« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

No Signboard Seafood Restaurant

 えーっと、前回の転勤のご報告後から、社外の友人からもいろいろとメールをいただいております。ありがとうございます<(_ _)>

 ただ、指摘させていただきたい点がございます。「ご栄転」という言葉が頻繁に使われておりますが、この言葉の意味を三省堂の大辞林で調べると、「今までよりもよい地位に転任すること。」と書かれております。

 ワタクシ、九州へ異動はしますが、職階は上がりませんので、「栄転」には該当しませんので悪しからず。

 しかしですよ、カラクリがあります。ある程度の規模の会社だと、寮があるじゃないですか。独身だけとか、入社何年までとかの制限はありますが。私が所属している会社は固定資産がお嫌いのようでして、寮がないんですが、その代わりに家賃補助があるんですよ。

 このまま東京に居続けたら、次年度からこの家賃補助が切れるところなんですが、転勤により地方で生活するので、この制度適用は続行されます。試算したんですが、今と同じ部屋に住み続けた場合、定期昇給を無視すると、ウン万円手取りが減ります。有名外資系シティホテルのいい部屋に余裕で泊まれるほどです(無論1泊ですが)。

 そういう意味では、今回の転勤で懐は痛みませんな(^_^)v

---

 東京からシンガポールへ飛び立ち、ホテルに無事チェックインとなると、次にすべきは当然「メシ」でしょう。今回は、同行者と行きたい所リストのようなファイルを共有して、お互い書き込んでいたんですが、同行者が赤書きまでした店、「ノーサインボード シーフード」へとりあえず行ってみることにしました。

 場所は、競技場の近くです。一応の地下鉄最寄り駅は、東西線カラン(Kallang)駅ですが、そこから1km以上あるので、最初からタクシーを使うことをオススメします。競技場近くということは、イベントがない日はガランとしていて物騒ですし。

 それと、タクシー。政策的に自家用車の台数を制限しているシンガポールでは、代わりとしてタクシー料金が安いです。ただ、問題は様々な追加料金があり、その課金システムがよくわからないということです。もう、運ちゃんを信じるしかないですね。目安としては、繁華街のオーチャード・ロードから店まで$10弱です。

Dscn2791 Dscn2804

 ということで、ここです。他のいくつかのレストランと共にあり、水上レストランのようになっています。なお、ここまで来て満席だったら切なすぎるので、予約した方がいいですね☆

Dscn2793 Dscn2794

 Seafood Platter($38.00)と、Oyster Sauce Vegetable($10.00)です。Platterってのは「大皿」って意味です。この海鮮大皿、ちと割高でしたが、これからご紹介するメニューのお口直しには良かったですね、ちと割高でしたが。

Dscn2797

 ここからは名物料理。ちょいとブレてしまいましたが、Hokkien Mee($8.00)です。ホッケン・ミーと呼びます。日本語っぽく書くと「あんかけ焼きそば」といった感じでしょうか。シンガポールを代表する地元料理だそうです。まあ、典型的な家庭料理ですね。店によってもいろいろとバリエーションがあるようです。

Dscn2796

 メインのChilli Crab($37.00)です。これはねぇ、チリソースが辛すぎてカニ自体の味がよく分かりませんでした。私はたまに合わない唐辛子があり、痔になってしまうんですよねぇぇぇ。けど、以外にクリィミー(マミ)でした。写真には撮っていませんが、饅頭(まんとう、$2.00)でソースをすくうのが通ですね。

Dscn2795

 そして、最後に雨上がりのワンちゃんの一押しメニューを。Drunken Boll Frog($24.00)です。「Drunken」は当然「drink」の形容詞形なので、「酔っ払い」ですね。「Frog」は当然「カエル」で~す(^_^)v

 カエルは「柔らかい鶏肉」と断言してもいいですね。ちょっと骨を取り除くのが面倒ですが、骨の周りだけにウマかったです。同行者は、初カエルだったそうですが、やはり絶賛していました。

Dscn2798 Dscn2801

 カニやカエルの骨でバタバタしていましたが、ふと周りを見ると高層ビル街が。そして、ふとレシートを見ると、合計で$184。$1=\75程度のレートの時だったので、思わぬ大出費でしたしかも、1品1品の量が多くて、ちょっと残してしまいました(>_<)

 帰りですが、タクシーを見つけるのに苦労しました。結局、この店に客を送り届けたタクシーにそのまま乗り込みました。もし心配であれば店員に頼めばいいと思います。エッ、なんて告げればいいのかって?こう言えば大丈夫です。

Will you call me a taxi?
(和訳:そぎゃんですか?)

No Signboard Seafood Restaurant
50 Stadium Blvd. Oasis Bldg.
12:00~24:00
旧正月休
6344-9959

大きな地図で見る

| | コメント (0)

会社の2010年度人事の内示 ~ 果たして雨上がりのワンちゃんの転勤先は!?

 昨年も同じようなコト書きましたね。

会社の次年度人事の内示 ~ 果たして雨上がりのワンちゃんの転勤先は!?

 結論から書くと、、、

九州に転勤

となりました。まっ、これも総合職のサダメです。。。いやいや、嫌々ではなくて望むところです(^_^)v

 もうちっとだけ具体的に書くと、九州の支店は、福岡市の博多駅のすぐ傍にあります。博多駅から横断歩道2回渡るだけなんですが、これが長い時間待たされるんですよ<`ヘ´>。ヘタすると、歩く時間より長いかもしれません。

 基本的に九州内の担当県を持たされて(私の担当は未定です)、数日の出張を月数回こなすんですかねぇ。それ以外にも、福岡市内や他県への外出もあります。

 九州でのメインは、他社にお伺いし、インタビューをして(カメラは回りません)、それを取りまとめるという仕事です。あとは、九州では手に負えない案件を、東京に協力依頼する事務手続きですか。 問題は、他社にお伺いするといっても、量がハンパないので、アポ無し訪問もザラにあり、無償でのお願いですので、どうやって他者の方と友好関係・信頼関係を築くかがポイントになります。

 これって、東京で今までやってきたことと、かなり違うんですよねぇ。まず、「取りまとめ」の手法。これからは積極的に市販用の書籍に絡むので、それの入稿関係の作業ですか。過去1年だけやったことがあるんですが、当時と今とでは手法が異なるので、問題外です。

 それと、お伺いする社数と協力度合い。今までは、私がお伺いすることは、他社にとってもメリットがあったんです。だから、諸手を挙げて歓迎されました。ただ、内容は深く、膨大な資料を付き合わせながら話す必要があり、お互いパソコンを見ながら電話で会話した方がいいねってことで、外出するケースはさほど多くありませんでした。けど、今後は、お願いお願いお願いの連続です。

 あと、そもそもインタビューする会話の話題が全然違いますね。

 ってことで、社内転職のような感じになります。社会人になった時を思い出し、初心に戻って仕事を一から覚えたいと思います。九州の新しい同僚のみならず、東京の方や、社外の諸先輩、友人、後輩の皆さんからのご支援を受けて頑張っていきますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします<(_ _)>

 そうそう、支店の代表、すまり新Bossも今回東京から赴任します。それは、私が昨年の有馬記念の日まで所属していた競馬部競馬課の課長さんです(^_^)v。もう、腐れ縁ですか。まあ、夏には小倉競馬場へ結構な頻度で一緒に行くことになるかと思います。小倉競馬場は、第4コーナー側にある芝生の広場がゆったりしていいんですが。けど、暑いです。

