一行は、それを聞きつけ、居ても経ってもいられず、タクシーに乗り込んだ次第です。場所は、キングオブチキンライスの「Boon Tong Kee(文東記)」です。

 文東記は何店舗かある老舗ですが、せっかくなので本店に行くことにしました。場所はラッフルズシティの西、オーチャードロードの南側にあり、市街地から離れています。バスでもいけないこともないようですが、タクシーが便利だと思います。

 中途半端な時間に行ったせいか、席には余裕がありました。中国系の店員のオバチャンは、いろいろ注文をさせようとしつこいです(笑)。負けずに、鶏肉$6とご飯(油飯)$6.5のみを注文しました。当時のレートで約\1,000。ちょっと観光地価格ですね(^_^;)

070907

 こちらがチキンライス、、、というかチキンとライス。チキンは蒸されているので、当然色は変わりません。ご飯は何故かピラミッド状によそわれています。

 そして、特筆すべきは、チキンよりもライスが絶品だったということ。これだけでも食べられそうな勢いです。上品なチャーハンといった趣で、たいへんおいしゅうございました。同行者はおなかが空いていたようで、おかゆを注文していましたが、途中でいっぱいいっぱいになっていました(笑)。

 ところで、この海南風チキンライス、自宅でも簡単に作ることができるようです(チキン部分のみ)。コチラのページを参考に是非お試しください。東京の美女は3月中に、九州の美女は4月以降に作って、私に食べさせてください(^^♪

 あれ???チキンライスを直訳すると、鳥+ご飯、鶏肉は「かしわ」、ご飯は「めし」とも呼ばれますよね。ってことは「かしわめし」。九州の郷土料理じゃないですかっ!(^^)!

Boon Tong Kee
425 River Valley Rd.
11:00~4:00
旧正月2日間休
6736-3213

大きな地図で見る

|

« McFlurry | トップページ | ERIC CLAPTON 2009 at 日本武道館 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

アジア・エスニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« McFlurry | トップページ | ERIC CLAPTON 2009 at 日本武道館 »