« 08NHKマイルC | トップページ | MARUGO(マルゴー) »

ダーウィン展

 約11ヶ月振りに雨上がりのワンちゃんが上野の森に舞い戻ってきました。いや、「舞う」って言っても、“闇に舞う蝶、パピヨン” by 山本陽子 ではないですよ!(当たり前か、ハングマンを知らない人には意味不明でしょうな)

 前回は「花展」でしたが、今回は「ダーウィン展」です。いや、「ダーウィン」って言っても、去年までタイガースに在籍していた“ダーウィン・クビアン”ではないですよ!(当たり前か、野球に詳しくない人には意味不明でしょうな)

 場所も前回同様、「国立科学博物館」です。いや、「国立」って言っても、、、止めておきます(爆)

080511_2

 チケットも凝ってるでしょう?これは前売券の中でも限定モノで、ローソンチケットでのみ販売されるものです。(当然、もう販売されていません)

 これらの島は、ダーウィンの進化論と密接な関係にあるガラパゴス諸島の一部です。なお、ガラパゴス諸島は独自の進化を遂げた固有種が多く存在することで有名ですが、「ガラパゴス」という言葉自体が「ゾウガメ」という意味だそうです。ダーウィン自身もここへ立ち寄ったことは有名ですが、この時彼は5年もかけて世界一周を成し遂げていたんですね。通常、学者は研究以外にも教育や論文発表もしなければならないので、5年間も航海するということはありえません。けど、彼は根っからの「観察好き」だったようで、それと裕福な一家の育ちだったので、あんまり名声を上げることに興味がなかったようです。ただ、綿密な観察は進化論以外にも数々の成果を生み出し、たとえ進化論を発表していなくても、生物学者として名を後世に残せただろうと言われています。

 で、会場の中ですが、「とりあえずダーウィンに関係するものを集めてみました」感がアリアリでした。ゾウガメとか、確かに興味深いんですがね。化石や剥製も多く、解説文もいたるところに延々と書かれているんですが、「進化論を化石や剥製を使って分かりやすく説明する」という基本的な視点が抜け落ちていました。雨上がりの日曜ということで子供が多数来場していたんですが、大人でも難しいので、なおさら子供はなんのこっちゃよく分からなかったハズです。

 んまあ、アメリカでは宗教観の違いもあって、未だに進化論を認めていない人が多数いるそうですが。。。

国立科学博物館 特別展会場
東京都台東区上野公園7-20
03-5777-8600

|

« 08NHKマイルC | トップページ | MARUGO(マルゴー) »

文化・芸術」カテゴリの記事

上野・御徒町・浅草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 08NHKマイルC | トップページ | MARUGO(マルゴー) »