 だから、今までのBossは改名しないといけませんね。エーッと、どうしましょうか。じゃあ「東西線の天の声」にします。理由は、それが口癖だから(爆)。

 というわけなので、まずは家探し。車は親のを借り、サブプライム問題で分譲賃貸の供給過剰となって相場が下落しているので、今の狭くて古い家よりはいい条件のところを借りれるんじゃないかと期待しています。

 今までどおり独り暮らしなので、家電は特に必要ありませんが、さまざまな手続きが面倒ですねぇ。けど、来月には家を決め、3月の三連休には荷物を出さなければいけないと思っています。

 ですから、それまでに東京の方は1人につき5回程度送別会を開いてください。九州の方は4月以降に1人につき5回程度歓迎会を開いてください。あっ、九州では歓迎されていないかもしれませんが。。。(-_-)

 ここからは(ここまでもそうなんですが)備忘録。チラシに有益なことが書かれていたので、転載したいと思います。お引越し時に使えそうです(^_^)v

<なるほど大掃除!>
掃除を始める前の注意!
ふき掃除で出る汚れた水も掃除につきもののホコリも、上から下へと落ちるものです。つまり掃除は「高い所から低い所に」が大原則。綺麗になった所を汚さないためにも、はき掃除・ふき掃除は「奥から手前に」。掃除をする時は後進しながらが基本です。

窓ガラスには新聞紙!
まずガラスを少し湿らせ、充分に拭いて水気をとります。次に乾いた新聞紙で乾拭きをします。これでガラスはピカピカ!

網戸にはダンボール紙!
まず網戸は取り外さず、内側からダンボール紙を貼ります。こうしておいて外から掃除機で吸えば、内側(部屋の中)にホコリも入らず、ノズルと網が密着するのでホコリが簡単に吸い取れてラクラク!

冷蔵庫の下に履き古したストッキング!
ストッキングを不要な棒状のものに巻きつけて冷蔵庫の下を軽く掃きます。静電気でほこりを吸い取るので、ラクラク!

電話機の汚れには重曹&酢水で!
手アカで汚れがちなのが電話機やインターホン。まずは重曹をふりかけてこすり、スポンジに酢水を含ませてから絞ったもので再びふきます。これで手アカも汚れもスッキリ!

玄関には茶殻をまく!
玄関のたたきに水気を絞った茶殻をまきます。それからしばらく待ち、ほうきで掃きます。どうでしょう、茶殻がホコリや土を吸い取り簡単にきれいになるから玄関はスッキリ!(ジャスミン茶等の香りの残る茶殻を使うのもいいですね)

シールやテープをはがすにはサランラップで!
ガラスやドア・クロスなど水に濡らしても大丈夫な所に貼ったシールなら、家庭用の中性洗剤をスポンジにつけてシール部分にたっぷりとつけます。そこをサランラップで覆い10~20分。あら不思議、シールはがしがカンタン!(後で変色しないように水拭きもしましょう)

| | コメント (0)

大相撲一月場所十四日目 2階イスB席 at両国国技館~その2

 前回の続きでござる。当然、朝青龍が優勝していることは周知の事実ですので、これはあくまでも備忘録ですぞ。結果論的に書く部分もあるかもしれませぬが、ご容赦くだされ。

Dscn3767 Dscn3768

 まずは、十両土俵入り。この儀式ですが、横綱土俵入りの際に行う「四股」と「せりあがり」を簡略化したものだそうですね。度が過ぎるような気もないではないですが、これだけの力士がいっぺんに四股とか踏もうとすると、隣に当たってしまいそうですもんね。

 十両の場合は、時間の節約のため、十両土俵入りも幕下上位の取組が続きます。十両で特に注目すべき力士はいませんでしたが、霜鳳関再入幕おめでとうございます。

Dscn3769 Dscn3771
Dscn3775 Dscn3776

 そして、幕内土俵入り。十両土俵入りとの違いはありません。やはり、相撲の場合は、関取と呼ばれる十両と幕下の間に大きな格差が生じるようです。あー、けど、化粧回しが華やかですね。

Dscn3779 Dscn3781
Dscn3782 Dscn3783
Dscn3784 Dscn3787
Dscn3789 Dscn3791

 続けて、横綱土俵入り。型には雲龍型と不知火型がありますが、それぞれ過去の横綱が起源となっています。2つの違いは、せり上がる時にあります。「アウト」と言わんばかりに右手を伸ばすのが雲龍型。「セーフ」と言わんばかりに両手を伸ばすのが不知火型です。

 「不知火型は短命」という言葉がありますが、それは俗説で、実際には出羽海一門と高砂一門および時津風一門の横綱が雲龍型、二所ノ関一門か立浪一門の横綱が不知火型を選択しています。現役では、朝青龍が雲龍型で、白鵬が不知火型です。

Dscn3794 Dscn3796
Dscn3799 Dscn3801

 幕内最初の対戦は、最重量級力士の下から読んだら「マヤトモマヤ」の山本山です。その巨体を活かした「キメ☆出し」(造語です)で勝ったものの、格下の十両相手。下半身に力強さかスピードがないと三役相手は厳しいかもしれません。両方兼ね揃えることが理想ですが、そうなったら世紀の大横綱ですね。

Dscn3804 Dscn3810

 人気者ロボコップ高見盛。かつては大関候補とも言われていましたが、朝青龍による脱臼以降、幕内下位をウロウロしています。1度も幕内陥落していないのは立派ですが、この日も相手の突きにひるんでしまうという典型的な負けパターン。年齢も私とタメですし、そろそろ技巧派への転身を図らなければいけない時期なのかもしれません。

Dscn3819 Dscn3821

 14日目ということで、大関同士の対戦がありました。長身イケメン大関琴欧州対最軽量新大関日馬富士。琴欧州もいつも間にか追いかけられる立場になってきてますね。白鵬も日馬富士も年下ですから。大関になってからというものの、10勝できれば御の字になっていますね。昨年の5月場所の優勝がマグレなようにも思えてきます。もっとブルガリアヨーグルトを食べて頑張ってほしいものです。

Dscn3826

 14日目は偶数日ですので、東の横綱の白鵬が先に土俵に上がりました。見所は、イチジク浣腸の懸賞があったことです(^_^)v。とにかく、千代大海に「ハァ~ッ?」と問いかけたくなるような自滅劇。事態は飲み込めたものの、膝をついた意味が不明でした。けど、まあこれで、舞台は整ったようなものです。

Dscn3831 Dscn3832

 結びの一番は朝青龍。相手の魁皇が人気力士ということもあり、場内は魁皇への声援一色でした。ベテランでかろうじて踏みとどまっているというところからも、阪神で言うと桧山のような存在ですね。ついでに書くと、今年の九州場所まで幕内にいると、高見山の幕内在位記録を更新できます。この角番時のしぶとさからすると、大怪我さえなければ大丈夫な気もします。まあ、この日の結果は、、、ネッ(-_-;)

Dscn3833 Dscn3834
Dscn3835 Dscn3837
Dscn3840 Dscn3844

 取組の締めは弓取式。結びの一番の勝者に代わって勝者の舞を演ずるという意味があるので、結びの一番で勝った方の方角から土俵に上がるそうです。現在は男女ノ里(みなのさと)が勤めています。変わった四股名ですが、戦前には男女ノ川という横綱もいたようです。

 終了後は、国技館内にある相撲博物館にちょっと寄って帰りました。両国駅までは激混みなので、地の利を活かして隅田川を渡って浅草橋まで歩きましたとさ!

