« 12月24日までに恋人を作る戦略的な使い方とは? | トップページ | 竜神の滝 »

朝起

注意!
 今回は人によっては多少グロテスクと感じるような写真が掲載されています。ご承知置きのうえ、ご覧ください。ダメな人は下にスクロールしないように。あと、途中で携帯の電池が切れたので、同行者に撮ってもらった写真をもらいました。よって、解像度が写真によって異なります。

 昨年がダメダメだったので、今年は必ず年賀状を早めに書こうと思ってました。おかげさまで昨日の朝までに1通を除き、投函を終了しました。その1通は浅野忠信似のS君宛です。Sッチすまん!重要度が低い人から書いていったら、最後に年賀状が足りなくなってしまって(-_-;)。ちなみに最初に書いたのは職場の同僚です(^_^;)。それと、小島よしおの祖父がブラジル人というのはネタですが、浅野忠信の祖父がインディアンだというのは実話らしいです☆

Photo

 まだまだ出張シリーズは続きます、昨年の。今回は「山梨」に行ったときのお話しです。自分の仕事ではなく、他部の手伝いでした。しかも、契約上の問題から頭数(あたまかず)だけが必要だということで、実質作業はほとんどありませんでした。そういう仕事なので、超がつくほどお気楽で、行きの電車内ではUNOで楽しんでました(←修学旅行か(^_^;))。

Photo_2
甲府ワイン
Photo_3
信玄餅

 帰りの電車ですが、まあ、こうなりますな。さすがにUNOはせず、飲み食いして盛り上がりました。

 その余勢を駆って、新宿についた後に向かった先が西口の「思い出横丁」です。高度成長期から時代が止まってしまったような光景です。映画「三丁目の夕日」のような光景とでも申しましょうか。映画は観てませんが(-_-;)。

 てくてくと足を進め、止まった先が「朝起」。「あさだち」と読みます。私の起床時の状態ですな(*^_^*)。横丁同様、中も相当狭いです。けど、カウンターの奥や二階にも席があるようです。怖くて(危なそうで)行くのは躊躇われますが。

 残念ながら、同行者は意気地なし通常の神経の持ち主のようで、なかなかこの店ならではのメニューを注文しようとはしません。そこで、意を決して雨上りのワンちゃんが注文したのは、、、

1 2

お造りです、カエルのm('~')m。

 誰だ、割り箸でカエルの顔をつついているのは(笑)。なお、この状態ではまだ刺激を与えるとピクピクと動きます。ただ、カエルの肉は柔らかい鶏肉といった感じで、たいへん美味しゅうございます。この時から私は個人的に「カエル部」を結成し、その後実際1人勧誘に成功しました。その時の話はいずれ。また、足の部分は回収され、お吸い物の出汁として使ってくれます。

 それとですねぇ。実はこれを頼むと、もれなくハツ(心臓)の刺身をいただけます。衝撃的だったので、撮影しました!もちろん、撮影後は美味しくいただきました<(_ _)>。

2_2
トカゲ酒

 飲み物もこんなんです。さすがにトカゲ本体までは食べませんでした。というより、喰えるか!しかし、風呂に入った目玉の親父が、ソフトバンクのお父さんのように突然変異してしまったような風景ですね。長い例えで申し訳ありませんが。。。

Photo_4
カエルの丸焼き

 他の団体が注文していたのを撮ってもらいました。カエルが器械体操しているわけではありません。そして、よく見ると、皮が剥がれています。店員さんがこの皮を剥ぐ絵がとんでもありません(>_<)。さすがに唖然としますよ。特に日本の場合、屠殺所を忌み嫌う風習がありますから、普段見慣れておらず、なおさらです。

Photo_5
亀の手

 フジツボの仲間のようです。お味は(?_?)ですが、滋養強壮によろしいそうです。歌舞伎町にも近いことですし!(^^)!

 店員の若旦那はちゃきちゃきとした江戸っ子風情で、ご主人はお年を召されていても元気そのものでした。若さの秘訣は店に出しているものを食べているからだそうで、食材もかなり気を遣って選んでいるそうです。カエルは秩父産とのことでした。

 残念ながら、外資系(主に東南アジア)の波が思い出横丁にも押し寄せているらしく、ご主人曰く思い出横丁で本当にいいものを提供しているのは、この店と思い出横丁南側の鰻屋(うな丸)だけだそうです。外見や偏見に囚われず、真に良い物を提供しようとするこの店の方針とご主人の人柄に惹かれ、是非再訪したいんですが、一緒に行ってくれる猛者がなかなかいないんですよね~。どうですか、この記事を最後まで読んだあなた!

朝起
東京都新宿区西新宿1丁目2-14
12:00~23:00
隔週月休
03-3342-1083

|

« 12月24日までに恋人を作る戦略的な使い方とは? | トップページ | 竜神の滝 »

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

新宿」カテゴリの記事

居酒屋・ダイニングバー」カテゴリの記事

コメント

最後まで見てしまった(>_<;)


出張スト〜リ〜ならと思っていたら・・・活け作りはスゴすぎる(*.*)ゴム人形かと思いましたよ。もちろん生ですよね


九州女子♀なので、オノボリさんコースに「思い出横チョ」はちょっと入れられません。でも、気になります(笑)

投稿: ta-tan | 2007年12月28日 (金) 00時16分

もちろん生です。生フロッグです。略して「生フロサワー」です(^_^メ)

この店は一応五つ星「☆☆☆☆☆」とさせていただきました。ミシュラン以上です(笑)

上京時は是非一度お試しください。なお、有名店につき、混雑では入れない可能性もあります。

投稿: 雨上がりのワンちゃん | 2007年12月28日 (金) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月24日までに恋人を作る戦略的な使い方とは? | トップページ | 竜神の滝 »