« 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 at 京王百貨店新宿店 | トップページ | 御そば打処 野麦 »

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 今さらながらなんですが、「スキージャンプ・ペア」にハマってます。現在「Yahoo!動画」で無料公開されています(1月19日まで)。なお、日本の「下まもる(さげ まもる)」選手は、犬のような臭いがするそうです(笑)。

Scan0001

 先日、知り合いに誘われて試写会に行ってきました。実は試写会というものに行くのは人生初でした。つまり、今までは試写会童貞だったわけです(←クドい)。今までにも誘われたり、逆に自分がたまたま当選したこともあったんですが、仕事等で行けずじまいでした。

 観た作品は、タイトルどおり「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」です。スウィーニー・トッドは、19世紀イギリスに実在したと言われています。元々はミュージカルで、それ以外にも何度も小説、舞台、映画等の題材になっていて、監督のティム・バートンはこの映画を撮ることを長年熱望していたそうです。

 一昨日のニュースによると、ゴールデン・グローブ賞の作品賞に輝き、ジョニー・デップが主演男優賞を受賞しました。ただ、ゴールデン・グローブ賞は、まず映画とテレビドラマに分かれ、それぞれについてドラマ部門とミュージカル・コメディ部門があります。

 試写会の場所は、有楽町朝日ホール。有楽町マリオンの11Fにあります。不覚にも、デパートの中にあるエレベータでは11Fまで上がれないことを初めて知りました。。。18:00開場、18:30開演だったので、18時前に着いたんですが、それでもかなりの人が並んでいました。客席は700席程度で、7割程度が埋まりました。なお、この会場は前方の舞台が広いので、ある程度前の席に座った方が観やすいと思われます。

 試写会の司会は、テレビ朝日の岡田洋子氏。なぜか、「スウィーニー」ではなく、「スウィニー」と連呼していました。それで、スポンサーの解説をして、本編がスタートしました。残念ながら、サプライズゲストはいませんでした。それどころか関係者席も閉店ガラガラ(by 岡田圭右)で、最終的には一般の方を招き入れてました(>_<)。

 ミュージカルを映画化したので、全編で歌いながらせりふを言うスタイルになっていました。ムーラン・ルージュと同じですな。果敢に歌に初挑戦したジョニー・デップですが、悪くはなかったんですが、少し声の線が細いのが気になりました。あと、「アンソニー」役のジェイミー・キャンベル・バウアーは、イマイチでした(-_-;)。逆に、「ジョアンナ」役の新人ジェイン・ワイズナーと「トビー」役のエドワード・サンダースはGoodでした。

 それで、さすがにストーリー展開はナカナカです。ミュージカルでトニー賞8部門に輝いただけあります。けど、血が。。。実はこの映画、R-15に指定されているほど残虐な殺戮シーンがてんこ盛りです。ジョニー・デップさん、途中から歌いながらどんどん喉を掻っ切っています。しかもその後の死体処理に一捻りがあります。ジョニー・デップの文字通り血気迫る演技もあるんでしょうが、それにしても善良な1人の小市民にとっては刺激が強すぎました(T_T)。

 ゴールデン・グローブ賞を受賞したからという安易な気持ちで観に行くとシッペ返しにあいますので、覚悟の上ご覧ください。

 それにしても、「ラベット」役のヘレナ・ボナム=カーター(ティム・バートン夫人)が、濱田マリ氏そっくりに見えて、ずっと気になりました。あしたまにあ~な

 なお、私が現在本当に観に行きたい映画は、コチラです。タダ券を持っている方は是非誘ってください!(^^)!

|

« 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 at 京王百貨店新宿店 | トップページ | 御そば打処 野麦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 at 京王百貨店新宿店 | トップページ | 御そば打処 野麦 »