 結局、何が一番よかったというと、、、やっぱり東関親方ですねぇ。そんな東関親方も、5月場所の後に定年を迎えます。親方衆は館内で何かしらの仕事を担当していますので、是非最後の雄姿をその眼でご確認ください!

 いやあ、国技館も制覇したことだし、これで東京も悔い無し、、、と思ったら、まだ何箇所かありましたぁ。私からの指名を受けた方は、お付き合いよろしくお願いします<(_ _)>

| | コメント (0)

大相撲一月場所十四日目 2階イスB席 at両国国技館~その1

 雨上がり家は、代々江戸城の城下町、つまり下町の深川っつう街の近辺に住んでおります。つまり、語源の定義からすると、両津氏がいる亀有なんかは下町じゃござぁせん。

 で、その江戸(はるみ)情緒溢れる深川(夏は祭りとかで少々うるさいですが)から、ちょいと北に足を伸ばすと、墨田は両国に国技館があり、今春ついに引越しをする前に一度行ってみないとアカンベと思い、意を決して行ってみたという次第です。

 ちなみに、国技館は「東京都墨田区横網」という住所です。一瞬「相撲だけに!」と思ってしまいますが、残念ながらニアピン賞でした。。。

 せっかくなんで、プラプラと歩いていこうと思ったものの、結局同行者との待ち合わせ時間に遅れそうで(というか、遅れたので)地下鉄で向かいました。その、地下鉄(大江戸線)。JRの駅とは随分と離れています。構内で繋がっているわけでもなく、別の駅名の方がシックリ来るような気がします。

 国技館はJRの駅の近くにあるので、大江戸線の駅からはちょっと歩きます。江戸東京博物館日大一高の間を通り抜けるように西へ進むとOKです。それっぽい屋根が見えてきますので、それを目標に。

Dscn3747 Dscn3748

 ジャーン、これがテレビでよく観る国技館。実を言うと、平均すると数週間に1度程度両国を通ることがあるんですが、京葉道路や清澄通りばかりで、この国技館の前の通り(何通りというのか存じ上げません)を使うのは初めてでした。

Photo

 そして、道の反対側に目を移すと、朝青龍が名義を貸した「ワールドちゃんこ朝青龍」がありました。2月1日開店ということで、なんでこんなにマスコミがいるのか不思議でしたが、今日知りましたが、「ドルジケーキ」の限定発売が行われ、さとう珠緒氏が店頭販売を行ったそうです。ぷん!ぷん!

 まあ、ここで油を売っても仕方ないので、早速入場しようとしたところ、、、チケットをもぎりをしていたのが、、、なんと、、、あの、、、

高見山関(現東関親方)

でした\(◎o◎)/!

 我々世代、つまり30代にとって、高見山関は、それはそれはスゴイ存在でしたよ。大相撲中継よりも高見山関が出演したCMによって、大相撲を知った人のほうが絶対多いですよ。「戸締り用心、火の用心」や「2バイ、2バ~イ」の歌やセリフは、脳裏に確実に焼きついていますから。

 そんなCMヒーローが、(囲いに入っていますが)寒風吹き荒れる中チケットもぎり。思わず恐縮し、両手でチケットを渡し、ありがとうございますと言いながらチケットを受け取ってしまいました。東関親方はかなり不思議そうでしたが、実に光栄でした。写真はさすがに後続の迷惑になるものの、握手だけでもしてもらえばよかったと思ったのは後の祭り。

Dscn3750 Dscn3751

 さらに強引に興奮を煽るような外壁を横目に見つつ、中に入っていきました。時は13:30です。館内は若干分かり辛いですが、マス席が1Fで椅子席が2F、東が向かって左側、西が向かって左側、向正面が奥側になります。

 とりあえず、自席に向かってみます。今回は、「イスB席」、つまり2Fの中段です。こう書くと当たり前ですが、下段がA席、上段がC席で、一番後ろが自由席になります。一応というか、ちゃんとランクに応じて席の豪華さも違っており、A席には簡易テーブルがありました。

Dscn3759 Dscn3760
Dscn3761 Dscn3762

 今回は、かなり前から計画していたので、チケット発売日の発売時刻ちょうどに、「チケットぴあ」で入手したので、正面中央部の、しかもB席の最前列でした。ですので、本当に理想的な場所でした。半日楽しめるのに、お値段も5,000円以下ですし。

Dscn3763 Dscn3764

 国技館上方には優勝力士の絵が掲げられておりました。8枚×4辺=32枚あるわけなんですが、場所は1年に6回。つまり、過去5年ちょっとの分ということで、ほとんど朝青龍と白鵬で占められておりました。

Dscn3752 Dscn3753

 早速でナンですが、腹が減っては戦ができぬとばかり、エネルギー補給。名物の「ちゃんこ屋台」に行ってみました。場所は、西側の奥のユニットハウスの2Fです。ちゃんと張り紙があるので、間違えることはないと思います。1杯250円で、おかわりとテイクアウトはし辛い雰囲気でした(試していないので実態は不明です)。注意すべきは時間。12:00~16:00の限定です。それと、5日ごとに味が塩、醤油、味噌と替わり、この日は味噌でした。

Dscn3757 Dscn3758

 あとは、国技館の地下で作られているという「焼き鳥」。売店で購入しましたが、店頭に置かれているのモノではなく、わざわざ店内に置かれているモノを提供されたので、否が応にも期待は高まりましたが、残念ながらヒエヒエでした。その割には身は硬くなく、しつこくない薄味でしたが、5本600円は、ちょっとコスパが悪く、駅弁のようだと感じました。なお、飲食物等の持ち込み検査はありませんでした。

Dscn3755 Dscn3756

 ファンサービスの一環で、場所中は「親方握手会」なるものが開催されています。親方が日替わりで直筆サイン色紙を直々にプレゼントするというものです。この日は、元関脇で強運の持ち主と言われる元長谷川の秀ノ山親方。14時開始で、場合によっては事前に整理券を配るということでしたが、私が国技館に着いた時には、既に整理券は配布済み。どうやら、午前中の早い時間に配布するそうです。どうしても欲しい方は、朝一でお越しください。

Dscn3754

 こちらは相撲案内所、通称「相撲茶屋」です。この相撲案内所でチケットを購入すると、専用の入り口を使えたり、席まで案内をしてくれたり、自席から出前を注文できたりするそうです。ただ、マス席しか取れなかったり、一見さんには不親切等の悪評もありますが、私はリーズナブルな椅子席だったので、よく分かりません。

 肝心要の取り組みですが、、、次回に続く。

| | コメント (0)

Park Royal on Kitchener Road

 前回のゲイランの記事をアップした後、つまり昨日にM.D.氏から苦情が来ました。彼曰く、「自分は短期間しかシンガポールで働いていない。社会保険料を未納するくらい長期間いた汚れのB.D.氏と一緒にしないでほしい。」とのことでした。アッ、そうですかぁ。良かったですねぇ(他人事)。

---

 そのゲイランを通り過ぎ、いくつかのホテルに寄った後、ついに我々が泊まる宿に到着しました。「Park Royal on Kitchener Road」です。日本にも似た名前のホテルが水天宮にありますが、それは「Royal Park Hotel」で三菱地所が運営しています。当ホテルとは一切無関係(のハズ)です。

 あと、「Kitchener」は、「Kitchen」+「er」ですから台所の人、つまり料理人ってことですね。ただ、読みを日本語で書くと「キッチャナー」、汚い感じに早変わりです(^_^;)。

 で、いつかは知りませんが、このホテルは改名しているんですよ。元の名前は、「New Park Hotel」。現在どうなのかも知りませんが、当時はまだこの旧名のほうが知られていて、タクシーの運ちゃんにも「New Park Hotel」と伝えなければ理解してくれませんでした。要注意!

