« 08日本ダービー | トップページ | チサン グランド 札幌 »

第34回全国バーテンダー技能競技大会

 あ、どうも。雨上がリーマンブラザーズです。関東は梅雨に入りましたね。今はまだ気温が低めですが、オフィスはかなり暑いです。しかも、私の席は出入り口に近いので、温度を下げたら、通風口から水滴がドボドボ落ちてきます。「冷たい水を入れたコップに水滴がつくのと同じ原理です」とビル側は説明してますが、そんなことよりもナンとかしろっちゅうねん!書類がしわクチャになるジャマイカ!

070527

 で、そんな梅雨がなくて快適な北海道のお話の続きです。前回は野郎二人でリフトに乗ったところまででしたね。実は、これはメインイベントまでの時間稼ぎでした。そのメインイベントってぇのが、掲題のとおり「全国バーテンダー技能競技大会」です。

 読んで字の如くなんですが、実際にはカクテル作りに特化されています。協議は、筆記、フルーツカッティング、課題カクテル、創作カクテルの4部門の総合得点で競われるそうです。各地方で予選があって、それに勝ち残ったバーテンダーだけが出場できる、実に栄えある大会です。バーテンダー界の甲子園と呼ぶとか呼ばないとか。。。(^_^;)

 で、こちらなんですが、J.B.G.氏のいきつけのバーのバーテンダーが著名な方で、そこでこの大会の観戦チケットを購入されたとのことです。サスガです☆

 場所は、ロイトン札幌。ちょっと繁華街から離れて、ちょっと歴史を感じさせられますが、東京でいうとこのホテルに似た造りです。こちらの宴会場で開かれました。そして、ここでV.V.氏と合流しました。

 まあ、ぐだぐた書いても分かり辛いと思うので、親切な雨上がりのワンちゃんはバッチリ録画しました。まずはこちらからどうぞ。

 壇上では、課題カクテル、創作カクテルが交互に披露されています。なぜ1種目ずつやらないのかは不明です。音声を聞いた方はお分かりだと思いますが、課題カクテルは、カクテルの王様「マティーニ」。メジャーカップを使わず、フリーハンドできっちり5杯分、どれだけ正確に作れるかが問われるそうです。創作カクテルは当然オリジナルの作品になります。

 プロの手さばきは、さすがに流れるようです。このハンパねぇ所作(byトータルテンボス)も採点の対象になるそうです。右から左へ受け流すように飲んでいる身としては、恐縮してしまいます。。。

070527_2

 一通りみて、そのまま帰るのも「忍びねぇな」ってことで(「構わんよ」とはなりませんよ(*^_^*))、会場の外で開かれていた各アルコールメーカーのブースで試飲をしてまいりました。そもそも場所が場所だけに関係者向けだとは思うんですが、ここでもJ.B.G氏はいつもの話術と博学(お酒については詳しいです)を発揮され、メーカーの方と堂々と渡り合っておられました。その最中にJ.B.G氏の後ろから手を伸ばして試飲しまくっていたのは、何を隠そう雨上がりのワンちゃんです(^^♪

 ちなみに、上の画像は「存知ねえ」くはないギネスビールですが、「サージャー」という超音波をグラスに送る装置を使うことで、小さいバーでも、あの「浮世離れ」したクリーミーな泡を「しち面倒くさい」ことはなく再現できるそうです(*^_^*)。

 サージャーの写真は撮り忘れましたが、こんなモノなので、飲食店で見かけたらご賞味くださいまし<(_ _)>

|

« 08日本ダービー | トップページ | チサン グランド 札幌 »

旅行・地域」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 08日本ダービー | トップページ | チサン グランド 札幌 »