« 渋谷シダックスビレッジクラブ | トップページ | 07オークス »

ビッグ&ドリームジャンボ

 とうとう購入しました、toto「ビッグ」。この記事にあるように、完全に“6億円”に惹かれました。いまだかつてJリーグなんて観戦したことないし、買い方も分かりませんでしたが、会社の同僚と近くの特約店にて購入しました。

 それで、購入したのがコチラ↓↓。購入するときは、口数(1口300円)を口頭で告げ、現金を差し出せばOKです。

Scan0001_4

 90分で、「0」が引き分け、「1」がホーム勝利、「2」がアウェイ勝利のようです。結局買い目はランダムに決められてしまうので、順当な結果でも意外な結果でも理論的には当たる可能性は同じです。それが気に食わない方は、LOTOなり競馬なりをやってください(^_^;)

 あと、一緒にドリームジャンボも買いました。無論3億円狙いで連番です!

Scan0001_5

 合わせて9億円ですよ、9億円!!皆さんは9億円が転がり込んだら、どうしますか?
雨上がりのワンちゃんとしては、TBSラジオをジャックしたいですね。
雨上がりのワンちゃんの雨上がりのワンちゃん的こころ」とか「雨上がりのワンちゃんのミュージックプレゼント」で大放談するとか。。。

 ところで、私と同じ志を持っているであろう記者が、こういった記事を書いています。

一獲千金狙うなら…BIGとジャンボどっち?

 この記事、読者にかなり誤解を与えさせる危険性があるので、勝手に補足してみます。

 「ただ、BIGで1等を出現させる可能性を高めるには、くじ自体がたくさん売れて、より多くの勝敗パターンを引き出す必要がある。」
 これはあくまでも、「購入者のうち、誰かが」という意味です。「みんなが購入したから、自分が当たる可能性が上がる」というわけではありません。

 「それでも石清水氏は、「1等が37本もあり、2等1億円も74本用意されている。抽せん日には確実に111人が億万長者になる」と当せん本数の多さを強調。」
 重複当選したら111人ではなくなります。ここまでくると屁理屈ですが。。。

 「「西銀座チャンスセンターなど1カ所で1ユニット売り切るような人気の売り場では、そこから100%の確率で1等が出る。BIGはどこで買っても条件は同じだ」と違いを指摘する。」
 これは微妙な表現ですね。「ジャンボは買う場所によって当たる確率が変わる」とは言い切っていないので。

 例えば、1ユニット=1千万枚売れたチャンスセンターA(以下「A」)と、100枚しか売れなかったチャンスセンターB(以下「B」)があったとします。
Aで1等が出る可能性は、当然1千万分の1です。
Bで1等が出る可能性は、B全体で1等が出る確率の1千万分の100に、その中で自分の分が出る確率の100分の1を乗じることになるので、やっぱり1千万分の1です。

 結論「自分が買ったチャンスセンターで1等が出る確率は場所によって異なるが、結局どこで買っても自分が当たる確率は同じ。

 自分が当たらなければ、惜しいもクソもないですからね。皆さんのご健闘を心からお祈り申し上げます。
あっ、私が祈ったところで当たる確率が上がるわけではないですよ(笑)

|

« 渋谷シダックスビレッジクラブ | トップページ | 07オークス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋谷シダックスビレッジクラブ | トップページ | 07オークス »