Dscn2784 Dscn2785
Dscn2789 Dscn2790

 残念ながらエントランスは改装中でしたが、室内にいる限り、特に騒音等は気になりませんでした。室内は改装完了後といった感じで、小奇麗でした。ただ、1度水洗便所の栓が開かなくなりましたが。

Dscn2783 Dscn2786
Dscn2787 Dscn2788

 外に目を転じると、プールがありました。言い方は悪いですが、海外って格付けがそれほど高くないホテルでも、一応プールが付いているケースが多いですよね。まあ、わざわざシンガポールでプール遊びをする必要もなく、スルーでした。

 それと、ホテルの傍に高層ビルがないことでも分かるように、ココは繁華街からちょっと離れています。そして、その2大繁華街の中心地というべきオーチャードとシティ・ホールへは、地下鉄で乗り換えが必要ですから、若干不便です。ホテル最寄り駅のファーラー・パーク駅へは徒歩5分程度でしたが。

 まあ、シンガポールは一応多民族国家で、チャイナタウンやアラブ人街とかあるんですが、ここはインド人街の中心で、賑わいを見せていました。それについては、いずれまた。

Dscn2914

 あと、特筆すべきは朝食。偶然なのか、タマタマなのか、キャンタマなのか、ツアーに朝食が付いていたんです。失礼ながら、意外にも洗練されたバイキングでした。

 コスパを重視し、アクセスの多少の不便にこだわらないか、インド人街に泊まりたい方には、オススメです。

Park Royal on Kitchener Road
181 Kitchener Rd.
6291-5533

大きな地図で見る

 このブログ右側の地図は、海外を表示することができないので、Googleマップを利用します。

| | コメント (6)

ゲイラン

 男性なのに、女装したら物凄い美貌を誇る雨上がりのワンちゃんから、備忘録を2つほど。もちろん、自分用です。

 雨上がりのワンちゃんは稀代の酒飲みのように思われがちですが、実は酒よりも珈琲がすきなんですねぇ。毎朝珈琲豆をミルサーで挽くのが日課なんですが、今朝はいつもとは違う異臭がしました。豆ではなく、ミルサーに問題がある可能性が大です。

 一番危険なのは漏電なので、明朝はじゅうぶんに気をつけたいと思います。特に朝は寝ぼけていますので。それが一つ。

 もう一つは、私が日ごろお世話になっている、競馬課課長、猛虎会会長、そして一円也氏のナイスミドル3人が、ついにメジャーデビューしました!(^^)!。おめでとうございます。メジャーデビューってことは、メジャーレーベルからCDを発売したってことですよ、皆さん。これはもう、Cream、The Policeに並ぶ、世界三大トリオと呼びたいくらいです。

 というわけで、世界一のネットCDショップ、Amazonのリンクを貼っておきます。佳曲揃いですので、是非購入してみてください。損は絶対にしません。コチラだっちゃ!

---

 ということで、本題なんですが、さっそく脇道にそれます。両替等諸々を済ませて、旅行会社のバスで宿に向かうわけですが、チャンギ空港(大五郎みたいですね。大五郎といえば西川くん←この意味が分かる人は相当なお笑い好きです)は、シンガポールの東端にあります。

 当然繁華街に向けて西に進むわけですが、その途中に「ゲイラン」という街があります。この街こそ、B.D氏とM.D氏の第2の生まれ故郷です(^^♪。彼らはシンガポール勤務経験があるんですねぇ。ですので、2人から事前にいろいろ情報を仕入れました。

Dscn2779 Dscn2781

 そういう場所にもかかわらず、バスは無情にも通り過ぎようとします。ですので、バスの中から激写しました。シンガポールというと貿易国で、高層ビルが立ち並んでいるイメージがありますが、ここは雑多+とりあえず外壁だけ取り繕った感じがします。

 そうです、ここはシンガポール随一の歓楽街なんです。まあ、最終的にB.D.氏はゲイランに飽き足らず、南シナ海を越えてフィリピンまで遠征していたそうですが。。。

 まあ、結論から言うと、同行者が「日本人の女の子の方が好き」ということで自重しています。ホントに。ですので、これ以上は書けないんですが、B.D.氏がオススメする、当時会社の支店置いてあったというこの本や、参考になる体験記のリンクを教えてもらったので、貼っておきます。

 お金と時間と体力に余裕がある方は、是非訪れてみてください。あと、ここはマレー系料理と、果物(特にドリアン)でも有名だそうです。

| | コメント (0)

07シンガポール・インドネシア旅行

 本日はちょいと悲しいニュースを目の当たりにしましたが、楽しい楽しい当ブログは、今日から新シリーズです。

 それは何かと申しますと、2007年の夏に訪問した、シンガポールとインドネシアの旅行記です。これで、2007年の大型連載は完了となります、、、と思ったら、まだありました(^_^;)。大体2009年なのに、まだ2007年のことを掲載しているってどないやねんって感じですよね。

 ただ、このシリーズ、今のところ17回を予定していますが、頑張ってなんとか3月上旬までに終了したいと思います。なぜかというと、このシンガポールのガイドブック(地球の歩き方)をM.D.氏から借りているからです。次年度は毎度の事ながら転勤の可能性があり、年度内、できれば荷造りを始めるまでに終わらせて、ガイドブックを返却したいと思っております。

 ここまでガイドブックに固執するのは、ガイドブックの人質(本質?)として、私の社会人生活における人格形成に大きな影響を与えた「ワールドダウンタウン」の私的DVDを奪われているからです。新居(転勤がなくても引越しはします)で腰を据えて大笑いしたいので、これは最優先課題です。

 あと、今回の旅行は、最初に友人から誘いがあり、いろいろと主張と譲歩を繰り返して、ルートが決まりました。逆に言うと、妥協点が決まった時点で、それを満足できるツアーは極めて限られていたので、旅行会社はアッサリ決まりました。まあ、その辺りは友人にマル投げしていましたが。

Dscn2774

 これが今回乗ったルフトハンザドイツ航空の機材です。これでフランクフルト国際空港まで一つ飛び、、、じゃないです。今回はANAでした。格安ツアーだったので、当然ユナイテッドかノースウエストだと予想していたので、意外でした。

Dscn2775 Dscn2777

 ANAの機材ですが、オンデマンドのパーソナルTVがついており、席間も広く快適でした。機内食の写真は思わずブレてしまいました。まったくもってセコイ話ですが、食膳のドリンクは酒を飲んだほうがいいと思いました。なぜなら、それ以後はアルコールはリクエストし辛いからです(^_^;)。まあ、アル中なのか旅慣れているのかは不明でしたが、最後部まで自ら歩いて、客室乗務員からスパークリングワインをもらっていた方がいました。

Dscn2956 Dscn2959

 こちらは帰り。行きは昼便でしたが、帰りは夜便。最終日は成田に着くだけになります。それはそうと、機内食。普通にジュースは提供するのに、あえてトレイの中にオレンジジュース。そして、ピラフがメインなのにあえてロールパンもついているという不思議な組み合わせでした。

 シンガポールの玄関口、チャンギ国際空港の税関は実質フリー。入国審査は無言で通れました(挨拶しても無視されるくらい)。ここでは入国者用の免税店があり、のぞいてみたんですが、日本の方が若干安いかもしれません。そうはいいつつも、買っちゃいました(^_^)v。

Dscn2974 Dscn2975

 ブレンデットウイスキーの雄、シーバスリーガルの18年もので~す。これまたセコイ話なんですが、あまりにもチビチビ飲みすぎていたら、耐用回数をオーバーしてしまったようで、キャップのコルクが折れてしまいました(T_T)。あと、シーバスリーガルは太っ腹として有名で、この時は腕時計がオマケでした(オマケ品質で、今現在までほとんど使用していません)。

Dscn2972

 あと、シンガポールのお酒といえば、スリングか、このタイガービール。これは、B.D.氏とM.D.氏に頼まれて買ってきました。免税の範囲を超えているんじゃないかと思ったアナタは鋭い。ワイン1本しか購入していない友人から帰国後「もらった」ので、無問題です。たた、空港では、中央の免税店にのみ(しかもひっそり)置かれていますので、注意してください。

 両替は、シンガポール内のほうがレートがいいそうです。市中の両替商だと、時間的制限等があるので、チャンギ国際空港で済ませました。預託手荷物のピックアップエリアの脇に両替所があります。荷物が出てくる間に済ませるとスマートですね。

【訳有り】シーバスリーガル18年 750ml 40度 【訳有り】シーバスリーガル18年 750ml 40度

販売元:酒専門店 ミツイ
楽天市場で詳細を確認する

人気急上昇のタイの人気ロゴ!!耐久性&着やすさバツグン!!【タイの人気ロゴ】Tシャツ★タイガービール(ホワイト×ネイビー) 人気急上昇のタイの人気ロゴ!!耐久性&着やすさバツグン!!【タイの人気ロゴ】Tシャツ★タイガービール(ホワイト×ネイビー)

販売元:輸入雑貨ニルバザール
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0)

明治のラガー、大正のラガーがブロガー800名に当たる大モニターキャンペーン

 働けど働けど報われない雨上がりのワンちゃんは、寸暇を惜しんでブログを更新する以外に、懸賞にも精を出しています。昔そういう企画の番組ありましたね。

 そして、ついに当選しました!(^^)!酒類の販売高業界一の麒麟麦酒株式会社様から復刻ビールをいただきました。「キリン明治のラガー」・「キリン大正のラガー」です。ブランド誕生120周年記念だそうです。

Image0003

 これが賞品に同封されていた送付状です。これはもしかして、当ブログが、日本の酒類ブログのベスト800に選ばれたってことじゃないですか、エェッ、エェッ!(^^)!

 文中に、「食卓風景・飲用シーンなどをご自身のブログでレポートして、トラックバックをお願いいたします」と書かれています。分かりました、このご厚意を無駄にすることはできません、麒麟麦酒株式会社様。早速レポートさせていただきます<(_ _)>

 というわけで、万全を期すために福岡の実家まで持って行って、お正月に家族で楽しんでみました。福岡にはビール工場もあったりしますし、ゆかりの地のほうが何かが覚醒しそうな気がしたので。ちなみに、両親にこの企画の意図を伝えるのに結構時間がかかりました(^_^;)

Photo

 前菜は、「菜」ではありませんが、「お造りの盛り合わせ」。従兄弟の嫁の実家が古賀で水産業を営んでおりまして、その関係でいただいたものです。年明けということもあり、ちと草臥れておりましたが、それでも肉厚の身から繰り出される繊細な旨みは群を抜いておりました。

Photo_2

 お次は、「カキフライと野菜てんぷらの盛り合わせ」。こちらのカキも母の従姉妹からのいただきもの。祖母は広島出身ということで、カキですよ、牡蠣。実は年末に鍋の中にドバドバ入れられたんですが、私が「カキはやっぱりフライ」駄々をこねたので、今回のご登場と相成りました。

Photo_3

 こちらは、「かつお菜と鶏肉の炊き合わせ」です。かつお菜っちゅうのは、福岡の地野菜で、冬の煮物によく使われます。若干クセはあるんですが(このクセをウマく言葉で表現できません。苦味とも酸味ともちょっと違うんですよ。)、鰹出汁を使わずに済むというのが語源だそうです。あと、鶏肉。福岡と言えば、とんこつラーメン、もつ鍋が有名ですが、鶏肉も負けておりません。「かしわめし」や「がめ煮」として、庶民の間には広く使われております。

Photo_4

 おおぉっと、すっかり料理のレポートになってしまうところでした。こちらがメインの明治のラガー。こういう昔のビールを飲むのは初めてでしたので、100年以上前のビールがどんなもんか興味津々でした。ところが、重いながらも意外に現在と大差ありませんでした。今はいろんな種類のビールが発売されていますからね。明治時代はどういうシチュエーションで飲まれていたのか想いを馳せながら、お次の一品は。。。

Photo_5

 しめ鯖。こちらも玄界灘産で、従兄弟が直々に釣ったそうです。ちなみに、従兄弟は小さい頃から、毎朝塩鯖を食っていました。甘いものにも目がないので、おそらく30代中に生活習慣病になると予測しています(>_<)。

Photo_6

 変り種というか、問題作。このイモ天にかかっている白いソースは何だと思いますか?答えはカスピ海ヨーグルト。母の新作ですが、イモの甘さとヨーグルトの酸味が別の方向を向いて主張しており、わざわざ一緒に食べる必要はないように思えました。普通に天つゆが良かったですねぇ。

Photo_7

 こちらが「大正のラガー」。こちらもねぇ、問題作ですよ。単体で飲むと苦味が効き過ぎますね。黒くないスタウトかっていう程の味わい。ところが、料理と一緒に飲むと一気に様変わり、苦味が旨みに大変身します。しかも、汎用性が広く、様々なジャンルの料理と合います。

 結論を言うと、食前酒には「明治のラガー」、食中酒には「大正のラガー」、食後酒には、エーッと、「エバモア」でいかがでしょうか???

 昔の味だからと思わず、一度お試しアレ。新しい発見があるかもしれませんよ☆

【ビール100年巡り】キリン ラガー 明治〜平成 4種類x6本 350ml(1ケース/合計24本入り) 【ビール100年巡り】キリン ラガー 明治〜平成 4種類x6本 350ml(1ケース/合計24本入り)
販売元:世界のお酒 ニューヨーク
世界のお酒 ニューヨークで詳細を確認する

エバモア2003 21年(国産ウィスキー) エバモア2003 21年(国産ウィスキー)
販売元:LiquorShopいまなか
LiquorShopいまなかで詳細を確認する

| | コメント (0)

屋外夜勤

090116

 宇宙人のような佇まいですが、昨夜人生初の夜勤を経験しました。しかも、寒風吹き荒れる中、屋外ですよ!

 よって、防寒着やネックウォーマーやイヤーウォーマーを着込んだんですが、このイヤーウォーマーが大きかったらしく(フリーサイズだったんですが)、バンドが眼上までズレ落ちて、上の写真のように相成りました。

 それでも、雨上がりのワンちゃんは細身なので、どうしても手首・足首がネックでしたね(駄洒落ではありません。手首は「wrist」、足首は「ankle」ですから)。丈が足りず、ここから寒さが体内に入ってきました。また、タイツを穿いたにもかかわらず、下半身は全体的に冷えました。

 しかも、コレ、他の課の仕事なんですよ<`ヘ´>。全てM.D.氏の陰毛陰謀ですよ。他の現場も入っているのでオネガイって言われたんで、当然全員出払ってしまっていると思うじゃないですか。それなら仕方ないと思って渋々OKしたら、実は夜勤なのはM.D.氏と私のみ。あのー、それなら同じ課の人に頼んでほしいんですけどー。皮下脂肪厚いヤツもいることだし。

 けど、本当は外注するのがベストだと思います。夜勤といっても実際我々は昼夜連続勤務になりますし、難易度は全然高くないので。派遣村在住の方だったら、もともと外で暮らしてるんだから、寒さは同じなわけですし、給料も入ります。win-winな関係を築けますよ。不謹慎だと思う人もいるかもしれませんが、そういう人ほど、彼らへの実際の支援とかしてないですし、そういう発想すらないでしょうし。。。

 という内容のメールをM.D.氏に送ったんですが、予想通り今現在まで返信はありません。。。民間の調査によると、「派遣」を能動的に(自ら志願して)選んだ方と受動的に(正社員になれなくて)選んだ方の割合は、ほぼ五分五分らしいですね。正社員になれなかった方にも、採用試験に合格できなかった方もいれば、育児や介護のためという方もいらっしゃるようです。

 今回の夜勤を通して感じたことは、夜のお外は「どんとぽっちぃ」(死語)ですよ、奥さん。だから、路頭に迷っている方には、せめて住居と携帯電話を提供してあげてもいいような気がします。聞くところによると、住所と連絡先がないと雇用してもらえないそうじゃないですか。「勤労」は日本人三大義務の一つですから、その義務を果たそうとする意思がある方に対してはサポートしてあげないと。

 上述のように様々境遇の方がいて、未だに人手不足の職種もあるようで、雇用対策は一筋縄にはいきませんな。こういう時こそ、政治家や行政に頑張ってもらいたいものです。そのために、これまた三大義務の一つ「納税」や投票で、彼らに外注しているわけですから。

 なお、人手不足の業種は、農林水産業・警備業・介護福祉業等だそうです。業種の転換等の人材の流動化は簡単だとして、現行の雇用政策を推し進めたのは、小泉内閣のブレーン竹中平蔵氏だそうですね。ただ、現在のところ、その目論見は大ハズレのようです。制度上は簡単でも、世の中はそうウマく転がってくれませんね。

 で、最終的に何が言いたいかというと、、、もう屋外夜勤は勘弁ってことです(爆)

| | コメント (0)

ソフトバンクモバイルで他社メールをタダで受信する方法

 どうもどうも、雨上がりのワンちゃんです。無事に社会復帰いたしました。おかげで体調も復活しました、少し肌の色が黒くなりましたが。

 それで、改めて今年書いた2つの記事を眺めたんですが、、、長いですね。そして、画像の両が膨大過ぎます。これでは編集作業だけでオフタイムが潰れてしまうので、ドババ~ンと端的にインパクトのある記事を書きたいと思います、短時間で。これこそライフハックですよ。

 そして、今回はライフハック的な話題を提供したいと思います。それが、掲題のソフトバンクモバイルで他社メールをタダで受信する方法。全国1,500万人のユーザの方にお送りしたいと思います(人数は適当です)。

 どうやら、ソフトバンクモバイルは、パケット定額制を提供していない唯一のキャリアだそうですね。雨上がりのワンちゃんは、「ホワイトプランホワイト家族24S!ベーシックパックパケットし放題」の組み合わせなんですが、なんかホワイトプランにしてから請求金額が上がったような気がするんですよ。

 携帯でネットは見ないんですが、携帯電話で文字を打つのが苦手なので、一旦PCで文面を書いて、それをGmailで自分の携帯に送り、それを本来の宛先へ転送するということをしています。時間は節約されるんですが、パケット通信料が2倍かかってしまいます。

 また、会社のアドレスに送られたメールも携帯に自動転送されるように設定しています。外出先からも確認できるようにするためと、社内にいても受信にすぐ気が付くようにです。さすがは、ワーカホリックですよ(^_^)v。けど、PDF等の添付ファイルがあると、これまたパケット通信料がバカになりません。

 前置きが長くなってしまいましたが、これらのパケット通信料を節約できる方法を編み出しましたので、マザーテレサのように慈悲の心で溢れている雨上がりのワンちゃんは、皆さんにもご紹介いたします。他のキャリアの方には意味無しですが。。。

 まず、大前提として、「ホワイトプラン」と「S!ベーシックパック」に加入してください、必須です。これで、ソフトバンク同士のメールが無料になります。

 次に、メールの設定を変えてください。Eメールの受信設定を「自動」から「手動」に切り替えてください。デフォルトでは自動ですので。これで、メールは最初の50文字、つまり無料の範囲しか受信されません。

 で、50文字以上の他社メールが届いたらどうするかというと、「転送」してください。その際に、「通知メール転送」なのか「サーバーメール転送」なのかを聞かれます。ここでは、「サーバーメール転送」を選んでください。

 転送先がミソなんですが、自分が今使っている携帯のメアドにしてください。自分から自分というのは不思議な気もしますが、結局ソフトバンク同士なので、送信は無料です。

 しばらくすると、当然ですがそのメールが届きます(戻ってきます)。そこで、「続きを受信」してください。ソフトバンク同士なので、受信は無制限無料です。

 受信が完了すると、eml形式のファイルが添付されます。このファイルを開くと、メール前文が読めるというワケです。ちょっと複雑ですよね(^_^;)

 ただ、意外な効能もあります。デコメとか写真とか、大した内容もないのに無駄に大きいサイズのメールを送りつける輩がいるじゃないですか。そういうのは、最初の50文字もあればじゅうぶんじゃないですか、どうせ。だから、メールを受け取った時点でサーバーメール転送もせずに削除すれば、節約できるし精神的にも落ち着いていられますよね(^_^)v

 転送手間が苦にならない方は、是非お試しアレ。

| | コメント (2)

武器ジェネレータ

 新年早々風邪を引いてしまいました。直接の感染源は、多分M.D.氏orその一派だと思いますが、新年初出勤した際に、オフィスの空気が「すげぇ」澱んでいて、「すげぇ」嫌な感じだったんですよ。「臨機応変に」翌日からマスクを着用したんですが、残念な結果に陥っています(>_<)

 問題点を「ざっくばらんに」言うと、咳をするのにもかかわらず、マスクを着用する人が多過ぎるんですよねぇ。スタッフ部門の方も、私の残業時間を監視するのではなく、健康留意のための啓蒙活動をしていただいたほうが会社全体のためになると思うんですが、いかがでしょうか。ちなみに、カギカッコの中は、そのM.D.氏一派の口癖でもあります!(^^)!

 でぇ、今日は、その病原菌の感染源M.D.氏に脅されて、急遽ネタを差し替えてお送りしたいと思います。B.D.氏とM.D.氏の言うことは絶対で、守らないと自分の指が危険な目にあいます。前職が前職ですからねぇ。。。彼らは前職の談合体質が抜け切れず、年賀状の文面までそっくりでした(^_^;)

 そして、その病原菌の感染源M.D.氏オススメは、「武器ジェネレータ」。にどうやら、昼休みにハマっているようなんです。

 別に自分の名前でなくてもいいんですが、仮名で入力すると、その仮名が武器に変身していきます(変身途中も見ることができます)。そして、それを登録すると、ネット上でのバトルに参加でき、順位付けされます。バトルといっても操作は一切不要で、勝手に戦ってくれます。バトルは1時間おきに始まるので、皆さんも参加されてはいかがでしょうか。

Photo_4

 私が参加した際の結果を表示してみました。「ワンちゃん」が39位、「あめあがり」が59位ですか。実は、武器が表示される際に戦闘能力のような数値が表示されますが、そこまで影響度合いが高くなく、運が良ければ誰でも高順位になれそうです。

 本当を言うと、私はこういう戦闘系のゲームって好きじゃないんですよ、昔から。ドラクエもFFもしたことありませんし。ということで、おざなりなりそうなんですが、実はこのサイト、以前コチラでご紹介した「相関図ジェネレータ」の姉妹サイトだったんですよ。

 ってことで、脳内メーカーシリーズに倣って、いろいろ試してみました(^^♪。あぁ、そぅそぅ。今回は名前を入力しなくてはいけないという性格上、私の「あめあがり」と「ワンちゃん」。競馬のコーナーでお馴染み「シゲル」に、宴会部長「いちえんなり」を、独断と偏見をもって選出させていただきました。選出された名誉な方も、残念ながら選出されなかった方も、どうぞご理解ください<(_ _)>。

 それで、せっかくなので、この4人(?)で1ネタごとにおもしろ度合いでポイントを付けていき、合計得点を競おうと思います。1位:10pt、2位:6pt、3位:3pt、4位:1ptで。もちろんこちらも独断と偏見をもって順位をつけますよ!

(1)ゴルフショットジェネレータ

1

2

3

4

 いきなり、途中経過を見なければよく分からないジェネレータに当たってしまいました。今回の順位は、もちろん飛距離が短い順で。しかし、一円也氏が1ヤードとは!!!

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 一円也 10 10
2 ワンちゃん 6 6
3 雨上がり 3 3
4 シゲル 1 1

(2)だじゃれジェネレータ

1_2

2_2

3_2

4_2

 早くも「シモ」に突入してしましたぁぁぁ。ここは、妥当性100%を叩き出しているシゲル氏をトップとします。Wikipediaで調べたところ、座位って対面以外にも「背面」があるんですね。知りませんでした。けど、実用性は低そうですが。なお、ワンちゃんはワンマンではありませんよ。終了後の腕枕は、腕が痛くなるし眠いので拒否しますけどね。。。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 一円也 6 16
2 シゲル 10 11
3 ワンちゃん 3 9
4 雨上がり 1 4

(3)フォーメーションジェネレータ

Photo

 ここで、趣向を変えて団体競技です(得点はつけません)。一応、シチュエーションは「コンパ」と入力したんですが、役割以前に、この真向かいに座るフォーメーションは、明らかにアウトです。。。

(4)ゆらいジェネレータ

1_3
雨上がり

2_3
ワンちゃん

3_3
シゲル

4_3
一円也

 なにも好きで下ネタ画像を貼っているわけではありません。厳然たる結果ですよ、これは。けど、下ネタには否定的ではないので、ご了承ください。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 一円也 3 19
1 ワンちゃん 10 19
3 シゲル 6 17
4 雨上がり 1 5

(5)合コン対策ジェネレータ

Photo_2

 私が美味しい所をいただいているようですが、実際の合コンでは、幹事も同じくらい非難されますので、憶えておいて損はないですよ。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 ワンちゃん 6 25
2 一円也 3 22
3 シゲル 1 18
4 雨上がり 10 15

(6)仕掛け花火ジェネレータ

1_4
あめあがり

2_4
ワンちゃん

3_4
シゲル

4_4
いちえんなり

 今迄からすると、ちょっと低調な結果に終わりました。「イエイ」ってナンだよ、「イエイ」って<`ヘ´>。 「一円也、どうしてボケないんだ?ボケる気がないんなら帰れ!」byジル・ベッソン

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 ワンちゃん 6 31
2 シゲル 10 28
3 一円也 1 23
4 雨上がり 3 18

(7)姓名判断ジェネレータ

1_5

2_5

3_5

4_5

 惜しいですね。「グラフティ」出現以来、「ポルノ」は下ネタ辞典から削除されてしまいました(^_^メ)。今後は、都営浅草線で「印西牧の原駅」行きの電車に乗るたびに「淫売牧の原駅」と脳内で言い換えたいと思います。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 シゲル 6 34
2 ワンちゃん 1 32
3 雨上がり 10 28
4 一円也 3 26

(8)渡し方ジェネレータ

1_6

2_6

 2度目の団体競技です。ストレートに告白して成功率が2割未満って、そんなもんなんですかね。大体、告白するまでの流れで、成功しそうか予想できそうなんですが。。。

 ここで、得点をチェックしておきます。ナント、期せずしてトップとビリが僅か8pt差。まだまだ逆転の可能性は十分にあります。終盤が楽しみな展開になってきました。

(9)抜け文字ジェネレータ

1_7

2_7

3_6

4_6

 破壊力だけなら一円也氏なんですが、前後というか、後のつながりがありません。ここは汁に一日の長がありました。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 シゲル 10 44
2 雨上がり 6 34
3 ワンちゃん 1 33
4 一円也 3 29

(10)反応グラフ ジェネレータ

Photo_3

 いよいよ、大トリ、鳳啓助でございます。なんですが、これは非常にコメントし辛いですねぇ。振り幅と回数で順位を決定したいと思います。

 で、最終結果の発表です。

順位 名前 今回ポイント 合計ポイント
1 シゲル 1 45
2 雨上がり 6 40
3 一円也 10 39
4 ワンちゃん 3 36

 出入りは激しかったですが、「シゲル」氏が見事トップ。豪華賞品として、私が3年前にグアムで購入した、「チキンジャーキー」をプレゼントしたいと思いま~す。ただし、犬用ですが。。。

---
<事務連絡>
 筆者取材のため(こう書くと週刊誌っぽいですね)、そして風邪のため、日曜と火曜の更新はオヤスミさせていただいて、次回は15日(木)です。

| | コメント (2)

寝台特急はやぶさ

突然ですが、約3年間付き合っていた彼女と4月に結婚することにしました。
それと、7月には第一子が誕生する予定です。
今後も新しい家族共々よろしくお願いします。

 年明けいきなり大ウソを書いてしまいました(^_^;)。「約3年間付き合っていた彼女」もいませんし、「第一子が誕生する予定」もありません。では、何でこういうことを書いたかというと、年賀状に彼女を作れだの、婚活しろだの、そういうコメントが多かったんですよねぇ。。。

 あのー、昔「同情するなら金をくれ」という言葉が流行りましたが、叱咤激励だけでなく、具体的な支援策を盛り込んでいただければ幸いです<(_ _)>

Image081

 というわけで、独り身の雨上がりのワンちゃん、お正月は九州の実家に帰省しておりました。そして、東京に戻る際には、飛行機ではなくJRを使ってみました。しかも、新幹線ではなく在来線。。。

 時間に余裕があった学生時代、当時実家は四国にあったので、陸・空・海の交通機関を駆使して、毎回異なるルートで帰省したもんでしたが、九州だとどうしても飛行機が中心になってしまいます。

 そこで、今回は一念発起してJRの中でもレアな存在の寝台特急(ブルートレイン)を使ってみることにしました。東京⇔熊本を結ぶ「はやぶさ」号で、博多駅から東京駅まで乗ってみました。

 乗った車両は、1人用個室「ソロ」。チケットの確保はオトンにお願いしたんですが、4日(日)発は取れず、5日(月)発となりました。それでも、満席になったそうです。

Dscn3561_2

 九州新幹線開通に向け大規模工事が進んでいる博多駅を17:33に発車するので、お土産を買う余裕をみて早めに到着しました。もう食堂車がないので、オカンにお弁当を作ってもらいましたが、着替えやらお土産やらお弁当やらで相当な荷物になりました。

Dscn3564 Dscn3565

 停車位置が予想と若干ズレていたので、期せずして流し撮りに挑戦しましたが、ヘッドマークではなく機関車中央部に動きが合ってしまいました。動揺したのか、静止画もブレてます(>_<)。博多駅といえども、途中駅なのでそれほど長く停まらないので、焦っていたというのもあります。

Dscn3578 Dscn3635

 「ソロ」は1編成中1両のみの希少な車両で、18部屋しかありません。カギもついています。それなのに、個室だからといって追加料金を取られるわけでもありません。だから、人気なんでしょうね。

Dscn3575 Dscn3568
Dscn3569 Dscn3570

 私の部屋は6号室。「ソロ」は2階建構造になっており、1Fが奇数号室、2Fが偶数号室です。扉を開けるとすぐ階段があり、その階上にベッドがあるというわけです。階段途中には照明のスイッチがあるんですが、狭い階段なのでどうしても触れてしまい、個室を出入りする度照明が点いたり消えたりするのは不便でした。なお、ベッドの反対側、つまり通路の上には荷物置場が設けられています。これで多い日も安心です(*^_^*)

Dscn3573 Dscn3571

 ベッドの一部は座席としても兼用され、肘掛を下ろすこともできます。その向かいには折り畳みテーブルと鏡です。アラームや照明(読書灯含む)や空調の管理は、タッチパネルで可能です。

 個室とはいえ室内にトイレはなくて共同なので、「便所知らせ灯」なるものがありました。それに触れた際の挙動が面白かったので、思わず録画してみました(^_^)v

 そんなことをしている間に門司駅到着です。ここでは機関車交換と大分発の富士号との連結が行われるので、24分間も停車します。無論、ここでちょっと下車してみます。この駅での手順としては、1.まず先にはやぶさ到着。2.普通に客を乗降させて一旦引込み線へ移動。3.引込み線にて機関車を交換。4.その間に富士到着。5.機関車を外して客車だけの状態。6.そこにはやぶさが進行方向前よりからバックしてドッキング。

Dscn3584 Dscn3582
Dscn3589 Dscn3591
Dscn3595 Dscn3599
Dscn3600 Dscn3607

 ってな流れです。こう書いていても現場は物凄い人だかりでした。結構腕を上に伸ばし、やみくもにシャッターを切らざるをえない状況でした。けど、跨線橋の上から写真を撮っている方もおり、慣れているなという印象を受けました。実際にはどういう感じの写真になるか分かりませんが。

 門司で交換した機関車は、関門海峡を渡って1駅の下関まで運行しません。贅沢ですねぇ。理由は2つあって、まず、途中で送電方式が交流から直流に変わり、交直流対応の機関車で対応しなければいけないってことです。じゃあ、その機関車で全区間運行すればいいじゃないかという疑問も湧きますが、その解答までは知りません。お近くの鉄道マニアへご確認ください。それと、関門トンネルは古く、ステンレスで防食されたボディでないと通過できないってとこですかね、多分。

 お次の下関でも当然機関車交換です。ちなみに写真撮影が目的で、はやぶさを使わず下関駅まで来ている鉄道ファンも多いようです。あと、機関車の先頭側を撮ろうと思ったんですが、安全のためなのか立ち入りを制限されていて断念しました。改めて見ると、結構無駄な努力でした。全然生産的な行為ではないのに(^_^メ)。

Dscn3614

 さらに次は、宇部。ここは雨上がりのワンちゃん、生誕の地で~す。宇部の経済圏は、同じ中国地方の広島よりは、断然下関・北九州側なんですよ。だから、「宇宙刑事ギャバン」とか「仮面ライダー」や「ウルトラマン80」のショーを観に、寝台特急を使ってシーモールや小倉井筒屋へ行ったものです。だから、寝台特急に詳しいわけです。当時は確か朝夕限定で廉価に寝台特急に乗れたハズです、今は知りませんが。

 で、これで当日主なイベントは終了したので、弁当食って後はひたすら読書して0:30頃に就寝しました。

Dscn3617 Dscn3621

 起床は6時過ぎ。静岡の手前でした。途中1度も目が覚めませんでしたが、これは個人差あるかもしれません。私は学生時代夜行バスを多用していたので、車中泊に慣れていますから。

 なお、個室の窓があるのは北側です。つまり、静岡県の一部の地域では富士山を拝めるってことになります。というわけでシャッターチャンスを狙っていたところ。。。

Dscn3626 Dscn3627
Dscn3629 Dscn3633

 やはり、富士駅前後(8時前後)が狙い目です。特に富士駅手前の富士川を渡るところでは、周囲に遮るものがありませんので(辺りは川ですので)、オススメです。ところが、こういうときに限ってオトンから電話がかかってきて、対応をしながらシャッターを切っていたら、少し構図が斜めになっていました(T_T)

Dscn3634

 あ、そうそう。熱海駅で機関車の写真を撮ってきました。これで、交流用・関門トンネル用・直流用、全制覇です(^^♪

Dscn3639 Dscn3645
Dscn3646 Dscn3647

 熱海からの最後のお楽しみは、富士山から打って変わって相模湾です。関東の方には、西湘バイパスと真鶴道路の中間付近と言ったほうが分かりやすいですかね。ただ、こちら側は通路で中腰にならないと見ることができませんので、ちょっと苦痛ですね。ここを過ぎれば、いよいよ見慣れた風景、日常の生活に逆戻りです。

 予約後に知ったのですが、3月14日(土)をもって九州を通る寝台特急は全廃されるそうですね。理由は「ご利用が少ない」からだそうです。私が今回乗って感じたんですが、ハード面で根本的な問題を2つ発見しました。それは、個室が少ないことと、浴室がないことです。カプセルホテルにすらバッチリありますからね。船の2等船室や夜行バスもそうじゃないかという意見もあるかもしれませんが、それらは運賃がおもいっきり安いという別の訴求点がありますから。

 全て個室にして、浴室(共同シャワー程度で可)をつけて、どうしても損益分岐点を越えることができないというのであれば、これはもう社会に求められていないということで、廃止しても構わないのではないでしょうか。

 ソフト面で言うと、車内放送が停止され、減光されたのが、21時過ぎから翌朝6時過ぎまででした。これって一般的な現代人のライフサイクルとちょっとずれてますよね<`ヘ´>。中には寝酒を楽しもうと思っていた人もいるはずで、その辺りのアナウンスは事前にできないものかと思いました。まあ、個室は減光されませんでしたが(自分で調整できました)。

続きを読む "寝台特急はやぶさ"

| | コメント (1)

2009年年賀状

09

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »